2017年1月31日

Jetpackの使い方・設定方法を総まとめ【2017年最新版】

どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回は「Jetpackの使い方・設定方法を総まとめ」というテーマでお話していきたいと思います。

WordPressを使って、ブログを運営していくのであれば、ぜひ導入しておきたいプラグインが「Jetpack」というプラグインです。

このプラグインは、とても機能が豊富なプラグインで、この一つを導入しておくだけで、アクセス解析、関連記事、ソーシャルメディアとの連携など、様々な機能を利用することができます。

Jetpackは、機能数だけでいうと、30種類以上もあって、どれをどう使えばいいのか、混乱するかもしれませんが、ぶっちゃけ頻繁に利用するのは、その中でも3つくらいです。

今回の記事で紹介しているJetpackの機能の使い方さえ覚えておけば、その他の全ての機能を把握する必要もないので、ぜひ、挑戦してみてください。

では、早速始めていきましょう!

1.Jetpackの設定方法

まずはJetpackをWordPressに導入する方法を見ていきたいと思います。

1-1.Jetpackのインストール方法

まずは、Jetpackを自分のWordPressにインストールしていきます。

まずは管理画面にログインして、左のサイドバーの「プラグイン」から「新規追加」へと進んで、右上の検索窓に「Jetpack」と入力してください。

そうすると、このような画面になるので、「今すぐインストール」をクリックします。

「今すぐインストール」をクリックすると、「有効化」というボタンが出て来るので、これをクリックします。

これでJetpackのインストールは完了です。

1-2.JetpackとWordPress.comの連携

そして、次にJetpackを利用していくには「WordPress.com」というアカウントとの連携が必要になるので、これの登録方法を見ていきたいと思います。

まずは「有効化」をクリックした後に出て来るこの画面で「WordPress.comと連携」というボタンをクリックします。

そうすると、このような画面が出て来るので、WordPress.comのアカウントをもう既にお持ちの方は、ユーザー名もしくはメールアドレス、そしてパスワードを入力してログインしてください。

まだ、WordPress.comのアカウントを持っていないという人は、「Register」というリンクがあるので、これをクリックします。

そうすると、このような画面が出て来るので、まず、一番上の枠にはメールアドレスを入力して、次の枠には半角英数で、ユーザー名とパスワード(こちらはどんなものでも大丈夫です)を入力していきます。

そして、入力したら「Sign Up and Connect Jetpack」をクリックします。

そうすると、このような画面になるので、「Approve」をクリックします。

そうすると、このようなプランを選択できる画面になるので、「Select Free」のところをクリックします。

そうすると、このような画面になるので、「このステップをスキップ」をクリックします。

これで、Jetpackを使う準備が完了しました。

2.Jetpackの使い方

では、続いてJetPackの使い方について見ていきたいと思います。

2-1.Jetpackで使う機能を有効化する

まずは、Jetpackで使うそれぞれの機能を有効化していきます。

最初に管理画面から「Jetpack」→「設定」→「Engagement」をクリックしてください。

そして、上から順に「サイト統計情報」「共有」「パブリサイズ」「関連投稿」「講読」「Gravatarホバーカード」を有効化しておきます(右横のボタンが水色になって入れば、有効になっています。クリックを押すと切り替わります)。

ただし、「共有」についてはこれはソーシャルメディアのボタンを記事に追加するだけなので、「WP Social Bookmarking Lightの設定と使い方をマスターしよう」で紹介した「WP Social Bookmarking Light」を導入して入れば、ここの項目は不要なので、有効化しなくて大丈夫です。

同様に「関連投稿」についてもこれは記事の最後に関連記事を表示させるだけなので、「WordPress Related Postsの使い方|WordPressで関連記事を表示するプラグイン」で紹介した「WordPress Related Posts」を導入して入れば、ここの項目は不要なので、有効化しなくても大丈夫です。

