HOME > Webマーケティング > Facebook広告 > Facebook広告の仕組みについて初心者でも分かるように完全解説

2020.2.24 (更新日:2020.2.24) | Facebook広告

Facebook広告の仕組みについて初心者でも分かるように完全解説

Facebook広告の仕組みについて初心者でも分かるように完全解説

どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回は「Facebook広告の仕組みについて初心者でも分かるように完全解説」というテーマでお話していきたいと思います。

「Facebook広告の仕組みってどうなっているんだろう?」「Facebook広告の全体像を知りたい」という人は意外と多いんじゃないでしょうか?

Facebook広告は

  • 様々な配信先に広告を出稿できる
  • 広告費を抑えやすい
  • 細かなターゲティングができて成果が出しやすい

など、様々なメリットがある広告です。

例えば、僕の場合であれば、メールマガジンやLINE@の読者の集客でも活用していますが、Facebook広告を上手く活用していけば、1人あたり「131円〜205円」で集めていくことだって可能です。

Facebook広告の結果

メルマガ・LINE@読者の獲得以外にも

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • ネットショップ
  • 店舗への誘導
  • イベントの集客
  • 動画の再生

など、様々な目的にも対応しています。

なので、今回の記事を読んで、Facebook広告の仕組みとメリットを知り、ぜひ、Facebook広告を使っていきましょう。

では、早速始めていきます。

1.Facebook広告の仕組み

では、まずは、Facebook広告の全体的な仕組みについてお話していきます。

1-1.Facebook広告の配信先

まず、Facebook広告の配信先について。

Facebook広告でよくある誤解が、広告の配信先がFacebookに限られてると思っていることです。

まぁ、Facebook広告というくらいだから、そう思ってしまいますよね。笑

でも、実際はFacebookに限らず、Facebook広告を使用すれば

  • Instagram
  • Messenger
  • オーディエンスネットワーク

にも配信することができます。

Instagramに配信ができるので、Facebookではカバーしきれない10代や女性の層にもアプローチしていくことができます。

Instagramフィード

また、このような形でメッセンジャーの受信箱にも配信ができます。

Messengerの受信箱

そして、最後のオーディエンスネットワークですが、これはFacebook社が提携している外部サイトやアプリに表示できるというものです。

例えば、日本であれば「Gunosy」とかにも表示させることができます。

こう見ていくと、Facebook広告は、Facebookだけでなく、本当に縦横無尽にインターネットに広告を出せるという感じです。

Twitter広告とかでも広告費を安く抑えて配信していくことができるのですが、Facebook広告とは比較にならない広告を配信できる規模が違うので、すぐ頭打ちになります。

僕はこれまでに最高で1ヶ月で1000万円近く、Facebook広告で運用したことがありますが、それでも大丈夫で、広告費が高騰するようなことにはなりませんでした。

それだけ大規模な人数に広告を出せてアプローチできるということです。

1-2.Facebook広告の種類

では、続いてFacebook広告の種類について。

Facebook広告は目的別に分けると

  • ブランドの認知度アップ
  • リーチ
  • トラフィック
  • エンゲージメント
  • アプリのインストール
  • 動画の再生数アップ
  • リード獲得
  • メッセージ
  • コンバージョン
  • カタログ販売
  • 来店数の増加

の11種類が存在します。

詳細は以下の記事で詳しく解説しているので、ここでは簡単にご紹介していきたいと思います。

Facebook広告の種類と使い分けについて徹底解説
Facebook広告の種類と使い分けについて徹底解説 どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回は「Facebook広告の種類と使い分けについて徹底解説」というテーマでお話していきたいと思います。 「Facebook広告って具体的にどんな種類があるの?どう使い分けたらいい […]

