HOME > Webマーケティング > ブログ集客 > ブログのアクセスアップの方法とは?テクニックから理論までを完全解説

2019.9.19 更新 | ブログ集客

ブログのアクセスアップの方法とは?テクニックから理論までを完全解説

ブログのアクセスアップの方法とは?テクニックから理論までを完全解説

この記事を書いた人

中江 翔吾

職業:デザイナー、コンサルタント。専門分野:ブランディング、Webマーケティング、グラフィックデザイン。一流のデザイナーからグラフィックデザインを学び、独立。その後、ブログとメルマガを活用し、安定した集客の仕組みを構築。相場よりも高い値段設定でも、仕事の依頼が常に半年待ちに。現在は「CREATE A BRAND」をコンセプトに、デザインとマーケティングの力を使って、個人・企業の規模を問わずに、ブランド構築のサポートを提供し、これまで累計数百社以上の相談に乗る。ブログのアクセス数は200万を超える。

どうも!ブランドクリエイターの中江です。

「ブログを書いていても中々アクセスが上がらない…」「もっとアクセスが集まるようなブログを作りたい!」という人は多いんじゃないでしょうか?

ブログは、正しいやり方で運営していけば、それこそ毎月数十万人以上の人に見てもらうことだって可能です。

当然ですが、それだけアクセスが集まれば、ビジネスの集客という面では困ることはありません。

ただし、ポイントなのは、間違ったやり方で運営されたブログは、何年やっても、何記事書いても、結果は出ないということです。

正しいやり方でやっていけば、ブログで結果を出していくことは、楽勝になります。

極論ですが、20記事も書けば、月間数万アクセス集めることだってできます。

今回は、そんなブログのアクセスアップの方法とその仕組みについてお話していきたいと思います。

では、早速始めていきましょう!

今ならメルマガ登録でWeb集客の動画講義を無料プレゼント中!

1.ブログのアクセスアップの目的と目標設定

まず、最初に定めておきたいのは、ブログの目的と目標です。

なぜ、最初に目的と目標設定をやるのかというと、これを明確に決めておかないと、ブログのアクセスアップの方向性や運営の戦略が大きく変わってくるからです。

ブログのアクセスアップというのは、何でもかんでもとにかく数を増やせばいいというわけではありません。

誰もが月間100万PVのブログなど目指す必要はないのです。

自分がブログを通じて、何を目指しているのか。

それによって、自分のブログが目指すべきアクセス数や戦略というのが見えてきます。

うまく結果に結びついていないブログの多くはこの目的と目標設定をやっていない場合が多いです。

目標と目的の違いは以下のとおりです。

  • 目的:最終的に得たい理想の未来
  • 目標:目的を数値化された大小のゴール

1-1.ブログのアクセスアップの目的

まずは、ブログのアクセスアップの目的について決めるようにしましょう。

ブログを使って、何かを収益化したり、集客したりするのは、何か大きな目的があるはずです。

例えば、毎月、お店を予約いっぱいにして、どんどん店舗を拡大していって、自分のビジネスを広めていきたいとか。

僕の場合であれば、ブログを通じて情報発信をすることで、「自分の理念を持ってビジネスをしている人がブランドになって欲しい」というのが根底にあります。

目的は、全然、個人的なものでも構いません。

広告費をかけずにブログで集客する仕組みを作りたいとか、安定した収入が欲しいとか。

とにかく自分が目指したい理想の未来を描くということですね。

これが目的の設定です。

目的が決まったら、紙に書き出したり、パソコンにメモするなりして、何度も見れるように、残しておいた方が良いですよ。

というのも、自分が思い描いた理想の未来を見ることで、自分の中の信念が強化され、自分の脳がその信念に沿って、勝手に動いてくれるようになるからです。

1-2.ブログのアクセスアップの目標

次は、ブログのアクセスアップの目標設定について。

目標というのは、目的を数値化し、より具体化したものです。

例えば、「ブログで集客の仕組みを作って、毎日、お店を予約いっぱいにしたい!」という理想の未来を設定したとするなら、「毎日、お店を予約いっぱいにしたい!」という部分を数値化するんですね。

