2017年1月15日

目標設定理論|確実に達成できる目標設定の仕方を例と一緒に解説

どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回は「目標設定理論|確実に達成できる目標設定の仕方を例と一緒に解説」というテーマでお話していきたいと思います。

「目標を設定したけど、全然達成できない」というようなことは、よくあることで、ほとんどの人が経験済みのことだと思います。

かく言う僕もそうで、目標設定をしては、行動できなくて、達成できず、自己嫌悪に陥り、行動がさらに鈍り、気を取り直して、もう一度目標設定をして、また行動できなくて…というようなことを何度も繰り返していました。

そんな時の僕は、結局、全てが中途半端なまま終わってしまい、自分が達成したいことなんて、一つも上手くいきませんでした。気づいたら1年経ってたりするんですよね。苦笑

でも、この状況は「目標設定」について正面から向き合うことで、大きく変わりました。

自分で設定した目標は、確実に達成できるようになり、中途半端な行動もなくなり、日々も充実し、夢も大きく近づき、自分にも自信を持てるようになりました。

その時、気づきました。「あぁ、あの頃は、自分自身が悪かったのではなくて、自分の目標設定の仕方が完全に間違ってたんだな」と。

この記事を読んでいただいてる方も何か、達成したい目標をお持ちだと思います。夢や目標を持てないっていう人が多い中で、夢や目標を持てるっていうのは本当に素晴らしいことで、才能だと思います。

だったら、その目標を確実に達成していきましょう。

目標を達成できない時に過去の僕のように自分を責める必要はありません。目標設定の仕方さえ変えれば、大抵のことは上手くいきます。

今回は、そんな過去の僕のように、目標設定をしたけど、達成できないという人のために、確実に達成できる目標設定の仕方をお伝えしていきたいと思います。

では、早速始めていきましょう!

1.目標設定理論

まずは、具体的な目標設定の仕方についてお話していく前に、目標設定についての基礎知識をお話していきたいと思います。ここの基礎知識を知っているか知っていないかで、目標設定の効果が大きく変わるので、ぜひご覧ください。

1-1.目標の意味とは

まず、最初に「目標」の意味について確認しておきたいと思います。

「目標」によく似た言葉に「夢」という言葉があります。まず、ここを明確に区別しておくことが、正しい目標設定をしていく鍵になります。

小さい頃に思った「プロ野球選手になりたい!」とか、社会に出てから思った「起業して、月収100万円を稼げるようになりたい!」とか。何が夢で、何が目標かということですね。

僕は、夢というのは「そこに到達するまでの道筋(プロセス)が不明確なもの」で、目標というのは「そこに到達するまでの道筋(プロセス)が明確なもの」だと思います。

少しわかりにくいと思うので、具体例を出します。

この定義に当てはめると、小さい頃に漠然と思った「プロ野球選手になりたい!」というのは「夢」です。というのも、これは「どうやっていけば、プロ野球選手になれるのか」という道筋が明確に見えていないからです。

でも、これは「プロ野球選手になりたい!」と思っている、その本人次第によって、目標にもなりえます。これは、イチロー選手が小学6年生の時に書いた作文ですが、これは夢というよりも、目標に近いです。

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには、中学、高校と全国大会にでて活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには練習が必要です。

僕は3才の時から練習を始めています。

3才から7才までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは、365日中360日は、激しい練習をしています。

だから1週間中で友達と遊べる時間は5~6時間です。

そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。

そして中学、高校と活躍して高校を卒業してからプロ野球選手になれると思います。

そしてその球団は、中日ドラゴンズか、西部ライオンズです。

ドラフト入団で、契約金は、1億円以上が目標です。

僕が自信のあるのが投手か打撃です。

去年の夏、僕たちは全国大会にいきました。

そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうちホームランを3本打ちました。

そして、全体を通した打率は、5割8分3厘でした。

このように自分でも納得のいく成績でした。

そして僕たちは1年間負け知らずで野球ができました。

だから、この調子でこれからも頑張ります。

そして、僕が一流選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも夢の一つです。

とにかく一番大きな夢はプロ野球選手になることです。

というのも、イチロー選手は、この時点で、自分の現在地はどこにあるのか、そしてそこから「どうやっていけば、プロ野球選手になれるのか」という道筋が見えているからです。