ブランドの認知度アップ

ブランドの認知度アップを目的とした広告は、広告を表示し、ブランドとして認知してもらえそうなターゲットに配信していく広告になります。

リーチ

リーチを目的とした広告は、広告のことを見た人の人数を最大化する広告になります。

トラフィック

トラフィックを目的とした広告は、広告から誘導する先のページへのアクセス数を最大化する広告になります。

エンゲージメント

エンゲージメントを目的とした広告は、広告に対する「いいね」「コメント」「シェア」といったアクションを最大化する広告になります。

アプリのインストール

アプリのインストールを目的とした広告は、アプリのインストールを最大化する広告になります。

動画の再生数アップ

動画の再生数アップを目的とした広告は、広告素材として設定した動画の再生数を最大化する広告になります。

リード獲得

Facebook広告には、外部ページに飛ばさず、オリジナルのフォームに直接誘導して、申し込みや問い合わせなどを獲得するリード広告という広告があります。

このリード獲得を目的とした広告は、このリードの獲得数を最大化する広告になります。

メッセージ

メッセージ広告は「Messenger」の受信箱に送られる広告のことです。

Messengerの受信箱

この広告をタップしたら、そのユーザーに自動でメッセージを送ることができます。

コンバージョン

コンバージョンを目的とした広告は、お問い合わせ、メルマガ登録、商品の購入といったコンバージョンを最大化する広告になります。

カタログ販売

Facebookでは複数の商品をアップロードし、それで商品のカタログを作成し、販売に繋げることができます。

カタログ販売を目的とした広告は、カタログからの購入を最大化する広告になります。

来店数の増加

来店数の増加を目的とした広告は、実店舗への来店数を最大化する広告です。

1-3.Facebook広告の主要な広告フォーマット

では、続いて、Facebook広告の主要な広告フォーマットについて。

Facebook広告のフォーマットは

  • 写真
  • 動画
  • ストーリー
  • Messenger
  • カルーセル広告
  • スライドショー広告
  • コレクション広告
  • プレイアブル広告

という8種類があります。

写真

写真は画像を使った広告ですね。

Facebook広告の画像は自作したオリジナルの画像素材も使うことができますし、「shutterstock」というハイクオリティーな有料画像サイトの画像も無料で使用することができます。

動画

また、動画も広告素材として使用できます。

画像にはない、音・動きなどを使って、ストーリーを使うことができます。

ストーリー

ストーリーはInstagramのストーリー機能を使った広告になります。

フルスクリーンの映像で動きを表現することができるので、スマホなどのモバイルで行動を促すのには最適な広告フォーマットになります。

Messenger

Messengerは先ほどもお伝えしたように、Messengerアプリに表示させる広告のことで、広告を表示した相手と1対1のコミュニケーションを生んでいくことができます。

カルーセル広告

カルーセル広告は1つの広告の中に、最大で10枚の広告画像と10個のリンクを設定できる広告フォーマットです。

複数の画像で1つのストーリーを伝えることもできれば、複数の商品を紹介することもできる広告になります。

スライドショー広告

スライドショー広告は複数の画像やテキストを組み合わせて、スライド動画として流す広告のことです。

データ量も通常の動画と比べると、軽いので、スムーズに動画のストーリーを伝えることができます。

コレクション広告

コレクション広告は、先ほど紹介したカタログ販売広告のことです。

1つの広告で複数の商品・サービスを紹介することができ、各商品の詳細リンクへ飛ばし、購入に繋げることができます。

プレイアブル広告

プレイアブル広告は、先ほどお話したアプリをインストールすることを目的にした広告で使うフォーマットで、アプリの利用画面の動画を表示させることができるフォーマットです。

動画で表示させることができるので、アプリの利用イメージを訴求することができます。

1-4.Facebook広告のターゲティング

では、続いては、Facebook広告のターゲティングについて。

Facebook広告のターゲティングは大きく分けて

  • コアオーディエンス
  • カスタムオーディエンス
  • 類似オーディエンス

の3種類があります。

このFacebook広告のターゲティングについての詳細は以下の記事でお話したので、ここでは簡単に概要だけご紹介します。

Facebook広告のターゲティングの3種類と使い分けを徹底解説
Facebook広告のターゲティングの3種類と使い分けを徹底解説 どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回は「Facebook広告のターゲティングの3種類と使い分けを徹底解説」というテーマでお話していきたいと思います。 「Facebook広告ってどういう風なターゲティングの仕方があ […]