お店の予約の限界が1 日30人だとするなら、1カ月が30日だとして、900人集客できれば、OKなわけです。

なぜ、数値化するのかというと、自分がやるべきことが明確になるからです。

例えば、今、毎日ブログに50アクセスがあって、ブログから毎日5人来ているとしています。

じゃあ、目標を達成するためには、

あと、ブログのアクセスを6倍以上に高めるか、成約率を6倍にするか、アクセスを2倍にして、成約率を3倍にするかが必要だな。

ブログのアクセスをあと、6倍にする必要があるなら、これだけ記事を書かないといけないな。

じゃあ、一週間でこれくらい記事を書こうとか、もっと成約率を高めるために、セールページを書き直そう

ということがわかるのです。

なので、まずは、この目標も明確に書き出しておいてください。

この目的と目標の設定は、基本なので、ぜひ押さえておいてくださいね。

2.ブログのアクセスアップの構造

そして、次に抑えておく必要があるのが、ブログのアクセスの構造です。

ブログのアクセスアップを目指すなら、ブログにどうやってアクセスが集まってくるのかということを知っておく必要があります。

このブログのアクセスの構造はすごくシンプルで

  • 検索から
  • SNS(口コミ)から

の2つの入り口からアクセスは集まってきます。

2-1.検索からブログのアクセスを集める

まず、検索について。

世の中の人は、自分の興味・関心に従って、日々、スマホやパソコンから多くの調べ物をしています。

例えば、婚活中でダイエットに興味がある人は、Googleなどの検索エンジンを使って、「ダイエット方法」というキーワードを入力して、調べたりします。

そうすると、下記のように、ダイエット方法に関連する記事がだーっと出てきます。

ダイエット方法の検索結果

ここから自分の興味・関心に沿った、記事をクリックして、読みに行くということを日常的にしているんですね。

これを応用して、自分のブログにアクセスを呼び込むことができるのです。

例えば、パーソナルトレーニングジムを経営していて、「ダイエット方法」についての記事を書いたとします。

そして、自分が書いたそのブログ記事が、検索結果の1番上に出てくるとします。

ダイエット方法の検索順位

日本では、毎月「ダイエット 方法」と調べている人は、10万人いるとします。

要は、毎月、あの「ダイエット 方法」の検索結果を見ている人が10万人いるのです。

そうすると、自分の書いたブログ記事がたくさんの人に見られるのは想像できると思います。

実際に、検索結果の1位に表示されるページというのは、調べている総数の30%、つまり、今回の場合であれば、月間3万人の人が見にくると言われています。

しかも、この3万人というのは、「ダイエットをして痩せたい」という人ばかりです。

パーソナルトレーニングジムのまさに見込み客と言えます。

検索から集める方法というのは、すごく安定性があるというのも特徴です。

今回のように、一度「ダイエット 方法」で検索順位が上がってしまえば、上がり続けてる限り、来月も来年も、1記事で毎月3万アクセス集めることができます。

「ダイエット 方法」で調べる人がこの世からいなくならない限りです。

実際にこのサイトでも5年前の記事が、いまだに毎月7000アクセス集めているような記事もあります。

検索からアクセスを集めていく方法はシンプルです。

  • 見込み客(ブログに集めたい人)が検索していそうなキーワードを狙って、記事を書く
  • そのキーワードで検索結果の上位に表示されると、アクセスが集まる

という2ステップです。

具体的なやり方は、後ほどで詳しく解説します。

2-2.SNS(口コミ)からブログにアクセスを集める

また、ブログにアクセスを集めていく方法は、検索からだけではありません。

SNS(口コミ)からアクセスを集めていく方法もあります。

口コミというのは

  • 自分のメディアから
  • 他人のメディアから

の2つの方向性から発生させることができます。

まずは、自分のメディアから口コミを発生させる方法について。

これは、自分が所有しているブログ以外のSNSやメルマガ、LINE@などからアクセスを呼び込むという方法です。

例えば、自分のFacebookページをフォローしている人が5000人いるとします。

そして、自分がブログ記事を更新したら、その5000人に向けて、「ブログ記事更新しました!」という通知を送るとします。

じゃあ、一斉に大量の読者が、自分のブログ記事を見にくることは、想像できると思います。

要は、自分のブログ以外のメディアの影響力を活かして、アクセスを呼び込むというやり方ですね。

また、他人のメディアからというのは、このように自分が書いた記事が、他の人のメディアでシェアされることです。

例えば、こうして、自分が書いたブログ記事をTwitterでシェアしてくれる人のフォロワーが5000人であれば、この人のフォロワーの5000人に対して、僕のブログ記事のURLが流されることになります。

そうすると、アクセスが大量に集まってくるのはイメージできると思います。

SNS(口コミ)からのアクセスの特徴は

  • 即効性
  • 拡散力

です。

まず、最初の即効性というのは、口コミというのは、発生した時点で、すぐにそこからアクセスが来ます。

資産型は検索結果の順位が上位に上がって来ない限り、アクセスは来ませんが、口コミはされた瞬間に呼び込むことができるんですね。

これがまず、最初の特徴です。

また、インターネットを通じた口コミというのは非常に拡散力があります。

それは、Youtubeを見ればわかると思います。

2016年に話題になったピコ太郎の「PPAP」という動画は、世界的な歌手のジャスティンビーバーのTwitterで取り上げられて、それこそ世界中に拡散しました。

たった、1週間で1億回を超える再生数です。

これは当時の世界的有名ミュージシャンを抑えて、ダントツ世界一の再生回数でした。

世界的には全く無名な芸人の動画が、口コミの影響力によってこれだけ拡散するのです。

これは資産型にはない、特徴と言えるでしょう。

3.ブログの安定的なアクセスアップを実現するSEOライティング

では、次は、具体的なブログの書き方について紹介していきたいと思います。

まず、最初に解説するのは「検索」からアクセスを集めていくブログの書き方です。

3-1.WordPressの導入と設定

検索からアクセスを集めていく方法のメリットは、安定性でした。

この方法であれば、極めていくと、記事更新をほぼせずとも、月間数十万〜数百万PVのアクセスを安定的に集めていくブログを構築することができます。

じゃあ、早速、ブログの書き方を解説していきたいのですが、その前に、どのブログを使えばいいのかという話をしておきたいと思います。

ブログというのは、無料のブログから有料のブログまで本当に様々なサービスが世の中に出回っています。

それぞれメリット・デメリットあるのですが、検索から集めてくるという観点で、一番オススメなのは「WordPress」というブログです。

WordPressは、世界で一番利用されているブログシステムで、検索結果で上位表示されている多くのサイトがこのWordPressを使ってます。

実は、その効果はGoogleも認めているのです。

Googleの検索エンジン部門のリーダーのマット・カッツ氏も

ワードプレスを選ぶことは、非常に良い選択です。

なぜなら、ワードプレスは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、SEO(サーチエンジン最適化)の手法の80%~90%に対応するように作られているからです。

と言ってます。

なので、「検索」から集めていくブログを作りたいという場合は、WordPressを利用するようにしましょう。

初心者でも簡単にWordPressをインストールする方法

「WordPressのインストールは難しそう」という人は多いんじゃないでしょうか。そこで今回は、WordPressのインストール作業を全て図付きで解説します。

また、WordPressをインストールした後の初期設定については、こちらの記事で解説しています。

WordPressの初期設定で絶対に設定すべき4つのこと

「WordPressを始めたけど、何を設定すればいいのか分からない…」という方のために今回は「WordPressの初期設定で絶対に設定すべき4つのこと」というテーマでお話しています。

また、設定が終わったら「All in One SEO Pack」という検索からアクセスを集めていくために必要なプラグインを導入する必要があるので、それはこの記事を見ながら導入してみてください。

All in One SEO Packの使い方(設定方法)をマスターしよう

All in One SEO PackはWordPressで集客するんだったら、必ず導入しておいた方がいいプラグインです。今回は、このプラグインの使い方を解説していきます。