「起業して、月収100万円を稼げるようになりたい!」というのも、その人の状況によります。

「何をして起業して、それだけ稼ぐつもりなの?」と聞いた時に「これから考えます!」と答える人なら、それはまだ「夢」の状態ですし、具体的に「○○をやって、○○のやり方でやれば、上手くいくと思います」と答えられる人なら、それは「目標」の状態になっています。

で、確実に達成可能なのは、この具体的な道筋が見えている「目標」です。というのも、どういうステップを踏めば、達成できるのかが見えているので。

一方で、夢という状態は、ほとんど達成不可能です。そもそも、どこに向かって歩んでいけばいいか、どれくらい歩けばいいのかということも何もわからない状態だからです。

以下で話していく、目標というのは、そういうものだということをまずは、捉えてもらえればと思います。

これは、別に夢を持つことを否定しているというわけではありません。

むしろ、今の自分が到達することを想像できないような思いを持っていること自体が、目標を達成する際に大きなエネルギーとなるので、夢は持っておいた方がいいです。

1-2.目標設定をする意味

そして、次に「なぜ、目標設定をした方がいいのか」ということですが、一番の理由は「夢が目標に変わるから」ということです。

夢っていうのは、さっき説明したように、どうやって達成したらいいかわからないというぼんやりとした状態なんですが、これは目標設定をすることで、それを達成するための具体的な道筋が見えてきます。

もちろん、目標設定をしたからといって、すべての夢がそうなるわけではありませんが、夢が目標に変わるということは大にしてあります。

というのも、「夢」を持っていても、「この夢はどうやったら実現することができるんだろう?」と真剣に改めて、考えられる人はかなり少ないからです。

目標設定というのは、自分が叶えたい夢への道筋(プロセス)を明確にするということになります。

これは後の目標設定の仕方でも話していくことですが、夢への道筋を明確にするためには、実際に自分の夢と同じような夢を叶えている人たちが、どういう道を歩んだのかを見ていくことが手っ取り早いです。

「プロ野球選手になりたい!」という夢があるなら、実際にもうプロ野球選手になった人たちが、小学校時代をどう過ごし、中学校はどんな学校に行き、どんな練習をして、高校はどこを選んで、どうやって活躍して、ドラフトにかかるためにはどうすればいいのか、ということを細かく見ていくことで、道筋というのは明確になります。

道筋が明確になると、夢だと思っていたものが、達成できる可能性が高くなるんですね。

1-3.目標達成を阻害する要因

これから紹介する目標設定をしても、達成できない場合もあります。

そんな時に考えられる一番の理由は、その目標となる夢に対して「情熱」(パッション) が持てないからというものです。

「情熱」(パッション)というのは、些細なことでその目標を達成することを簡単には諦めきれないものにしか宿りません。

例えば、過去の僕のように、目標設定をしては、行動できず、自己嫌悪に陥り、でもめげずに、また目標設定をして…という状態は、「情熱」(パッション)があるという状態です。

辛いこと嫌なことがあっても、目標設定をすること、叶えること自体は諦められない。そんな、自分の本心から出てきた夢に宿るものです。

これは、正しく目標設定の仕方を学べば、達成できる可能性は高いです。寝食忘れて、取り組めることも「情熱」(パッション)があるという状態の一つです。

でも、自分の本音からではなく、他人に設定されて生まれた夢には、なかなか「情熱」(パッション)は宿りません。

例えば、いくら正しい目標設定の仕方をしても、今の僕に「医者になる」という目標を達成することはできません。たぶん、強制的に目指させられても、参考書1ページ開いて終わりです。そんな気はさらさらないから、何か困難にぶつかったら、すぐに諦めてしまいます。

目標設定をしたら、後は、その目標に向かっていく行動力が絶対に必要になります。

その行動力の一番の源泉になるのは、「情熱」(パッション)なので、ぜひ、今一番叶えたい夢に対して「自分が心からやりたいかどうか」を問いかけてみてください。

2.目標設定の仕方

では、続いて、目標設定の仕方というテーマでお話していきます。具体的な目標設定の仕方ですね。

2-1.目標設定の種類

まず、最初に目標設定の種類についてお話していきます。

目標設定は大きく分けて「プロセスの目標設定」と「ルーティーンの目標設定」の2種類あります。

プロセスの目標設定というのは、具体的に夢に到達するまでのプロセスを分解して、長期目標、短期目標、月間目標、週間目標に置き換えるという目標設定のことです。

夢というのは規模によりますが、基本的に今の自分と比べて、遠い距離にあるものです。だからこそ、どういう道筋で、どうやって歩んでいけば、達成できるのかを明確にしないといけません。

ここを明確にするのがプロセスの目標設定です。

例えば、今、現在、中学生だとして、英語の同時通訳ができる翻訳家になりたいという夢があったとしたら、その夢を叶えるためのプロセスを分解する。

  • リスニング力はどれくらい必要で、どうやって身につけるのか?
  • スピーキング力はどれくらい必要で、どうやって身につけるのか?
  • 知識・教養はどの程度必要か?
  • どんな会社に就職すればいいのか?
  • どんな資格・試験があるのか?
  • どういう学校に進学すればいいのか?