コアオーディエンス

コアオーディンエスとは何かというと、

  • 地域
  • 年齢
  • 性別
  • 学歴
  • 収入
  • ライフイベント
  • 子どもがいるかどうか
  • 交際ステータス
  • 仕事
  • 興味・関心
  • 行動
  • 言語
  • 繋がり

といった属性で絞り込んだターゲットのことです。

Facebookには上記のありとあらゆる個人情報が登録される仕組みになっているSNSなので、これだけ細かなターゲティングができ、広告の費用対効果を最大限高めてくれるんですね。

恐らくここまで細かく属性を絞れる広告は他にはありません。

カスタムオーディエンス

では、次にカスタムオーディエンスについて。

カスタムオーディエンスとは何かというと、自分の顧客情報を元に作成するオリジナルのターゲットのことです。

例えば、自分が販売している商品・サービスの購入者のメールアドレスの情報を持っているなら、それをFacebook上にアップロードし、その人たちに対してだけ表示させる広告を出稿することができます。

また、Facebook広告には「除外リスト」という機能もあり、その購入者リストをアップロードすることで、「このAという商品を購入した人には広告を表示させない」ということもできるので、無駄な広告費の使用を抑えることができます。

カスタムオーディエンスについては以下の記事でも詳しく話しています。

Facebook広告のカスタムオーディエンスとは?機能から設定の方法まで解説
Facebook広告のカスタムオーディエンスとは?機能から設定の方法まで解説 どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回は「Facebook広告のカスタムオーディエンスとは?機能から設定の方法まで解説」というテーマでお話していきたいと思います。

類似オーディエンス

そして、最後の類似オーディエンスについて。

これは作成したカスタムオーディエンスに類似した属性を持つオリジナルのターゲットを作る機能です。

この類似オーディエンスを使えば「Aという商品を購入した人に似ている人」に対して広告を出稿することができます。

これまで様々なターゲティング試してきましたが、この類似オーディエンスが一番パフォーマンスが高い広告を出すことができます。

1-5.Facebook広告の料金

では、続いてFacebook広告の料金について。

Facebook広告は基本的には1日100円の予算から出稿できて、予め設定した予算内で最大限のパフォーマンスを発揮するように広告費用は消化されていきます。

具体的には

  • 1日の予算
  • 通算予算

という設定があります。

1日の予算は、1日の中で消化する金額の上限を決めるという予算設定です。

例えば、「1日100円」と決めるのであれば、その予算の範囲である「100円」を超えないように広告が運用されます。

期間は指定することができます。

通算予算は、指定した期間で使う広告費用を決めるという予算設定です。

例えば、1週間で1000円使うという予算設定をしたら、月曜日は100円を使って、火曜日は200円を使って…というような形で広告費用が消化されていきます。

この広告料金に関しては、以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ、ご覧ください。

Facebook広告の料金の仕組みと広告費用について徹底解説
Facebook広告の料金の仕組みと広告費用について徹底解説 どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回は「Facebook広告の料金の仕組みと広告費用について徹底解説」というテーマでお話していきたいと思います。 「Facebook広告を始めたいけど、どれくらいの広告費用がかかる […]

2.Facebook広告の配信の流れ

では、続いては、Facebook広告をどうすれば、配信することができるのかという話をしておきたいと思います。

2-1.Facebook個人アカウントの取得

まず、Facebook広告を配信していくためには、Facebookの個人アカウントを作成する必要があります。

なので、まだFacebookの個人アカウントを作成してないという人は、以下の記事を読んでまずはアカウントを作成していきましょう。

Facebookの登録方法からログイン方法までを徹底解説
Facebookの登録方法からログイン方法までを徹底解説 どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回は「Facebookの登録方法からログイン方法までを徹底解説」というテーマでお話していきます。