3-2.検索キーワードの選定

WordPressの導入が終わったら、次は具体的な記事の書き方を解説していきます。

まず、検索からアクセスを集めていくためには、キーワードの選定をしていきます。

キーワードの選定というのは、「この記事は何というキーワードで検索したときに検索結果に表示させるのか」を決める作業です。

検索からアクセスを集めていくためには、全ての記事でこの作業が必要になります。

例えば、このサイトでも「ブランドコンセプト」と調べれば、検索結果の1位に表示される記事があります。

この記事は、2015年に書いたものですが、いまだに毎月7000アクセス以上集め続けています。

ブランドコンセプトの検索結果

これはこの自分が書いた記事は「ブランドコンセプト」で調べたときに検索結果で上位表示させることを意図したからこそ上位表示されました。

なので、まずは、このキーワード選定を覚えていきましょう。

キーワード選定のポイントは

  • 見込み客が調べていそうなキーワードを狙う
  • 複合キーワードを狙う
  • 検索需要があるものを狙う

の三つです。

1.見込み客が調べていそうなキーワードを狙う

まず、一番最初の見込み客が調べていそうなキーワードを狙うについて。

設定するキーワードは、必ず、自分が集めたいと思う人が調べていそうなキーワードを狙うようにしましょう。

なぜ、僕の場合、「ブランドコンセプト」というキーワードを狙ったのかというと、これが僕の集めたい人にマッチしていたからです。

僕は「デザイン」と「コンサルティング」などのサービスを提供しており、

  • もう既にビジネスを始めている
  • これからビジネスを始めようと思っている

という人たちをこのサイトに集めたいと考えています。

「ブランドコンセプト」と検索してくる人の多くは、自分の今のビジネスのコンセプトや、これから始めようと思っているビジネスのコンセプトに悩んでいる人です。

なので、このキーワードで検索結果の上位に表示されると、自分のビジネスに繋がりやすいんですね。

毎月、7000アクセスと言いましたが、この7000アクセスというのは有象無象ではなく、見込み客のアクセス数です。

でも逆に、僕がこのサイトで「ダイエット 方法」というキーワードを狙って、記事を書いて、上位表示させたとします。

技術的には可能ですが、たとえ、それで毎月7000アクセス集めたとしても、その7000アクセスは、「ダイエット」に悩んでいる人であって、デザインやコンサルティングのサービスを受けたいという人ではありません。

仮にアクセスが集まったとしても、キーワードがマッチしていなければ、全く意味がないんですね。

なので、まずは、選ぶキーワードというのは、自分が集めたい人が検索していそうなキーワードを狙うようにしましょう。

2.複合キーワードを狙う

次に二つ目のポイントは「複合キーワードを狙う」です。

キーワードには、

  • 単一キーワード
  • 複合のキーワード

の2種類があります。

単一キーワードというのは「ブランドコンセプト」というような一語のキーワードのことです。

複合キーワードというのは「ブランドコンセプト ○○」「ブランドコンセプト ○○ ××」というような2語以上のキーワードのことです。

まず、特性としては、語数というのは少なければ少ないほど、アクセス数が集まる可能性は高まります。

実際にこれは月間の検索ボリューム(調べている人の数)のデータにも現れていて、

  • ブランドコンセプト:1300
  • ブランドコンセプト 例:170

と、約8倍ほどの開きがあります。

だから、一見、単一のキーワードを狙った方がアクセスが集まり、良いように思えるのですが、そうではないのです。

というのも、アクセスが集まるキーワードということは、その分、ライバルの数もおり、最初からは中々、検索結果の上位に表示させるのは難しいからです。

だから、最初は、2語以上の複合キーワードを狙うようにするのです。

ライバルも少ないので、早い段階からアクセスを集めていくことができます。

そして、アクセスが集まっていき、その記事をじっくり見てもらえるようになれば、結果として、単一のキーワードでも検索結果の上位に表示させることができるのです。

例えば、これまでに僕のブログで「ブランドコンセプト」について書いたブログ記事があります。

その記事であれば、複合キーワードの「ブランドコンセプト 例」で狙って書きました。

実際にこのキーワードでは1位に表示されています。

「ブランドコンセプト 例」の検索結果

そして、それに留まらず、単一キーワードの「ブランドコンセプト」でも上位表示をすることができています。

ブランドコンセプトの検索結果

単一キーワードだけで狙うのは難しい上に、非常にもったいない側面もあります。

というのも複合キーワードで狙った方が、結果として、アクセス数は一番集まります。

  • 「ブランドコンセプト 例」で1位に表示:2000アクセス
  • 「ブランドコンセプト」で1位に表示:5000アクセス

合計で7000アクセスです。

単一キーワードの「ブランドコンセプト」だけでは5000アクセスしか集まりません。

なので、複合キーワードを狙うようにしましょう。

複合キーワードの探し方は簡単で「関連キーワード取得ツール」を使うようにしましょう。

まず、左上の「検索キーワード」のボックスに、単一のキーワードを入力して、「取得開始」をクリックします。

「ブランドコンセプト」の関連キーワード

そうすると、右側の全キーワードリストに入力した単一キーワードが含まれた複合キーワードが出るようになります。

これを全選択して、コピーしておくようにしましょう。

3.検索需要があるキーワードを狙う

そして3つ目のポイントは「検索需要があるキーワード」を狙うです。

検索需要というのは、そのキーワードがどれくらいの数の人に調べられているのかということです。

「検索結果で1位に表示された」と言っても、それで実際にアクセスが集まるかどうかは、検索需要によります。

仮に「ダイエット 方法」で検索結果の1位に表示されれば、アクセス数が集まることは簡単に想像できます。

でも、例えば、誰も調べていないような「芋虫 育て方」というようなキーワードであれば、1位に表示されたとしても、アクセスは集まらないのは目に見えています。

だからこそ、検索需要があるキーワードを狙うことが大切になります。

検索需要を調べるためには「Googleキーワードプランナー」というツールを使う必要があります。

まだGoogleキーワードプランナーを利用したことがないという人は、以下の記事を参考にしてみてください。

【2019年最新版】Googleキーワードプランナーの使い方!初心者でも丸わかり

今回は、 新しくなったGoogle Adwordsのサービス「キーワードプランナー」の使い方&操作方法 キーワードプランナーを使ったキーワード選定方法の基本的な手順 関連キーワ …