そして、次に上にある「Appearance」をクリックして、「追加サイドバーウィジェト」「ウィジェット表示管理」「カスタムCSS」を有効化しておきます。

「Photon」も便利な機能なんですが、テンプレートによっては不具合が出ることも多いので、有効化しなくて大丈夫です。

その他の「General」「Security」「Writing」に関しては、初期設定のままで大丈夫です。

2-2.Jetpackで使う機能

では、続いて、Jetpackの機能の使い方について見ていきたいと思います。

2-2-1.サイト統計情報

まず、何と言っても、一番使う機能は、サイト統計情報です。

このサイト統計情報というのは、簡単にいうと、WordPressの管理画面から確認できるアクセス解析のことです。

アクセス数を確認するには「Jetpack」→「サイト統計情報」をクリックします。

上部のタブを切り替えれば、「月間のアクセス数」「週間のアクセス数」「日間のアクセス数」も瞬時に把握することができる便利なツールです。

さらに下に進むと、それぞれの記事がどれだけアクセスを集めているのかということを確認できたり、どんなところを経由して、アクセスが集まっているのかも見ることができます。

2-2-2.共有ボタンの設定

さて続いて、共有ボタンの設定をしておきましょう。

ここは先ほども言ったように、ソーシャルメディアのボタンを記事に追加するだけなので、「WP Social Bookmarking Lightの設定と使い方をマスターしよう」で紹介した「WP Social Bookmarking Light」を導入して入れば、ここの項目は不要なので、飛ばしても大丈夫です。使う人だけ設定を進めてください。

まずは「設定」→「Engagement」と進んで、「共有設定を構成する」というリンクをクリックします。

そうすると、「共有ボタン」という箇所が出て来るので、ここで「Twitter」「Facebook」「Google+」「Pocket」というボタンを「有効化済みのサービス」の所に、「利用可能なサービス」からドラッグ(左クリック長押し)で持ってきます。

そして、ボタンのスタイルを「公式ボタン」に選びます。

そして、次に「Twitter サイトタグ」のところには、自分のツイッターのユーザー名(@…)を入力して、「変更を保存」をクリックします。

2-2-3.パブリサイズ

さて、続いては「パブリサイズ」という機能を見ていきたいと思います。

この機能は、WordPressでブログ記事を書いて、投稿すると、自動的に自分のSNSアカウントに更新情報が流れるという機能です。

もし、この機能を使いたいという場合は、「Jetpack」→「設定」→「Engagement」と進んで、「パブリサイズ」のとこから、「パブリサイズ設定を構成する」というリンクをクリックしてください。

そうすると、この画面になります。

ここで色んなSNSアカウントが出て来るんですが、実際に使うのは、Twitterだけです。Facebookは、ここで連携して自動投稿するよりも、ちゃんと改行など入れて、Facebookに最適化した文章を手動で投稿した方がいいです。

なので、Twitterのところで、Twitterのアカウントにログインした状態で「連携」をクリックします。

そうすると、「連携アプリを認証」というボタンが出てくるので、このボタンをクリックします。

自動的にこのページに切り替わるので、この表示が出てきたら、チェックを入れずに、OKを推しておきましょう。

これで、Twitterのところに自分のアカウントがこのように表示できて入れば、連携完了です。

そして、実際に「新規投稿」からブログ記事の編集画面に行くと、「パブリサイズ共有」というところが追加されて、「詳細を編集」をクリックします。

そうすると、このようにカスタムメッセージというエリアが開くので、ここでTwitterに投稿する文言を入力します。それで、「公開ボタン」を押すと、自動的にTwitterのタイムラインに更新情報を流すことができます。

ちなみに投稿のURLは自動的に挿入されるので、その前の文言だけ書けばOKです。

2-2-4.関連投稿

「関連投稿」については、記事の最後に関連記事をこのように表示させるだけなので、「WordPress Related Postsの使い方|WordPressで関連記事を表示するプラグイン」で紹介した「WordPress Related Posts」を導入して入れば、ここの項目は不要なので、設定しなくても大丈夫です。

それでも設定するという人は、「Jetpack」→「設定」→「Engagement」と進んで、そのページの真ん中にある「関連投稿」のエリアに進んでください。

関連記事の設定は、左の両方のチェックボックスにチェックを入れて、「設定を保存」をクリックします。

2-2-5.CSSの編集

そして、これは少し、難しい話になるかもしれませんが、CSSというプログラミング言語を多少わかる人であれば、Jetpackの機能で、簡単にCSSをサイトに、上書きで追加することができます。