2-2.Facebookページの作成

そして、Facebook個人アカウントを作成したら、次にFacebookページを作成していきます。

Facebook広告は「アイコン」と「タイトル」が表示されていると思いますが、この部分がFacebookページにあたります。

Facebookページからの投稿という形で広告が出稿されていくので、Facebookページの作成が必要になるというわけです。

Facebook広告素材

Facebookページの作成については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ、ご覧ください。

Facebookページの作成方法を初心者でも分かるように徹底解説【2018年最新版】
Facebookページの作成方法を初心者でも分かるように徹底解説【2018年最新版】 どうも!ブランドクリエイターの中江です。 今回は「Facebookページの作成方法」について解説していきたいと思います。

2-3.Facebookビジネスマネージャーの作成

そして、Facebookページを作成したら、次にFacebookビジネスマネージャーを作成していきましょう。

Facebookビジネスマネージャーは、複数のFacebook広告アカウントやFacebookページを一括管理・分析できるツールです。

Facebookビジネスマネージャーとは

Facebook広告を出稿する際には必ず必要になってくるので、ぜひ、こちらも導入しておきましょう。

Facebookビジネスマネージャーとは?登録から使い方まで完全ガイド
Facebookビジネスマネージャーとは?登録から使い方まで完全ガイド どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回は「Facebookビジネスマネージャーとは?登録から使い方まで完全ガイド」というテーマでお話していきたいと思います。 「Facebookのビジネスマネージャーってどういうもの […]

2-4.Facebook広告アカウントの作成

そして、Facebookビジネスマネージャーが作成できたら、最後にFacebookの広告アカウントを作成する必要があります。

なので、以下の記事を読んで、Facebook広告アカウントを取得していきましょう。

Facebook広告のアカウントの作成方法と設定方法を徹底解説
Facebook広告のアカウントの作成方法と設定方法を徹底解説 どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回は「Facebook広告のアカウントの作成方法と設定方法を徹底解説」というテーマでお話していきたいと思います。 「Facebook広告を出稿したいけど、広告アカウントってどうや […]

広告アカウントを取得したら、Facebookビジネスマネージャー上で、Facebook広告アカウントとFacebookページを紐付けたら、広告を出稿できる準備が整います。

3.Facebook広告の仕組みのまとめ

では、これでFacebook広告の全体の仕組みについての解説は終了です。

今回は

  • Facebook広告の配信先
  • Facebook広告の種類
  • Facebook広告の主要な広告フォーマット
  • Facebook広告のターゲティング
  • Facebook広告の料金
  • Facebook広告の配信の流れ

についてお話しました。

ぜひ、今回の記事を読んで、全体像を掴み、Facebook広告を出稿していってくださいね。

では、今回は以上になります。お疲れ様でした!

                       

全5回の無料Web集客講座

ブランドを構築するためのWeb集客術

「集客を安定させたい…」
「価格競争に巻き込まれない強固なブランドを作りたい…」 と悩んでいませんか?

この無料講座では、実際に僕自身やクライアント様が取り組み

・ブログ1記事だけで毎月見込み客を7000人以上集め続けた方法
・相場より高い値段でも、全国から仕事の受注が入り、依頼を3ヶ月待ちにした方法
・理念や価値観に共感した良質なお客さんだけを集めた方法

など、ネットを活用したブランディングや集客の方法を動画とLINEを使ってお伝えしていきます。

登録は無料なので、ぜひ、興味がある方は、詳細ページをご覧ください。

                   

無料で講座を受け取る

カテゴリーからブログ記事を探す

SEARCH BY CATEGORY

最新の記事情報が取得できます