Googleキーワードプランナーを導入できたら、まずはログインしましょう。

そうすると、このような画面が出るので、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックしてください。

検索ボリュームと予測のデータを確認する

そして先ほど、関連キーワード取得ツールでコピーした複合のキーワードを貼り付けて、「開始する」をクリックします。

検索ボリュームを確認する

そして、このような画面になったら、上のタブの「過去の指標」をクリックし、月間平均検索ボリューム(検索需要)をクリックしてください。

そうすると、出力されたキーワードが検索需要順に並び替えられます。

月間平均検索ボリューム

そして、この月間平均検索ボリュームを参考にしながら2語目のキーワードを選びます。

2語目は

  • 検索ボリュームが1000~1万以上(最低でも100~1000以上)かどうか
  • 自分が書きたいテーマとマッチしているかどうか

という基準で選んでいきます。

例えば、「ブランドコンセプト 例」だと、この2点にマッチしているので、OKになります。

2語で検索需要が1000~1万以上あると、その記事が上位表示されたら、月間数千アクセス以上集まる記事になります。

そして、これで2語目のキーワードが決まったので、次は3語目のキーワードを選びます。

3語目を選ぶ時は、最初の関連キーワード取得ツールに戻って、2語目の「ブランドコンセプト 例」を入力して、「取得開始」をクリックします。

そうすると「全キーワードリスト」のところに3語目のキーワード候補が出てきます。

関連キーワード取得ツール

この次は最初のやり方と同じで、3語目以降の月間平均検索ボリュームを出します。

3語目以降の検索ボリュームは多いに越したことはありませんが、それよりも自分が書きたいテーマとマッチしているかを重視して、選定してください。

ブランドコンセプトの3語目キーワードの検索ボリューム

ちなみに、今回は、「ブランドコンセプト」「ブランドコンセプト 例」で上位表示を狙いたかったので、3語目の候補の「ブランドコンセプト 例 アパレル」というキーワードは狙いませんでした。

というのも、この3語目のキーワードを入れてしまうと、テーマが、アパレルに限ったブランドコンセプトの話になり、全体性を含まなくなり、逆にどちらのキーワードでも上位表示は難しくなるので、今回は避けました。

この見極め方はとても簡単で、実際に自分が一番上げたいキーワードで検索してみれば良いのです。

「ブランドコンセプト」の検索結果画面

そして、上位表示しているサイトの記事のタイトルにどういう複合キーワードが含まれているのかみれば良いのです。

今回の場合だったら、明らかに「アパレル」は入っていませんよね?

じゃあ、今回は、3語目は狙わないでおこうという判断になるわけです。

これを基準にキーワード選定してもらえればと思います。

3-3.検索意図の把握

検索キーワードの選定が終わったら、次には、検索意図の把握をしていきます。

検索からアクセスを集めていくには、選定した検索キーワードで、実際に自分が書いたブログ記事が、検索結果の上位に表示させることが必要になります。

先ほどのブランドコンセプトの記事も検索結果で1位に表示されているからこそ、月間7000アクセスを呼び込むことができています。

ブランドコンセプトの検索結果

これが仮に検索結果の10ページ目に表示されていれば、アクセスはほとんど来ません。

では、どうやれば、自分が書いた記事が検索結果の上位に表示されるのか?

