2015年8月8日

ブログ初心者が続々と集客するためのブログの作り方とコツ

どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回のテーマは、「ブログ初心者が続々と成約を出すためのブログの作り方」です。

「ブログをこれから始めて、インターネットから安定的に集客していきたい!」という人は多いんじゃないでしょうか?

どんな業種・業界であれ、ブログは広告費を欠けずに安定的な集客の仕組みを作っていくのに必須なアイテムです。正しいやり方でブログを運営していけば、ほとんど放置していても勝手に集客してくれます。

どんな業種・業界でも結果を出すことができるというのは、もう既にブログをビジネスで活かすという行為が始まってからの歴史で証明されてきています。

常に予約でいっぱいのサロンや飲食店、常に依頼が殺到しているコンサルタントやコーチ、常に会場を満席にできるセミナー講師、受注が殺到するデザイナーやネットショップ…etc

僕のブログでさえ、まだ28記事しか書いていませんが月に数万人の人に見てもらえ、仕事の依頼も続々ともらえています。なので、最近、ブログは放置気味です。笑

こういった心踊るような話を聞いて、「よ〜し!ブログで集客してやるぞ!」と希望に満ち溢れた思いを持って、多くの人がブログを始めるんですが、挫折している人が多いのも事実です。

では、ブログで上手くいってる人と上手くいっていない人の違いは何なのか?

僕は「ブログにどれだけ正しい準備をしてるか」という差だと思っています。日頃、ブログをやっている人たちにアドバイスすることが多いのですが、結局、結果が出ていない人って、準備がぜーんぜん整っていません。当てずっぽうでやってる感覚ですね。

僕が尊敬しているサッカー選手の本田圭佑さんの言葉にこんな言葉があります。

「準備が全てだと僕は思っているんで 準備の段階で試合は始まっている」(本田圭佑)

一方で、ブログで続々と成果を上げていく人たちは、「そりゃあ集客できるわ」と誰もが思うほど、準備が整っています。準備というのは必然性を生み出します。つまり、そういう人たちのブログには「成果を出すべくして出している」という必然性があります。

では、今回は、ブログ初心者の人でもその「成果を出すべくして出している」という状態のブログを作っていくにはどうすればいいのかということについて話していきたいと思います。

今ならメルマガ登録でWeb集客の動画講義を無料プレゼント中!

1.成約を生み出していくブログ作りの基礎知識

では、まずは「成果を出すべくして出している」というブログを作っていくための基礎知識について話していきたいと思います。

この記事はブログをこれから始めていく人にも分かるように書いているので、ブログ初心者の人も安心して読み進めていってくださいね。

1-1.ブログの成果の方程式

まず、最初に確認しておきたいのが、「ブログで成果を生むにはどうすればいいのか?」ということについてです。

ブログをこれから始めていこうと思っている人やブログに興味はあるけど手を出せていない人は、結構、ブログで成果を出していくことって、複雑なことをやっていかないといけないと思っている人が多いと思いますが、実は割とシンプルなんです。

これはブログのことをどこかで勉強したことがあるという人にはお馴染みの話かもしれませんが、ブログには成果を生み出す方程式があります。

成果=接点数×成約率

つまり、ブログの成果というのは、接点の数、どれだけの人にブログを見てもらえるのかというアクセス数に、そのブログを見てもらった人の中で何割の人が何か商品を購入してくれたり、来店してくれたりするかという割合をかけた数値で決まります。

例えば、ブログを見てくれる人が月に3000人いて、そのうちの1%の人(=30人)が、例えば、平均して5000円の何か商品・サービスを購入してくれると、ブログの成果は月に15万円なわけです。

つまり、ブログで情報発信をして、売上を上げていきたいのであれば、この接点数と成約率をいかに改善していくのかで決まります。

ブログを始めて、これから売上を上げていきたいのであれば、もちろん両方とも伸ばしていく必要はあるんですけど、まず最初に取り組むべきは成約率の方です。

だって、ブログを始めたからといって、広告費をかけずに1日で自分がお客さんにしたいと思っている人を大量に集められる訳ではないので、少ないアクセス数でも成約率が生まれる状態を作っていく方が良いのです。

