HOME > Webマーケティング > Facebook広告 > Facebook広告の最適な文字数と画像内テキストの注意点

2020.2.12 (更新日:2020.2.12) | Facebook広告

Facebook広告の最適な文字数と画像内テキストの注意点

Facebook広告の最適な文字数と画像内テキストの注意点

どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回は「Facebook広告の最適な文字数と画像内テキストの注意点」というテーマでお話していきます。

「Facebook広告の最適な文字数って何文字?」「Facebook広告画像内の文字量ってどれくらいまでなら大丈夫なの?」という人は意外と多いんじゃないでしょうか?

Facebook広告を出稿する際に文字数というのはとても重要です。

広告素材の文字の見せ方によっても、広告のクリック率は変わり、それが最終的な広告結果に大きく影響してくるからです。

Facebook広告素材

Facebook広告内のテキストは

  • 本文のテキスト
  • 画像内のテキスト

の2種類に分かれます。

なので、今回はFacebook広告のテキストについてお話していきたいと思います。

では、早速始めていきましょう。

1.Facebook広告のテキストの最適な文字数

では、まずFacebook広告のテキストの最適な文字数の話をしておきたいと思います。

Facebook広告のテキストは

  • メインテキスト
  • 見出し
  • 説明文

という3つに分かれます。

1-1.メインテキストの文字数

メインテキストはこの部分で、推奨の文字数は「125文字」です。

Facebook広告のメインテキスト

125文字を超えると、このような形で切れてしまい、続きは「もっと見る」というリンクを押さないと表示されません。

Facebook広告素材

なので、ここのメインテキスト部分は125文字以内に抑えるようにしましょう。

具体的な設定箇所は広告設定箇所の「メインテキスト」のところになります。

Facebook広告のメインテキストの入力

1-2.見出しの文字数

では、続いては見出しの文字数について。

見出しはこの部分で推奨文字数は25文字以内です。

Facebook広告の見出し

これもそれ以上長いと、文字数が切れてしまうので、25文字以内に収めましょう。

1-3.説明文の文字数

では、続いては説明文の文字数について。

説明文はこの部分で推奨文字数は30文字以内です。

Facebook広告の説明文

これもそれ以上長いと、文字数が切れてしまうので、30文字以内に収めましょう。

2.Facebook広告画像内の最適な文字量

では続いてはFacebook広告画像内の最適な文字量についてお話していきたいと思います。

Facebook広告画像のサンプル

Facebook広告で画像を使用する場合は、その画像内に使用する文字量を調整する必要があります。

あまりにも広告画像の中で文字数が多ければ、リーチがなかなか届かなくなります。

広告画像の文字量が多いか少ないかは「テキストオーバーレイツール」を使えば、簡単に調べることができます。

まずは、この画面にアクセスしたら「アップロード」をクリックしてください。

テキストオーバーレイツール

そして、PCから画像をアップロードすると、以下のように広告画像のテキスト量の結果が表示されます。

できるだけ「画像内テキスト:OK」になるまで、テキスト量は調整するようにしましょう。

テキストオーバーレイツールの結果

3.Facebook広告の文字数についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

Facebook広告の文字数についての解説は以上になります。

  • Facebook広告のテキストの最適な文字数
  • Facebook広告の画像の最適な文字量

を調整して、Facebook広告を運用していきましょう。

では、今回は以上になります。

お疲れ様でした!

                       

全5回の無料Web集客講座

ブランドを構築するためのWeb集客術

「集客を安定させたい…」
「価格競争に巻き込まれない強固なブランドを作りたい…」 と悩んでいませんか?

この無料講座では、実際に僕自身やクライアント様が取り組み

・ブログ1記事だけで毎月見込み客を7000人以上集め続けた方法
・相場より高い値段でも、全国から仕事の受注が入り、依頼を3ヶ月待ちにした方法
・理念や価値観に共感した良質なお客さんだけを集めた方法

など、ネットを活用したブランディングや集客の方法を動画とLINEを使ってお伝えしていきます。

登録は無料なので、ぜひ、興味がある方は、詳細ページをご覧ください。

                   

無料で講座を受け取る

カテゴリーからブログ記事を探す

SEARCH BY CATEGORY

最新の記事情報が取得できます