使う人と、使わないという人、分かれるとと思うので使う人だけみてください。

CSSを上書きで編集するためには、「外観」→「CSS編集」と進みます。

そうすると、サイドバーのエリアに、CSSを追加することができるエリアが出てくるので、ここで追加したいCSSを入力して、保存ボタンをクリックします。

これでCSSを追加することができます。

2-2-6.Jetpack専用のウィジェット

では、最後にJetpack専用のウィジェットを見ていきます。

この機能は、特によく使うと思います。この機能を使えば、サイドバーにFacebookページやTwitterなどのSNSアカウントを表示できたり、人気記事のランキングも表示することができます。

まずは、「外観」→「ウィジェット」とに進んでいきましょう。

で、Jetpackを追加すると、様々なウィジェットが追加されるんですが、実際に使うのは、「Facebookページプラグイン」「Twitter タイムライン」「人気の投稿とページ」の3つです。

他は、特に使わないですし、使い方を覚える必要もありません。

まずは、この4つを左のエリアから、右のサイドバーのエリアにドラッグ&ドロップで移していきましょう。

 

まずは、Facebookページですね。サイドバーのエリアに移したら、Facebookページプラグインの右隣にある「▲」をクリックすると、詳細を編集できるので、まずはこちらを開きます。

そして、上から順に「タイトル」「FacebookページURL」「サイズ」を入力して、チェックボックスにチェックを入れて、保存をクリックします。

そうすると、サイドバーに、このようなFacebookページを表示させることができます。

では、続いてはTwitterの設定です。

これも同様にTwitterタイムラインの右隣にある「▲」をクリックすると、詳細を編集できるので、まずはこちらを開きます。

そして上から順に「タイトル」「高さ」「表示するツイート数」「ウィジェットタイプ」(これはプロフィールでいいです)「Twitterユーザー名」「リンクの色」「枠線の色」「タイムラインテーマ」(サイトが明るければライトテーマでOK)と、必要な項目を入力していってください。

そうすると、サイドバーのエリアにこのようなTwitterエリアを表示することができます。

そして、続いては「人気の投稿とページ」の設定ですね。

これも同様に人気の投稿とページの右隣にある「▲」をクリックすると、詳細を編集できるので、まずはこちらを開きます。

そうすると上から「タイトル」「表示する投稿の上限数」を入力して、表示するページの種類は「投稿」にチェックを入れて、表示形式は「画像リスト」にチェックを入れて、保存をクリックしてください。

これで人気記事を表示させることができます。

いかがでしたでしょうか?

Jetpackの使い方は以上になりますので、是非、導入して、使ってみてくださいね。

今回は以上になります!お疲れ様でした^^

無料のWeb集客動画講座
毎月10万人の見込み客が集まる自動集客システムの作り方


「安定した集客の仕組みを作りたい」「インターネット集客の方法を体系的に学びたい」「価格競争に巻き込まれないブランドを構築したい」と悩んでいませんか?

この無料のWeb集客講座は、僕自身が実際にWeb集客に取り組み
  • ブログ1記事だけで毎月見込み客を7000人以上集めた方法
  • メルマガを活用して価格競争に巻き込まれなくなり、良質なお客さんだけを集めた方法
  • 全国から仕事の受注が入り、仕事の依頼を3ヶ月待ちにした方法
など、本当に効果のあった、Web集客とブランド構築のノウハウを動画コンテンツにして解説しています。