はっきり言って成約させるだけなら、毎日数千人の人に見てもらう必要なんてないですし、1日に100人見てもらえるだけでも十分に成果は出していけます。で、それくらいの数であれば、正しいやり方でブログ運営を続けていくのであれば、誰でもすぐに達成できる数字です。

最初はそれほどアクセスは集まりません。で、ブログを始めた多くの人はその少ないアクセス数で、全く成果を生み出すことができないので、どんどん辞めていくわけです。でも、きっちり準備をして、成約率が高いブログの設計をしていれば、少しずつ成果が出てくるので、モチベーションも保つことができて、良い循環が生まれていくのです。

で、成約率が高いブログを設計して初めて、接点の数(アクセス数)をいかにして伸ばしていくのかを少しずつ考えていくと良いのです。ちなみに、ブログの接点の数(=アクセスの数)をいかに伸ばしていくかに関しては、以下の記事などを参考にしてもらえると、詳しく書いているので、興味があればご覧ください。

今回のメインテーマは、成約率の方です。少ないアクセス数でも成約を生んでいくブログを作るためにはどうすればいいのかということを中心に話していきます。

1-2.どのブログを選べばいいのか

ブログ攻略の基本知識として、次に「どのブログを選べばいいのか」ということについて、さらっと話しておきたいと思います。

世の中には、様々なブログサービスが存在しています。アメブロ、FC2、Seesaa、livedoor、WordPress、Movable Type、Xoops、Wix…etc

それぞれのブログにメリットとデメリットがありますが、趣味として利用するのではなく、ビジネスで利用するという観点からいうと、現時点では、WordPressとアメブロが一番有効なブログサービスです。

WordPressに関して言うと、Googleの検索エンジン部門の責任者の人が「WordPressはSEO対策(=アクセス数を集める手段)に向いている」と宣言していますし、テンプレートも豊富で、ホームページとしても利用することができます。

そして、アメブロに関して言うと、日本一のユーザー数を誇る無料のブログサービスで、ブログを開始した時から自分が見込客にしたいと思っている人たちにこちらからアプローチをしかけることができて、中身自体もSNS化しているので、アクセス数も集めやすいです。

じゃあ、「WordPressとアメブロのどちらを選べばいいのか?」という話になるんですが、答えは決まっていて、できれば両方とも使う方が良いです。WordPressとアメブロはそれぞれの強みと弱みを相互補完的に補い合うことができるので、両方使えば、最速最短で結果を出していくことが可能です。

もちろん、全てを無料で利用できるアメブロだけを使って集客することも可能なんですけど、基本的に商用利用が禁止されているので、ビジネスで利用していればいつブログは消されてしまうか分かりません。そうなってしまうと、今まで積み上げてきたものが0になる恐れもあります。

一方で、WordPressは、サーバー代やドメイン代といった費用(=月に1000円ちょっと)がかかりますが、商用利用をしていても全く問題がないので、ビジネスで利用しやすいのです。

2つのブログを同時で運営するなんて、手間がかかりそうと思うかもしれませんが、「アメブロの集客ツールで効果を出すための本当の使い方」で話したように、ここで紹介しているツールを使えば、WordPressで投稿した記事をアメブロに反映させることが可能になります。

つまり、一つのブログを更新するだけで、同時にもう一つのブログも更新されるので、はっきり言って手間はかかりません。まだ、ブログを始めていないという人は、ぜひこの二つのブログサービスを選ぶと良いと思います。

2.成約を生み出すための重要記事の書き方

では、次に具体的に成約率を上げていくために必要なテクニックについて話していきたいと思います。まずは、「成約を生み出すための重要記事の書き方」についてです。

ブログは、結局、何か記事を読んで、そこからセールスに関連するページを読んで、成約に至ります。

例えば、めちゃくちゃくせ毛に悩んでいる人がいるとします。そして、とある美容室のブログで、「くせ毛になりにくくなるヘアケアの方法」という面白い記事を見つけます。「あ、こういう風にやれば、くせ毛になりにくくなるんだ。

あ、このブログのオーナーさんは美容室をやっているんだ。どんな美容室なんだろう」と、そのサイトを読み進めていくと、手強いくせ毛が直ったという事例がたくさん載っている、セールスページに至ります。「あ、この美容室は良さそうだな。一度、行ってみよう」という風になると、集客完了です。