答えはシンプルで、検索してくる人の想いに応える記事を書くことです。

検索キーワードを入力してくる人は、何かしら想いを抱えて、検索しています。

例えば、「ダイエット 方法」というキーワードで検索するのであれば、「ダイエットで成功する方法を知りたい」というような想いがあります。

こうした想いにちゃんと応える記事こそが、検索結果の上位に表示されます。

ポイントは

  • 顕在的ニーズ:そのキーワードから分かる表面的に知りたいこと
  • 潜在的ニーズ:そのキーワードの奥に潜む本当に知りたいこと

の2点を抑えることです。

顕在的ニーズというのは、そのキーワードから分かる表面的に知りたいことです。

例えば、「ブランドコンセプト 例」というキーワードであれば、この顕在的ニーズは「ブランドコンセプトの事例を知りたい」というものです。

ただ、これは表面的なものであって、もっとその奥にあるニーズがあります。

この場合であれば、「ブランドコンセプトの事例を知って、ブランドコンセプト作りの参考にしたい」というものですね。

具体的に検索意図をどうやって把握すればいいのかのですが、実際にそのキーワードで検索してみるのが良いですね。

「ダイエット 方法」の検索結果

上位10サイトの記事が具体的にどういう内容が書かれているかをチェックしましょう。

上位10サイトの記事は「一番、想いに応えられている」という順番で並び替えられているので、非常に参考になります。

3-4.ブログ記事タイトルの作成

では、次のステップは、ブログ記事タイトルの作成です。

ブログ記事タイトルの作成のポイントは、以下の3つです。

  • SEOキーワードを入れる
  • 30文字程度に抑える
  • 読みたくなるキャッチーな要素を入れる

まず「SEOキーワードを入れる」について。

SEOキーワードというのはキーワード選定のところで解説した「複合キーワード」のことです。

例えば、「ブランディング 手法」という複合キーワードを選んだら

ブランディングの手法を徹底解説!0からブランドを構築する方法

というようなタイトルにするということですね。

タイトル作成の際には、このキーワードを含めなければ、必ず、検索結果の上位に表示されることはほぼありません。

なので、必ず、タイトルにはキーワードを入れるようにしましょう。

キーワードの位置は、左寄せにするのがオススメです。

また、次の30文字程度に抑えるというポイントですが、あまりにも文字数が長すぎると、「…」というようにタイトルが切れてしまいます。

「ダイエット 食事 簡単」の検索結果

そうすると、タイトルの魅力が半減し、クリック率が下がってしまいます。

なので、30文字程度に抑えるようにしましょう。

そして、3つ目のポイントが「読みたくなるようなキャッチーな要素を入れる」というものです。

単純に

ブランディングの手法とは

という素っ気ないシンプルなタイトルよりも、

ブランディングの手法を徹底解説!0からブランドを構築する方法

の方がクリック率は上がります。

なので、以下の記事を参考にキャッチーな要素をタイトルにぜひ加えてみてください。

絶対に読みたくなる!ブログ記事のタイトルの決め方

「集客に繋がるような良いブログ記事のタイトルが思いつかない…」という方のために、今回は「絶対に読みたくなる!ブログ記事のタイトルの付け方」をご紹介しています。

3-5.ブログ記事構成の作成

次はブログの記事構成の作成についてです。

記事構成というのは、このような記事の目次のことですね。

目次

検索してくる人たちの想いに応えていくブログ記事を書くためには、予め、どういう内容の記事を書いていくのかということを整理しておく必要があります。

記事構成を作成せずに、書き進めてしまうと、抜け漏れが出て来てしまったりして、検索意図に十分に応えられていない記事が仕上がってしまいます。

記事構成の作成方法は、簡単で、まずは、自分が今回書く記事で、一番上げていきたいキーワードがあると思います。

例えば、今回の場合は「近江商人 三方よし」だったとします。

じゃあ、実際にこのキーワードで検索してみて、上位10サイトをチェックしてみるのです。

記事の中身は深く読み進める必要はありませんが、目次などから見出しをチェックして、大体、どういう内容で記事を書いているのかをメモします。

そして、それをマインドマップなどで再整理して、目次を作成します。

近江商人の目次

これだけでも、すでに評価されている上位10サイトの中身を含んだ記事構成になるので、このまま書けば、評価されないわけがありません。

もちろん、他の記事を見ていて、こういう内容が足りないなどあれば、追加して、見出しを作成しても大丈夫です。

大見出し(h2)と中見出し(h3)の中身を箇条書きでも良いので、このように目次化していきましょう。

3-6.ブログ記事の執筆

では、構成が作成できたら、次はそれに基づいて記事を書いていきます。

記事執筆において重要なのは

  • 検索ユーザーが理解できる言葉を使うこと
  • 抽象から具体を意識すること

です。

まず「検索ユーザーが理解できる言葉を使うこと」について。

検索結果で上位表示されるために重要なのは、じっくりと記事を読み進めていってもらうことです。

じっくりと読み進められるということは、検索ユーザーから求められている記事であり、最終的にはそういう記事が評価されます。

じっくり読み進めてもらうために、まず重要なのは、読み手が理解できる言葉で書くということです。

読み手が理解できない言葉で書いてしまうと、すぐに離脱されてしまいます。

例えば、小学生に以下の文章を読んでもらったらどう思うでしょうか?

セントラルドグマの過程は次のとおりである。まず、RNAポリメラーゼⅡの働きにより、DNAの遺伝情報はmRNAに転写される。次に、mRNAが核膜の孔を通って核から細胞質に出ると、細胞質中のリボソームに結合する。リボソームにおいては、アミノ酸を運んできたtRNAが、mRNAの3つずつの塩基配列(コドン)に対応して結合し、運ばれてきたアミノ酸が繋がってペプチドを作る。RNAからタンパク質を作ることを翻訳と呼ぶ。この、DNAからタンパク質が出来る流れの概念がセントラルドグマである。

全く意味がわからないと思います。

意味がわからないものは読まれないというのは、ブログでも同じです。

ブログ記事を書く際には検索キーワードを決めたと思いますが、その検索キーワードを調べている人たちはどんな人たちでしょうか?

それをまずは想像して見ることが重要です。

そして、そういう人たちが使わなさそう、理解できなさそうな言葉を使う場合は、ちゃんとその人たちの目線に降りて、丁寧に説明することが重要です。

読み手に「わからない」というストレスを与える度に、読み手のエネルギーは下がっていくと思ってください。

一定数エネルギーが下がっていくと、読まれなくなり、離脱されます。

逆に読み手が理解できて、新しい発見や気づきがある文章は、そういうものがある度に、エネルギーが上がっていきます。

そういう文章を意識して書いていく必要があります。

でも、まずは、意味のわかる文章を書いていきましょう。

そのために重要なのは「抽象から具体を意識すること」です。

分かりやすい文章は、全てこの構造になっています。

例えば、以下のような文章です。

ブランディングというのは、一言で言えば、「ブランドになるための手法」です。

そして、ブランドというのは、「究極の理由」でお客様(顧客)に選ばれる存在のことです。

人が何か商品・サービスを選ぶときには、様々な理由で選びます。

  • 価格が安いから
  • デザインが好みだから
  • 機能が多いから
  • 品質が高いから
  • 良い素材を使っているから

など。

確かに、そうした理由でも選ばれることはありますが、どれも「究極の理由」ではありません。

というのも、上記の理由で選ばれたとしても、それを上回るものが出てきたとき、お客さんは簡単に移っていくからです。

例えば、A店とB店という美容院があったとして、A店がカット4000円、B店がカット3500円だったとします。

お客さんが「安いから」という理由だけでB店を選んだとしたら、A店がカット料金を3000円に下げた時、次はA店を選ぶようになります。

他のものも全て同じです。

例えば、品質が高いからという理由だけで選ばれるなら、より品質が高いものが出たときに、お客さんは簡単に移っていきます。

ブランドというのは、どれだけ時代が変わろうが選ばれ続ける、確固たる存在です。

では、究極の理由とは何か?