まずは、このように問いかけながら、自分の夢を分解していきます。そうすると、例えば「アメリカに3年間は留学した方がいい」「TOEICは満点を取れる英語力が必要」というような具体的に道筋が見えてきたりします。

こうした複数のステップが見えてくるので、あとは、それを時系列に整理していくのが、プロセスの目標設定になります。具体的には以下で解説していきます。

そして、二つ目のルーティーンの目標設定というのは、何かというと、これは毎日の目標設定のことですね。

プロセスの目標設定で、夢への道筋を明確にしたあとは、その道筋を、日々、一歩ずつ、実際に歩んでいかないといけないわけです。

毎日、どういう一歩を踏み出すのかを決めるのが、ルーティーン目標設定です。

例えば、少し先に「TOEICのテストで満点を取る」という目標が明確にあったとしても、その目標を叶えるために行動しなければ、上手くいかないわけです。

夢への道筋を明確にして、毎日どう踏み出すのかを決めると、確実に行動できるようになっていきます。

2-2.プロセスの目標設定の仕方

では、次に具体的にプロセスの目標設定について話していきます。長期目標、短期目標、年間目標、月間目標、週間目標ですね。

2-2-1.長期目標の設定の仕方

さて、まず、自分の夢が明確になった時に、最初にするべきことは、長期目標の設定です。

長期目標の設定というのは、具体的にどういう条件が実現すれば、自分の夢を叶えたことになるのか、どういうステップを踏めば、夢を叶えることができるのかを明確にするということです。

目標設定の基本は「分解」です。まずは、夢の条件を分解していきましょう。

例えば、小学生で「一流のプロ野球選手になりたい」という夢を漠然と持っていたとします。まず、考えるべきなのは、「一流のプロ野球選手って何?」ということなんですね。

ここって、みんなばらばらだと思います。

「一流とは、走攻守三拍子そろった選手」という条件も出てくるでしょうし、「毎年、打率3割以上で、4番を打ち続ける選手」ということもあるでしょうし、「イチロー選手のように、メジャーリーガーとしてスタメンを張れるような選手になること」ということもあるでしょう。

ざっくり出てきたあとも、分解していきます。

「一流とは、走攻守三拍子そろった選手」って具体的にはどんな選手なのか。走は盗塁王、攻は首位打者(打率1位)、守はゴールデングラブ賞を獲得できるような選手だとします。

じゃあ、盗塁王になるためにはどれくらいの走力が必要なのか? 首位打者になるためにはどれくらいの打撃力が必要なのか、ゴールデングラブ賞を取れるような選手になるためにはどれくらいの守備力が必要なのか、と考えていく必要があります。

それである程度、条件が出揃ったら、次は、その夢に到達するまでのステップを明確にしていきます。ステップを明確にしていく中で、夢を達成するまでの期限も明確に出てくると思います、

今の現在地は、小学生ですから「小学」「中学」「高校」「大学」「プロ」というステップを踏んでいくはずです。それぞれの期間で成し遂げていくべき目標というのが出てきます。

このステップを踏んでいけば、自分が目指している夢に到達するだろうなという道筋を明確にするということですね。

例えば、ここで漠然と何も考えずに、地元の中学、高校に上がっても、プロ野球選手になんてなれないわけですよ。プロ野球選手になるためには、高校で甲子園に出るような強豪校であればあるほど、スカウトの目に止まるわけですから。

学校選びも戦略的にいく必要があります。

で、このステップを考える時に重要なのが、自分の今の頭だけで考えないということです。

というのも、今の自分というのは、その夢に到達したことがないわけで、そんな自分が考えた方法というのは、間違っている可能性が高いわけです。

極端に言えば「地元の弱小高校でも、4番になれればプロになれる」と勘違いする場合もあるということですね。

じゃあ、どうすればいいのかというと、もう既に自分の夢に近いものを達成できている人が、どういう道筋を通って、実現したのかを知ることです。

できるのであれば、直接話を聞けるといいですね。無理であれば、本やネットで調べたり、直接会いに行ける機会に飛び込んでみたり、その分野に詳しい人に話を聞いたりする必要があります。