つまり、成約を生んでいくには、成約を生み出してくれる記事を準備しておく必要があります。その記事とは、商品・サービス内容を紹介するセールスページ、事例を載せておくお客様の声のページ、自分がどんな人間であるかを表現するプロフィールページの3つです。

まずは、この3つの重要なページの書き方について話していきたいと思います。

2-1.セールスページ

では、まずセールスページについて。このセールスページとは簡単に言うと、サービス内容を紹介して、直接成約に結びつける超重要なページです。

ブログで成約を生んでいる人の多くは、このセールスページの書き方が上手で、お客様の目線に立って、書くべきことをちゃんと書いています。一方で成約を生めていない人は、自分目線に立って自分が書きたいことだけを書いているというページになっている場合が多いです。

例えば、全く今までの制作実績がないホームページ屋さんに20万円のホームページを頼もうと思いますか?料理やお店の写真ゼロのレストランに何かの記念日でネットから予約しようと思いますか?カット15000円という価格だけが書かれている美容室に行こうと思いますか?

ほとんどの場合ありえないですよね。これは割と極端な例に感じるかもしれませんが、意外とブログを初めてやるとか、初めてサイトを運営するという人はやってしまいがちです。

書くべきことを書けば成約します。これから何をどういう流れで書くのかを紹介していきますが、これは一種の型です。成約すればOKなので、どう書けばいいのか分からないという人は、ぜひこの型を真似してみてください。

業種・業界によってはこの型が当てはめにくい場合もあると思いますが、その場合は、自分なりに合うように改善していってください。

ただ、これだけ覚えておいて欲しいのは、どんな業種・業界であれ、良いセールスページとは「理想の未来を想像できる」ページのことです。「あ、自分がこの商品・サービスを購入すれば、こんな未来が待っているんだ」ということが明確に想像できるようなページです。

例えば、コンサルティング系のサービスであれば「あ、この人に頼めばこういう未来が待っているんだ」ということが想像できる。美容室であれば「ここでカットしてもらえば、こんな風になれるんだ」ということが想像できる。「このカフェに行けば、こんな素敵な時間が待っている」と想像できる。

こういったことが意識としては重要です。そして、セールスページはそれぞれのメニューにそれぞれのページを設けてください。メニューが5つあるのであれば、5ページそれぞれのセールスページを用意してくださいね。

では、以下、セールスページの流れです。

  1. 書き出し:読み手の興味を引く
  2. 社会的証明:お客様の声や実績を載せる
  3. 基本情報:内容や価格やサービスの流れなど
  4. オファー:来店や購入への行動を促す

まず、セールスページの書き出しなんですが、ここで重要なのは読み手の興味を引くことです。

書き出しでは、このメニューは、どういう人に対して、何を提供して、どういう理想の未来を提供できるのかという全体像を簡潔に書いてみてください。

購買というアクションというのは、以下の「興味を持つ」「信用する」「行動する」という3つのプロセスを経て、起こります。

  1. 興味を持つ
  2. 信用する
  3. 行動する

例えば、今まで聞いたことも見たこともないカフェに初めて友達と行く場合を考えてみましょうか。

まず、そのカフェを知るきっかけになるのは、友達とのこんな会話から生まれるかもしれませんね。「この前、あそこのカフェに行ったんだけど、あそこのパンケーキ、めちゃくちゃ美味しかったよ」これが興味を持ってもらうという段階です。

そして、実際にそのカフェのサイトを見たり、雑誌で情報を見たりすることで、とてもお洒落で美味しそうなパンケーキがあるお店だということが分かって、行ってみたくなります。これが信用するという段階です。

そして、実際に友達とそのカフェに行くという行動が生まれるんですね。これが最後の行動という壁です。

どんな商品・サービスであれ、この「興味を持つ」「信用する」「行動する」という3つのサイクルを経て、集客に至るので、このサイクルを自分のブログに作っていくのが重要なんですね。

この書き出しというのは興味を持ってもらうという部分に当たります。書き出しはあまりダラダラ書き過ぎずに、できるだけ簡潔にそのサービスの全体像を一瞬で理解してもらえるように書くのが一番良いと思います。