通信講座の登録はとても簡単。以下のボタンをクリックして、メールマガジンの登録を進めてください。

そうすると、すぐに1つ目の動画があなたのメールアドレスに届けられます。

ぜひ、この通信講座をあなたのビジネスにお役立てください。

コミュニティ集客クラブの詳細を見る

hp-banner

SNSでもご購読できます

The following two tabs change content below.
中江 翔吾
名前:中江翔吾。職業:ブランドクリエイター(デザイナー&コンサルタント)一流のデザイナーからグラフィックデザインを学び、フリーランスのデザイナーとして活動を開始。その後、インターネットマーケティングの力を活用し、安定した集客の仕組みと、ブランドを構築。営業は全くせずに仕事の依頼が常に2~3ヶ月待ち。現在は「CREATE A BRAND」をコンセプトに、デザインとマーケティングの力を使って、個人・企業の規模を問わずに、ブランド構築のサポートを提供している。
By 中江 翔吾 WordPressプラグイン Share:

One thought on “Jetpackの使い方・設定方法を総まとめ【2017年最新版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール
wp-side-pf

中江 翔吾 / Shogo Nakae
グラフィックデザイナー / Webデザイナー / コンサルタント
1991年3月生まれ。大阪府出身。

はじめまして!ブランドクリエイターの中江翔吾と申します。

「CREATE A BRAND」をコンセプトに、ブランド構築や集客を起こしていくためのデザイン制作(Web、グラフィック)とコンサルティングを提供しています。

このブログでは、Webマーケティングのことを基軸に、ブランド論やマインドセット、雑多なビジネスコラムなんかを配信していきます。

僕に興味を持っていただけた方は、TwitterやFacebookページをぜひフォローしてくださいね。

>>詳しいプロフィールはこちら<<

Twitter でフォロー
最近の投稿
WordPressのフッターの編集方法の基本を覚えよう
WordPressのフッターの編集方法の基本を覚えよう
WebコンテンツとはWebコンテンツ作成の3ステップ
WebコンテンツとはWebコンテンツ作成の3ステップ
自分のやりたいことが見つからない時の対処法を日本神話から解説
自分のやりたいことが見つからない時の対処法を日本神話から解説
WordPressのグローバルメニューを設定する方法
WordPressのグローバルメニューを設定する方法
起業するには?起業で失敗しないための3つの方法
起業するには?起業で失敗しないための3つの方法
オウンドメディアのデザイン戦略|オウンドメディアの参考サイトも総まとめ
オウンドメディアのデザイン戦略|オウンドメディアの参考サイトも総まとめ
ブルーオーシャン戦略とは|ブルーオーシャン戦略の事例と実践法を解説
ブルーオーシャン戦略とは|ブルーオーシャン戦略の事例と実践法を解説
モチベーションをアップさせる方法|高いレベルの行動を継続するには?
モチベーションをアップさせる方法|高いレベルの行動を継続するには?
ステップメールとは?売上に繋がるステップメールの書き方
ステップメールとは?売上に繋がるステップメールの書き方
マーケットインとプロダクトアウトとは?両者の違いを分かりやすく解説
マーケットインとプロダクトアウトとは?両者の違いを分かりやすく解説
人気記事ランキング
一瞬で人を惹き付けるブランドコンセプトの作り方と例
一瞬で人を惹き付けるブランドコンセプトの作り方と例
差別化の意味とは|差別化戦略の方法と具体例を一挙紹介
差別化の意味とは|差別化戦略の方法と具体例を一挙紹介
ダイレクトレスポンスマーケティング|DRMの方法と事例
ダイレクトレスポンスマーケティング|DRMの方法と事例
SEO対策とは-SEO対策の基本を理解しよう
SEO対策とは-SEO対策の基本を理解しよう
WordPressの見出しデザインを自由にカスタマイズする方法
WordPressの見出しデザインを自由にカスタマイズする方法
ブランディングの本当の意味とは|ブランディングの手法と成功事例
ブランディングの本当の意味とは|ブランディングの手法と成功事例
SEO対策に効果的なサイト・ブログタイトルの付け方
SEO対策に効果的なサイト・ブログタイトルの付け方
ビジネスに繋がる面白いブログ記事の書き方のコツとは
ビジネスに繋がる面白いブログ記事の書き方のコツとは
ステップメールとは?売上に繋がるステップメールの書き方
ステップメールとは?売上に繋がるステップメールの書き方
ストーリーテリング実践法|ストーリーをビジネスで活かす方法
ストーリーテリング実践法|ストーリーをビジネスで活かす方法