それは「関係性」で選ばれることです。

つまり、「あなただから」「この会社だから」という理由で選ばれることです。

例えば、中央タクシー株式会社というタクシー会社が長野県にあります。

中央タクシー株式会社

この中央タクシーのお客さんの中には

  • 駅の普通のタクシー乗り場には並ばず、いつ来るか分からない中央タクシーを待ち続ける人
  • 中央タクシーを拾うためだけに、雨に濡れながらも車道で待ち続ける人

などがいたりします。

そういう人たちは口を揃えて「中央タクシーだけを待っていた」と言います。

普通、考えられないと思います。

タクシーなんて、自分の目的地にさえ行ければ良いと考えるのが普通ですから、わざわざ特定のタクシー会社を、ましてや雨に濡れながら待つ必要なんてないわけです。

「中央タクシーだから選んでいる」ことこそが、まさに、ブランドという状態です。

この選ばれる理由は、他のライバルが真似することができない究極の理由です。

というのも、自分やその会社というのは唯一無二の存在だからです。

そういう状態になれば、たとえ、相場よりも価格が高くても選ばれますし、お客さんも離れていかないというのは理解できると思います。

そういう理由で選ばれるようにする手法が、ブランディングです。

この場合の抽象というのは「ブランディングとは、ブランドになるための手法のことです」という一文です。

この一文だけでは、意味がはっきりとはわかりません。

特に「ブランド」という単語の中にはZIPファイルのように、もの凄い情報量が含まれています。

だから、この情報を展開して、分かりやすく説明していく必要があるんですね。

それがその下に続く文章です。

ブランドとして選ばれるということはどういうことか、具体的な企業の事例も上げながら、解説をしていってます。

だからこそ、この抽象の文章が腑に落ちて、理解できるのです。

基本的に読みやすい文章というのは「抽象」と具体の繰り返しだということを意識するようにしましょう。

3-7.ブログ記事の装飾

では、続いては、ブログ記事の装飾についてです。

この装飾というのは、ブログ記事のデザインですね。

文章の中身的に読みやすいことはもちろん必要ですが、見た目の美しさも読みやすさに直結します。

どれだけ文章の中身が良くても、見た目が美しくない記事というのは読む気がなくなっていきます。

なので、ブログ記事の装飾も意識していく必要があるというわけですね。

ポイントは

  • 見出し
  • 画像
  • 強調文字

の3つです。

1.ブログ記事の見出し

では、最初にブログ記事の見出しについて。

ブログ記事の見出しというのは、ブログの記事構成で作成した、文の中の区切り部分のことです。

この見出しは、文章の節目で出てくることによって、ブログ記事の文章にメリハリがつくようになり、読みやすくなります。

この見出しのデザイン方法については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ以下の記事をご覧ください。

WordPressの見出しデザインを自由にカスタマイズする方法

「WordPressでオリジナルの見出しデザインを作りたい!」と思っていませんか?今回は、誰でも簡単に「WordPressの見出しデザインを自由にカスタマイズする方法」をお伝えします。

 2.ブログ記事の画像

また、ブログ記事の本文途中に適度に画像を挿入することも、見出し同様のアクセントとなり、記事を読みやすくしてくれます。

特に、文章が長く続く場合は、適度に画像を入れておくことで、文章の最後まで読んでくれるようになります。

画像を入れる際の注意点は、縦横の比率を可能な限り一定に揃えることです。

挿入する画像それぞれがバラバラのサイズだと、美しくないので、読み手にストレスを与えます。

オススメの画像比率は「5(横):3(縦)」です。

また、以下は、無料の画像サイトで、クレジット表記なしで使用できるので、非常にオススメです。

Pixabay · 魅力的なフリー画像

使用無料の画像やビデオがみつかる最良の場所。 商用利用無料 ✓ 帰属表示は必要ありません ✓

 

ぱくたそ-フリー素材

ぱくたそは、「使って楽しい!見て楽しい」をキャッチコピーに20653枚のフリー素材を無料で配布しています。会員登録なしでダウンロード可能、高品質/高解像度の写真です。

 

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

無料写真素材を提供する「写真AC」のフリー写真素材は、個人、商用を問わず無料でお使いいただけます。クレジット表記やリンクは一切不要です。Web、DTP、動画などの写真素材としてお使いください。

 

おしゃれなフリー写真素材 | GIRLY DROP(ガーリードロップ)

GIRLY DROP(ガーリードロップ)は、眺めるだけで、キュンとする♡女の子による女の子な無料(フリー)写真画像サイトです。通称「がりどろ」または「ガリドロ」☆商用利用可能で会員登録やクレジットは不要!写真はオシャレな加工済みです♫

 

O-DAN (オーダン)- 無料写真素材・フリーフォト検索

高品質な無料写真素材・フリーフォトを40以上の有名ストックフォトサイトから日本語で横断検索できるサービス「O-DAN(オーダン)」

 

Gratisography – Free High-Resolution Photos

Hundreds of free high-resolution pictures you can use on your personal and commercial projects, free of copyright restrictions. New photos added every week!

3.強調文字

最後は強調文字です。

強調文字というのは、ブログ記事の中で使用する文字の装飾のことです。

僕のブログの場合は

15記事で2万アクセスに到達したと話しましたが、このアクセスのほとんどは「ネットの検索から」です。

15記事で2万アクセスに到達したと話しましたが、このアクセスのほとんどは「ネットの検索から」です。

15記事で2万アクセスに到達したと話しましたが、このアクセスのほとんどは「ネットの検索から」です。

の3つを強調文字として使用しています。

この強調文字も文中に適度に入れることで読みやすさが断然違ってきます。

例えば、以下の文章で、強調文字がなければ、以下の文章のようになります。

世の中には2種類のビジネスがあると思います。

一つは繁栄するビジネス、もう一つは衰退に向かうビジネス。残念ながら、多くの場合は後者のビジネスになってしまいます。

これは前にも紹介しましたが、起業後、1年で約60%の会社は潰れ、5年後になると、それが85%まで伸び、生き残れるのはたったの15%。10年後には94%の会社が潰れると言われています。

10年後に残る企業はたった6%なんですから、この事実を知らない人には結構、衝撃的な数字だと思います。

と暗い話を言いつつ、日本は圧倒的に世界ダントツ第一位の長寿企業国というのは知っていましたか?

日本で創業100年を超える、いわゆる「百年企業」の数は約2万6千社あり、第2位のドイツですら数千社なんですから、その凄さがわかると思います。

そう、日本にはなぜか、時代を超えて繁栄している企業がたくさんあるんです。この繁栄の秘訣が近江商人にあります。

その近江商人の話をする前に、まずは、衰退に向かうビジネスの特徴について話しておきたいと思います。

少し読みにくいですよね?