ポイントは分かりやすさです。書き出しだけで、どんな人に向いているのか、何をしてもらえるのか、どんな理想の未来が待っているのかという全体像がよく分からないと、すぐに離脱されてしまいます。

なので、この3点を意識しながらぜひ書いてみてください。

そして、書き出しでサービス内容の興味を引いた後で、次に信用してもらうというステップに進むのですが、ここで活躍するのが社会的証明です。

社会的証明とは簡単にいうと、自分の主張している内容が本当に信用できるものなのかを証明するものです。ここで提示するのが、お客様の声や実績です。

例えば、書き出しで、「新しくホームページを作って、安定的に新規集客ができる仕組みを作りませんか?弊社は、数々の実績を出してきたインターネット集客のコンサルタントが設計する集客に強いホームページを提供しています。」(この文章はめっちゃ短いので、実際はもう少し詳しく丁寧に書く必要があります)というようなことを書いたとします。

確かにこの文章を読めば、まだホームページも持ってなくて、集客に困っている人は興味を持ちます。

でも、これってこう主張されるだけでは、胡散臭いんですよね。実際に本当にそうなの?ということが信用できないんですね。だから、その証拠を提示するというのが社会的証明です。

で、実際に「今まで弊社は500社以上のホームページを手がけてきて、数々の実績を上げてきました。その一部をご紹介します…」

  • 自宅でサロンを始めたのですが、最初の半年間、全く集客が上手くいかず、途方に暮れていたところ、○○社に相談して、ホームページを作成してもらった結果、たった3ヶ月で来月まで予約が取れないほど繁盛して、来月からは自分で店舗を構えることになりました!
  • ダイエットサプリメントの販売をインターネットで始めたのですが、月に受注が入っても1件程度で途方に暮れていましたが、○○社にホームページ作成を頼んだところ、その翌月に20件受注が入り、そこから雪だるま式に受注数が伸びていき、半年で月に100件ほど受注をいただけるようになりました!

こういうものがあると、「あ、本当にそうなんだ!」というのが信用できます。これで全く何のお客様の声もない、制作実績もないようなセールスページでは全く信用できないんですね。

ここに載せるお客様の声や制作実績は数としては5つほど載せておくと十分です。親しいお客さんにアンケートを取るでも良いですし、実際に話を聞くというのでもいいです。その際に、聞いておくと良い内容は、以下のとおりです。

  • その商品・サービスを購入する前にどんなことに悩んでいたか?
  • 実際にその商品・サービスを購入してどうだったか?(どういう変化があったか)

最初に言ったように良いセールスページとは「理想の未来を想像できる」ページのことです。「あ、実際にこういう悩みがあった人が、こう変われたんだ」ということを知ることができることで、いわば商品・サービスを購入した先の未来が疑似体験できるんですね。そうすると、購入への心理的ハードルはグッと下がります。

そして、その次に書くのが基本情報です。基本情報とは、実際に購買という行動に移してもらうために必要な情報のことです。例えば、より詳細なサービスの内容、価格、サービスの流れ(納品までの流れ)、アクセスマップ、よくある質問、予約方法…etcです。

実際に信用してもらえたという段階を経たら、後は購入へと行くだけなのですが、ここでこういった購入する際に必要な情報が抜け落ちてしまうと購入しにくいんですね。

例えば、一番分かりやすいのが価格です。「あ、ここにホームページを頼めば成果が出せそうだなと思っていても、価格が書いてなかったら頼みにくいですよね?」他にも納期のことや、決済の手段(分割ができるのかどうか)や、納品までの流れなども書いていなかったら、頼みにくいんですよね。

この基本情報に関しては、業種業界によって書くべきことが変わってくるので、それぞれに合わせて書いてみてください。一度、書いてみたら、実際にその商品・サービスを購入しそうなターゲットの人にそのページを見てもらうと良いですよ。そうすると「本当はこういうことが知りたい!」ということがわかってくるので。

そして、基本情報が書けたら、最後にオファーです。ここは何かと言うと、最後に行動を促してください。「ご来店お待ちしております」とか、「無料相談はこちらからできます」とか、「購入はこちらから」とか。