じゃあ、ある程度、具体的にどういうステップを踏んでいけばいいのかということが見えてきます。

例えば、どういう中学校に進んだらいいのか、どういう高校に進んだらいいのか、ドラフトにかかるためにはどうすればいいのかという、節目節目の重要なステップが見えてくれば、OKです。

今の時点で、全てのステップを明確にすることはできません。今の時点は、はるか高い階段の上にある目標を下から眺めているようなものなので、実際に階段を上がっていくことで、見えてくる景色がどんどん変わっていきます。

景色が変わった時に、細かいことは決めればいいんです。

2-2-2.短期目標設定の仕方

では、続いては、短期目標設定の仕方ですね。

これは長期目標設定の際に明確にしたステップの中でも、今、現在、一番自分の近くにあるステップを達成するための目標設定です。

例えば、先ほどの例で言うと「県内屈指の強豪校の◯◯中学校に入学して、レギュラーで活躍すること」というような目標かもしれませんね。

ここでも「分解」を使って、「レギュラーで活躍できる実力って、どれくらいのものなのか?」というのを明確にしておいた方がいいですね。

走力で言えば、どれくらいの足の速さを持てば、全国クラスの選手なのか、打撃についても何キロくらいの球を打ち返せればいいのか、守備についてもどれくらいの肩の力やキャッチングの力がいるのか。

さらにそういう実力をつけるには、今の自分には、どういう練習が必要なのか、どういう食事が必要なのか、どういうメンタルが必要なのかということも明確にしていくといいです。

これも長期目標の設定の仕方と同様に期限も明確にしておきましょう。

2-2-3.年間目標・月間目標・週間目標の設定の仕方

そして、次に年間目標と月間目標と週間目標の設定の仕方ですね。

短期目標にも期限があります。1年とか2年とか。

結局、これを達成できるのかということは、今年何をやるべきなのか、今月、何を自分はやるべきなのか、今週、何を自分はやるべきなのかということを明確にしているかどうかで決まります。

例えば、漠然と「1年の内に、英検2級を取るのが短期目標の一つ」と思っていても、何もしなければ取れるようなれるわけは無いんですよ。

だから、自分は、今年は何をやるべきなのか、毎月何をやるべきなのか、毎週何をやるべきなのかを明確にしていく必要があります。

まずは、その年の年間目標を設定します。これはもちろん、短期目標の期限から逆算して、その年に達成すべき目標リストを出すということです。これも同様に分解ですね。

ここでも実際に短期目標と自分の距離を測るために、英検2級の問題集を買って、テストしてみるといいですよ。そうすると、今の自分に足りないところが明確になるので。

そして、今の自分に足りないところが、目標リストになるわけです。

もちろん、目標リストをピックアップするだけではなくて、具体的にどうやっていけば、それを達成できるのかも考える必要があります。

例えば、「英語のリスニングのパートで、合格点の基準まで取れるようになる」ためには、どんな勉強法をすれば、そこにたどり着けるのかを考えるということですね。

これも長期目標と同様に、もう既に、自分の短期目標似た目標を達成している人に、勉強法を聞くのが一番です。自分の頭だけで考えると、必ず、どこか間違った勉強法になる可能性が高いので。

そして、それが明確になったら、今月は何をやるべきなのかが明確になります。これも目標リストとして、箇条書きでもいいので、書いてみるといいでしょう。

僕は今月の目標を設定するときは、月末にしています。

そして、今月の目標が決まると、その今月の目標を達成するために、今週何をするべきなのかが明確になっていきます。これも、週の終わりの日曜日などに設定するといいでしょう。

2-3.ルーティーン目標の設定の仕方

「今週は何をやるべきか」まで見えてくると、確実に今日何をすべきなのかということが見えてきます。

あとは、それを日々こなしていくだけなんですが、まぁ、ここまで分解して、「あとはやるだけ」と言われても、なかなか人間はやれないもんです。

1ヶ月間、1度も前日に自分が決めた行動目標を欠かさず、達成できる人なんて、99%いないですよ。100人に1人いるかいないかでしょう。

ここの日々の目標をきっちり達成していくことこそが、自分の夢に通ずるんですから、やればいいんですが、モチベーションが続かなかったりなどの原因で、行動できなかったりします。