でも、これに強調文字が入ると、

世の中には2種類のビジネスがあると思います。

一つは繁栄するビジネス、もう一つは衰退に向かうビジネス。残念ながら、多くの場合は後者のビジネスになってしまいます。

これは前にも紹介しましたが、起業後、1年で約60%の会社は潰れ、5年後になると、それが85%まで伸び、生き残れるのはたったの15%。10年後には94%の会社が潰れると言われています。

10年後に残る企業はたった6%なんですから、この事実を知らない人には結構、衝撃的な数字だと思います。

と暗い話を言いつつ、日本は圧倒的に世界ダントツ第一位の長寿企業国というのは知っていましたか?

日本で創業100年を超える、いわゆる「百年企業」の数は約2万6千社あり、第2位のドイツですら数千社なんですから、その凄さがわかると思います。

そう、日本にはなぜか、時代を超えて繁栄している企業がたくさんあるんです。この繁栄の秘訣が近江商人にあります。

その近江商人の話をする前に、まずは、衰退に向かうビジネスの特徴について話しておきたいと思います。

となり、とても読みやすくなるのは、一目瞭然だと思います。

なので、強調文字はできるだけ入れるようにしましょう。

強調文字はカラーも重要です。

あまりにもバランスの悪いカラーだと強調文字を使ったとしても、読みににくくなる可能性もあるので、最初は、この3種類の強調文字を使うようにしましょう。

最低でも、1スクロールに一度、強調文字を入れることを意識してみてください。

「赤色」→「黄色」→「黒色下線」というように順繰りに回していくと、バランスよく装飾できるので、そこも意識して、強調文字をつけるようにしましょう。

3-8.ブログ記事のSEO設定

では、続いてはブログ記事のSEO設定について。

これで装飾も含めて、記事が書きあがっているという状態になっていると思います。

最後に仕上げとして、検索からアクセスを集めていくためのSEOの設定という作業をしていく必要があります。

この設定には、先ほど紹介した「All in One SEO Pack」というプラグインを使用します。

使い方に関しても以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ、こちらを参考にしてみて下さい。

All in One SEO Packの使い方(設定方法)をマスターしよう

All in One SEO PackはWordPressで集客するんだったら、必ず導入しておいた方がいいプラグインです。今回は、このプラグインの使い方を解説していきます。

3-9.ブログ記事の公開と拡散

では、SEOの設定が終わったら、ブログ記事を公開していきましょう。

記事を公開した後に、一番重要になってくるポイントは、その記事をどれだけ多くの人に見てもらえるのかという部分です。

基本的に検索順位というのは、記事をユーザーに見にきてもらって、どういう風に記事を読まれたのかというフィードバックがGoogleに返って、検索順位が決まります。

なので、どれだけ良い記事を書いたとしても、一定数のユーザーに見にきてもらえない限り、Googleも検索順位をつけようがないということですね。

なので、SNSのアカウントなどを持っている人は、ぜひ記事の更新通知などは積極的にするようにしましょう。

自分のSNSのフォロワーだと、自分に興味を持ってくれているという可能性が高いので、じっくりと記事を読んでくれる可能性も高いです。

ブログでうまく行っている人ほど、この辺りの連携は非常に上手です。

4.口コミからブログのアクセスアップを狙う

ブログのアクセスは、検索からと口コミから集まるという話を最初の方にしました。

検索の次は、口コミからどうやってアクセスを集めていくのかという話をしていきたいと思います。

4-1.ブログのコンセプトを構築する

口コミを起こす上で重要になってくるのは「どんなブログを作るのか?」というコンセプトの部分です。

実際に検索だけではなく、コンセプトが面白いからこそ集まっているサイトというのは世の中にたくさんあります。

例えば、「STORYS.JP」というサイトがあります。

STORYS.JP

このサイトのコンセプトは

人生の物語に出会う場所

です。

もう少し具体的にコンセプトを説明すると、以下のようになります。

読めば、世界が広がる。10代から80代、学生、サラリーマン、主婦、科学者、女優、経営者、ホスト、映画監督、お笑い芸人マネージャーなど、あらゆる職業の人たちが人生の物語を投稿しています。読むだけで、誰かの人生を覗くことができます。

中には、あなたが夢見る場所にすでにたどり着いている人、あるいは、あなたもぶつかっている問題に同じく直面し、乗り越えようと挑戦している人もいるかもしれません。

みんな、この世界で、何を想い、何をして生きているのか。STORYS.JPを読めば、あなたの世界が広がります。

色んな人の人生の物語が読めるというコンセプトのサイトはこれまでになく、非常に話題となりました。

ここから累計発行部数100万部を突破したビリギャルという書籍が生まれ、映画化されたりしています。

このようにブログ(サイト)のコンセプト自体が面白くて、検索では実現できないほどのアクセスアップに繋がることも多くあります。

なので、もし、可能であれば、ブログのコンセプトを考えるのはオススメです。

コンセプトは、以下の5つのステップを踏み、構築します。

  • どんな人に向けて、発信したいのかを考える
  • 既存のメディアをリサーチする
  • 方向性を自由に書き出す
  • キーワードを抽出する
  • 表現に落とし込む