どこからどうすれば行動できるのかということと、行動を最後に少し促してやるだけでも成約率は変わってくるので、ぜひここの部分も最後の詰めとして忘れないでください。

2-2.お客様の声

では、次にお客様の声のページです。これは先ほど取って欲しいといった、お客様の声のまとめページですね。

このお客様の声のまとめページを見るだけで、自分がこの商品・サービスを購入したら、どうなるのかというワクワクする理想の未来をかき立てられるとより良いです。

お客様の声はそれだけでコンテンツになるので、定期的にとっておく仕組みを作っていくと良いですよ。そして、増えてきたら追加していく。ブログの記事として書く。書いて欲しい内容は、この先ほど言った2点です。

  • その商品・サービスを購入する前にどんなことに悩んでいたか?
  • 実際にその商品・サービスを購入してどうだったか?(どういう変化があったか)

ポイントは二つの質問をバラバラに回答してもらうのではなく、一つにまとめて回答してもらうことです。バラバラに回答してもらうと、一つ一つの文章が短くなってしまうので、一つにまとめてしまう方が良いのです。

そして、本名と写真(お客さんと一緒に写ってる)の掲載もできれば、より良いですね。お客さんとの関係性がよく見えるので、信用しやすくなります。

ただ、それが難しい場合は、写真も名前もなくても大丈夫です。少しずつでいいので、このページを充実させていってください。

2-3.プロフィール

そして、最後にプロフィールページについてです。なぜ、このプロフィールページを充実させる必要があるのかというと、「その人が信用できるかどうか」というよりも、「その人がどういう人であるか」というのが一つの付加価値になってる時代だからです。

例えば、僕が好きなYoutubeチャンネルに「みそチャンネル」というのがあります。これはマルカワみその河崎紘一郎さんが運営しているYoutubeチャンネルで、味噌に関して情報発信しているチャンネルなんですが、とても面白いのです。

この人の人間性を見ているだけで「この人から味噌を買ってみたい!」と思ってしまいます。世の中には味噌を販売している業者は、他にもたくさんいますが、不思議とこの人から買いたいと思ってしまうのです。笑

「自分自身がどういう人間であるか」というのが一つの選ばれる基準になるんですね。プロフィールページは、この自分の人間性(=価値)というものを見せていくページです。

具体的なプロフィールページの書き方は「集客に繋がる!ブログのプロフィールの書き方」という記事で書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

3.成約するまでの導線設計

では、最後に「成約するまでの導線設計」というテーマでお話していきたいと思います。

ここまで成約させるための重要な記事について話してきましたが、次は、実際にこの書いた重要な記事を見てもらうための仕組みについてお話していきます。

成約するためには、実際に重要な記事まで誘導していく必要がありますが、ここの設計を怠っていると、重要な記事まで見てもらえず、成約になりにくくなります。

成約するまでの導線設計で整えるポイントは、グローバルナビ、サイドバー、ヘッダー画像、フッターの4つのポイントです。

3-1.グローバルナビ

まず、グローバルナビについてですが、これは赤枠で囲んでいるメニューバーのことですね。

bl1

ここは、どのブログのページを開いても常にトップに表示されるので、ここに成約するために重要な記事をリンクしておくことで、見られます。

ここに配置するのは、サービス内容、お客様の声、プロフィール以外にも、アクセスマップ(店舗であれば)、お問い合わせ、予約フォーム(店舗であれば)、よくある質問、メルマガ登録などを配置すると良いと思います。

業種業界によって変わりますが、最低でも、サービス内容、お客様の声、プロフィール、お問い合わせは必須になります。店舗であれば、アクセスマップや予約フォームへのリンクも重要なので、配置しておくと良いでしょう。

3-2.サイドバー

そして、次にサイドバーについて。サイドバーとはここの赤枠で囲んでいるブログの左右に配置できるスペースのことです。

bl2

このサイドバーもブログのどのページを見ても、常に表示される領域になるので、ぜひ重要な記事にアクセスを飛ばしたいところです。

成約を生み出すために重要なのは、このサイドバーにお客様の声を載せることです。成約を生みたい出したいのならこれは絶対にやっておいた方が良いです。

お客様の声は見込客の人が一番興味のある内容なので、何かのきっかけで興味を持って何かの記事を読んでくれた人がいたらその中の多くがお客様の声を覗きます。

そして、お客様の声を見ることで、疑似体験でき、商品・サービス内容に興味を持ち始めて、成約に至るというパターンが結構あります。それに常にサイドバーというのは表示されるので、お客様の声が常に見えているだけでも、「あ、とても評価されている商品・サービスなんだな」という信頼感が演出されるのです。