その日々、自分が決めた行動目標を確実に達成していくために、ルーティーンというのがあります。

ルーティーンを活用すれば、自分が毎日決めた行動目標くらいは楽勝でクリアできるくらいの自分に生まれ変わることができます。

もし、目標設定をここまで細かくしても、行動できないという人はルーティーンを活用してみてください。

ルーティーンについては「ルーティーンとは|自分を変えたいならルーティーンワークを構築しよう」という記事で詳しく解説しているので、ぜひ、ご覧ください。

まとめ

では、最後にまとめをしておきたいと思います。

まずは、目標設定というのは、自分が叶えたい夢への道筋(プロセス)を明確にすることになります。

目標設定の種類としては、大きく分けて、プロセスの目標設定(長期目標、短期目標、年間目標、月間目標、週間目標)と、ルーティーンの目標設定の2つがあります。

目標設定の基本的な考え方は「分解」です。

目標設定をする際に、まずやるべきなのは、長期目標の設定です。長期目標の設定というのは、具体的に夢を実現したという条件を明確にし、それを実現するための節目節目の重要なステップを明らかにするというものです。

そして、次にやるべきなのは、短期目標の設定です。短期目標の設定というのは、長期目標で設定したステップの中でも、一番、今の自分の現在地に近いものを実現するための条件と、ステップを明らかにするというものです。

短期目標が決まったら、次に年間目標・月間目標・週間目標の設定をしていきます。これは短期目標から、今年何をするべきなのか、今月何をするべきなのか、今週何をするべきなのかということを明確にすることです。

分解をしていく際のポイントとしては、もう既にその目標設定(近いもの)を達成している人が、どうやってそれを実現して行ったのかを聞くことがポイントになります。自分の頭だけで考えると、間違えが起こりやすいので。

で、ここまで分解できれば、日々、自分がやるべきことというのが明確になっていきます。

でも、毎日、自分が決めたことすら、達成できないのが人間です。100人いたら99人はそうです。1日も欠かさずに、1ヶ月続く人は、まぁ、いない。

日々、自分がやるべきことを確実にこなしていくために活用するべきなのが、ルーティーン目標です。このルーティーンを活用していくと、自分がやると決めたことは呼吸するかのように楽勝で、できるようになっていきます。

このルーティーンについては、「ルーティーンとは|自分を変えたいならルーティーンワークを構築しよう」という記事で詳しく解説しているので、ぜひ、ご覧ください。

では、今回は、以上になります!お疲れ様でした^^

数十時間の集客が学べる動画を無料プレゼント!

今まで僕が積み重ねてきたブランド構築とWeb集客のノウハウを数十時間収録した動画を無料でプレゼントしています。是非あなたのビジネスにお役立てください。

いつ削除するかわからないので、興味がある方は、今のうちにゲットしてくださいね


コミュニティ集客クラブの詳細を見る

hp-banner

SNSでもご購読できます

The following two tabs change content below.
中江 翔吾
名前:中江翔吾。職業:デザイナー&Web集客コンサルタント。一流のデザイナーからグラフィックデザインを学び、フリーランスのデザイナーとして活動を開始。その後、インターネットマーケティングを学び、独自のネット集客の仕組みを構築。現在は、デザインとネットマーケティングの視点から「コミュニティ集客術」を提唱し、個人を始め中小規模のビジネスモデルを運営している人たちに集客の仕組み作りを提供している。
By 中江 翔吾 マインドセット Share:

One thought on “目標設定理論|確実に達成できる目標設定の仕方を例と一緒に解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール
wp-side-pf

中江 翔吾 / Shogo Nakae
グラフィックデザイナー / Webデザイナー / コンサルタント
1991年3月生まれ。大阪府出身。

はじめまして!ブランドクリエイターの中江翔吾と申します。

「CREATE A BRAND」をコンセプトに、ブランド構築や集客を起こしていくためのデザイン制作(Web、グラフィック)とコンサルティングを提供しています。

このブログでは、Webマーケティングのことを基軸に、ブランド論やマインドセット、雑多なビジネスコラムなんかを配信していきます。

僕に興味を持っていただけた方は、TwitterやFacebookページをぜひフォローしてくださいね。

>>詳しいプロフィールはこちら<<

Twitter でフォロー