まずは、「どんな人に発信したいのか」を決めます。

これは自分がブログを通じて、繋がりたいと思っている人で良いです。

ポイントはあまり最初から絞り過ぎないことです。

僕のこのブログも

  • ビジネスを既に始めている人
  • ビジネスをこれからしようと思っている人

くらいざっくりで決めています。

最初から絞り込み過ぎると、多くの人に認知してもらえないからです。

そして、その上で、ブログも含めた、既存のメディアをリサーチしましょう。

コンセプトとは切り口のことですが、これを自分の頭で0から生み出すのは至難の技です。

だから、まずはライバルたちがどういうコンセプトで発信しているのか見るのです。

コンセプトが面白いメディアもコンセプトが凡庸なメディアもあると思いますが、そうしたものを見ていく中で、自分の中に必ず

  • もっとこういうブログがあったら面白いよな
  • ここのこのメディアは真似できそう
  • この切り口のブログは真似しない方がいいな

などの意見が出てくると思います。

こういう意見が出てきたら、ブログの方向性を箇条書きで良いので、思いつくままに書き出していきましょう。

例えば、

  • 色んな人の人生の物語が読める
  • 投稿機能をつけて、ユーザーに投稿してもらえるようにする

など、ですね。

複数人で集まると、とても良いアイディアを出すことができます。

そして、次にその方向性から、キーワードを書き出していきます。

  • ストーリー
  • 物語
  • 人生
  • 出会い

などですね。

そして、最後は、キャッチコピーとサブコピーに分けて、コンセプトの表現をブラッシュアップしていきます。

キャッチコピーとは、コンセプトを一言でまとめたものです。

STORYS.JPなら

人生の物語に出会う場所

です。

そして、サブコピーは

読めば、世界が広がる。10代から80代、学生、サラリーマン、主婦、科学者、女優、経営者、ホスト、映画監督、お笑い芸人マネージャーなど、あらゆる職業の人たちが人生の物語を投稿しています。読むだけで、誰かの人生を覗くことができます。

中には、あなたが夢見る場所にすでにたどり着いている人、あるいは、あなたもぶつかっている問題に同じく直面し、乗り越えようと挑戦している人もいるかもしれません。

みんな、この世界で、何を想い、何をして生きているのか。STORYS.JPを読めば、あなたの世界が広がります。

です。

このコンセプトを作っているブログは数少ないので、やるだけでも頭ひとつ抜けたアクセスを狙えるので、少し上級のテクニックにはなりますが、試してみてください。

4-2.ブログ以外のメディアでファンを作り、アクセスを流す

また、ブログ以外のメディアでもファンを作り、ブログ記事にアクセスを流していくことも重要です。

ブログ記事を更新したら、できる限り

  • LINE@
  • メルマガ

には告知するようにしましょう。

なぜ、この2つのメディアが重要なのかというと、これらのメディアでは自分自身の理想世界とストーリーを共有することができるからです。

メルマガやLINE@にはステップメールという機能があります。

ステップメール

メルマガやLINE@に登録した人に共通して送ることができるコンテンツを事前に設定できるわけです。

ここで

  • 自分自身が掲げる理想世界
  • なぜ、その理想世界を目指しているのかというストーリー

をコンテンツの中に入れることで、あなたのファンになってくれるのです。

例えば、Aという美容室があるとします。

この美容室が目指している理想世界は

カットで、人生が開運していくこと

だとします。

では、なぜ、その理想世界を掲げているのか?

そこには、こんなストーリーがあったとします。

私は、小学校の時に容姿が原因で、ひどいいじめに遭っていました。

あまりにもひどく、小学校の4年生の時には、学校に行けなくなりました。

そこで両親は転校を決断し、別の街へ引っ越すことになりました。

もう二度といじめられたくないと思い、とある美容院で髪を切ることにしました。

これまでは近所の理髪店で済ませていましたが、自分の印象を大胆に変えたいと思ったからです。

そこの美容院の美容師さんは、とても丁寧にヒアリングしてくれ、悩みも聞いてくれて、カットしてもらうと、今まで暗かった自分の雰囲気が一変し、髪型だけでなく、心まで明るく軽くなりました。

性格も前向きになり、転校先では、外見のことでいじめられなくなり、友達もいっぱいできて、自分に自信がつきました。

中学校に上がり、将来の仕事を考えた時、たった一回のカットで人の人生を変えてしまうような美容師になりたいと思い、私は美容師を目指し、この店を開いたのです。

どうでしょうか?

理想世界とストーリーの共有があれば、「こんな美容室で髪を切ってもらいたい」と思えるのではないでしょうか?

これがファン化するということです。

ファンになってくれた人は、ブログをじっくり読んでくれます。

ブログをじっくり読んでくれたら、当然ですが、検索の順位は上がりますし、そこからさらにアクセスが流入していきます。

残念ながら、各個別のブログ記事だけでは、この理想世界とストーリーの共有はできません。

毎記事入れるわけには、いきませんからね。

となると、メルマガやLINE@に登録してもらい、共有しておく必要があるのです。

なので、ぜひ、メルマガやLINE@で理想世界とストーリーの共有を行い、ファンを作り、それをぜひブログに流していきましょう。

ブログのアクセスアップまとめ

では、最後に今回のまとめをしていきます。

まずは、ブログのアクセスアップのためには

  • 目的
  • 目標

を設定しようという話をしました。

ただただ、闇雲にブログのアクセスアップを狙うのではなく、目的に応じたブログのアクセスの目標を設定するようにしましょう。

また、ブログのアクセスの構造についてもお話しました。

ブログのアクセスは主に

  • 検索から
  • SNS(口コミ)から

の二つから来ます。

検索からくるアクセスは、見込み客をピンポイントに狙え、安定的なアクセスを集めて行くことが可能です。

また、SNSからくるアクセスは、即効性と拡散力が強みでした。

そして、最後に、

  • 検索からアクセスアップを狙う方法
  • SNS(口コミ)からアクセスアップを狙う方法

について開設しました。

ぜひ、この記事を読んで、あなたのブログに活かしてみてくださいね。

では、今回は以上になります。

お疲れ様でした!

                       

全5回の無料Web集客講座

ブランドを構築するためのWeb集客術

「集客を安定させたい…」
「価格競争に巻き込まれない強固なブランドを作りたい…」 と悩んでいませんか?

この無料講座では、実際に僕自身やクライアント様が取り組み

・ブログ1記事だけで毎月見込み客を7000人以上集め続けた方法
・相場より高い値段でも、全国から仕事の受注が入り、依頼を3ヶ月待ちにした方法
・理念や価値観に共感した良質なお客さんだけを集めた方法

など、ネットを活用したブランディングや集客の方法を動画とメルマガを使ってお伝えしていきます。

登録は無料なので、ぜひ、興味がある方は、詳細ページをご覧ください。

                   

無料で講座を受け取る

カテゴリーからブログ記事を探す

SEARCH BY CATEGORY

最新の記事情報が取得できます
【ブランドを構築するためのWeb集客術】
「集客と価格競争の悩みから解放される」全3回のWEBセミナーが無料で届きます