その他の優先順位として、サイドバーには以下のものを配置しておくと良いでしょう。

  • 最新のブログ記事
  • メルマガ登録ページ
  • 人気記事ランキング
  • 記事のカテゴリー
  • 基本情報(店舗であれば、営業時間、アクセスについて)

サイドバーの役割は基本的には、他のページへの誘導です。ちゃんと他のページへ誘導する導線が設計されていれば、一つのブログ記事を読むだけではなく、他のブログ記事も読んでもらうことで、接触回数が増えます。

接触回数が増えるとそれだけ信頼関係構築に役立ちます。一回しか読んだことがないブログよりも、何度もリピートして読んでいるブログ方が信頼関係を構築しやすいのです。

3-3.オファー

そして、最後の導線設計として重要なのがオファーの設計です。これは何かと言うと、各ページの最後、特にブログ記事の最後にしっかり見てもらいたいページへの誘導をするということです。

例えば、僕のブログであれば、各ブログ記事の最後には必ず、このようなメルマガの登録ページへ誘導する設計をしています。僕にとってはこれが重要な記事だからです。

bl3

成約を生み出すためにオススメなのは、以下のページへのリンクを貼ると良いでしょう。基本的にはサイドバーやグローバルナビと同じ考え方です。

  • お客様の声
  • サービス内容
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 予約状況

成約を生み出すために重要な記事へのリンクを貼るというのが成約を生み出すための第一歩になります。

まとめ

では、最後に今日のまとめをしておきたいと思います。

どんどん成約が生まれているブログというのは、成約が生まれるだけの必然性がデザインされています。つまり、偶然売れているのではなくて、売れるべくして売れるという状態があります。

ブログで成約を生んでいくには、この状態をまず意図的に構築していく必要があります。アクセスを集めるのはその後です。アクセスが0の時から取り組むべきことです。

というのも、この売れるべくして売れているという状態でないブログにいくらアクセスを呼び込んだところで、成約が生まれないので、あんまり意味がないからです。

では、売れるべくして売れるという状態を生み出すために何が必要なのかというと、それは成約を生み出すための重要な記事を準備することでした。重要な記事とは以下の記事です。

  • セールスページ
  • お客様の声
  • プロフィール

そして、このページを意図的に見てもらうための導線設計も重要です。特にブログでは、以下の部分に注意しながら導線設計をしていく必要があります。

  • グローバルナビ
  • サイドバー
  • オファー

「売れるべくして売れる」というのは「商品・サービスを購入した先の理想の未来が想像出来る」ブログのことです。インターネットで何か商品・サービスを売りたいのであれば、文字化してそれを伝えていく努力をする必要があります。

ここまで見ると、少し大変に思うかもしれませんが、夢というのは現実的な手段でしか達成できません。一つずつ、一歩ずつやるべきことをやりましょう。その先に手に入れたい理想の未来は待っています。

では、今回は以上です!お疲れ様でした^^

無料のWeb集客動画講座
毎月10万人の見込み客が集まる自動集客システムの作り方


「安定した集客の仕組みを作りたい」「インターネット集客の方法を体系的に学びたい」「価格競争に巻き込まれないブランドを構築したい」と悩んでいませんか?

この無料のWeb集客講座は、僕自身が実際にWeb集客に取り組み
  • ブログ1記事だけで毎月見込み客を7000人以上集めた方法
  • メルマガを活用して価格競争に巻き込まれなくなり、良質なお客さんだけを集めた方法
  • 全国から仕事の受注が入り、仕事の依頼を3ヶ月待ちにした方法
など、本当に効果のあった、Web集客とブランド構築のノウハウを動画コンテンツにして解説しています。

通信講座の登録はとても簡単。以下のボタンをクリックして、メールマガジンの登録を進めてください。

そうすると、すぐに1つ目の動画があなたのメールアドレスに届けられます。

ぜひ、この通信講座をあなたのビジネスにお役立てください。

コミュニティ集客クラブの詳細を見る

hp-banner

SNSでもご購読できます

The following two tabs change content below.
中江 翔吾
名前:中江翔吾。職業:ブランドクリエイター(デザイナー&コンサルタント)一流のデザイナーからグラフィックデザインを学び、フリーランスのデザイナーとして活動を開始。その後、インターネットマーケティングの力を活用し、安定した集客の仕組みと、ブランドを構築。営業は全くせずに仕事の依頼が常に2~3ヶ月待ち。現在は「CREATE A BRAND」をコンセプトに、デザインとマーケティングの力を使って、個人・企業の規模を問わずに、ブランド構築のサポートを提供している。
By 中江 翔吾 セールスレター ブログ集客 Share:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール
wp-side-pf

中江 翔吾 / Shogo Nakae
グラフィックデザイナー / Webデザイナー / コンサルタント
1991年3月生まれ。大阪府出身。

はじめまして!ブランドクリエイターの中江翔吾と申します。

「CREATE A BRAND」をコンセプトに、ブランド構築や集客を起こしていくためのデザイン制作(Web、グラフィック)とコンサルティングを提供しています。

このブログでは、Webマーケティングのことを基軸に、ブランド論やマインドセット、雑多なビジネスコラムなんかを配信していきます。

僕に興味を持っていただけた方は、TwitterやFacebookページをぜひフォローしてくださいね。

>>詳しいプロフィールはこちら<<

Twitter でフォロー
最近の投稿
本物の集客力とは?集客力アップの秘訣と方法を総まとめ
本物の集客力とは?集客力アップの秘訣と方法を総まとめ
WordPressのフッターの編集方法の基本を覚えよう
WordPressのフッターの編集方法の基本を覚えよう
WebコンテンツとはWebコンテンツ作成の3ステップ
WebコンテンツとはWebコンテンツ作成の3ステップ
自分のやりたいことが見つからない時の対処法を日本神話から解説
自分のやりたいことが見つからない時の対処法を日本神話から解説
WordPressのグローバルメニューを設定する方法
WordPressのグローバルメニューを設定する方法
起業するには?起業で失敗しないための3つの方法
起業するには?起業で失敗しないための3つの方法
オウンドメディアのデザイン戦略|オウンドメディアの参考サイトも総まとめ
オウンドメディアのデザイン戦略|オウンドメディアの参考サイトも総まとめ
ブルーオーシャン戦略とは|ブルーオーシャン戦略の事例と実践法を解説
ブルーオーシャン戦略とは|ブルーオーシャン戦略の事例と実践法を解説
モチベーションをアップさせる方法|高いレベルの行動を継続するには?
モチベーションをアップさせる方法|高いレベルの行動を継続するには?
ステップメールとは?売上に繋がるステップメールの書き方
ステップメールとは?売上に繋がるステップメールの書き方
人気記事ランキング
一瞬で人を惹き付けるブランドコンセプトの作り方と例
一瞬で人を惹き付けるブランドコンセプトの作り方と例
差別化の意味とは|差別化戦略の方法と具体例を一挙紹介
差別化の意味とは|差別化戦略の方法と具体例を一挙紹介
ダイレクトレスポンスマーケティング|DRMの方法と事例
ダイレクトレスポンスマーケティング|DRMの方法と事例
SEO対策とは-SEO対策の基本を理解しよう
SEO対策とは-SEO対策の基本を理解しよう
WordPressの見出しデザインを自由にカスタマイズする方法
WordPressの見出しデザインを自由にカスタマイズする方法
ブランディングの本当の意味とは|ブランディングの手法と成功事例
ブランディングの本当の意味とは|ブランディングの手法と成功事例
SEO対策に効果的なサイト・ブログタイトルの付け方
SEO対策に効果的なサイト・ブログタイトルの付け方
ビジネスに繋がる面白いブログ記事の書き方のコツとは
ビジネスに繋がる面白いブログ記事の書き方のコツとは
ステップメールとは?売上に繋がるステップメールの書き方
ステップメールとは?売上に繋がるステップメールの書き方
ターゲティングとは|明確にお客さんを決めて売上を上げる方法
ターゲティングとは|明確にお客さんを決めて売上を上げる方法