2016年5月25日

最強のメルマガテンプレート|成約率が高いメルマガの運営方法とは

どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回は「最強のメルマガテンプレート| 絶対に読みたくなるメルマガの作り方」というテーマでお話していきたいと思います。

恐らく、このページを見ているということは、既にメルマガを利用しているか、これからメルマガを自分のビジネスに活かしていこうという思いを持っていると思います。

LINE@が登場し出してから特にですが、「メルマガは時代遅れ」「開封率が悪すぎて、全く売上につながらない」というような話を多く聞きますが、はっきり言って、この捉え方は見当違いです。

「成約(集客)を生む」ということに関して、メルマガの右に出るものはないと言っても過言じゃないのです。

更に言うと、自動的に関係性を構築し、ブランドを築いて、成約を生んでくれる力がメルマガにはあります。それくらいのポテンシャルを持ったメディアなのです。

というのも、メルマガの特性を考えてもらえると分かるんですが、これほどちゃんと読んでくれるメディアはない(一度登録すると、情報発信をする度に個別でメッセージを届けてくれる)ですし、何よりもステップメールという機能を使えば、関係性構築からセールスまでの流れを自動化することができます(「ステップメールとは?売上に繋がるステップメールの書き方」を参考に)。

最近、オウンドメディやコンテンツSEOが流行っていて、まさにブログブームで、これはこれで良いことなんですが、メルマガを効果的に利用していないブログが結構あります。

正直、もったいないなあと思います。特にブログにアクセスが少ない時こそ、せっかくブログを見に来てくれた人と関係性を構築して、信頼を獲得していく仕組みを築かないと、なかなか成約は生まれません。

はっきり言って、ブログやサイトのページだけを見せて成約させるという時代は終わっています。というか、そのページだけを見せて、信頼を獲得し、何か商品を成約させるのは、なかなか至難の技だと思います。

特に、中身がよく分からない(教育が必要な)、無形の商品・サービスを販売している場合は特にそうです。ホームページ、コンサルティング、講座…etc

こういうものは、具体的にこの商品・サービスが何なのかを説明していかないといけないので、サイトのページだけで成約するのは難しいのです(逆にいうと、紅茶や雑貨やアクセサリーや洋服などの有形の商品・サービスは、それほど何かを説明しなくても中身が分かるので、サイトのページだけでも成約する可能性はあります)。

僕はホームページ制作を販売していますが、お客さんのほとんどは僕のメルマガを読んで依頼をくれます。

そして、そういった方は僕の情報発信を確実に受け取ってくれ、僕の理念や価値観に共感してくれてるので、良いお客さんが多いんです(クレームがなく、共同作業も一生懸命頑張ってくれる)。

今回は、関係性構築から成約を生むためのメルマガをいかにして構築すればいいのかということをメインテーマに話していきます。

メルマガは巷に出回ってる、文章テンプレートやデザインのテンプレートだけを真似て使ったとしても開封率も上がりませんし、成約も伸びません。

それよりも、もう一度、メルマガの特性や運営方法を捉え直した上で、そういったものを利用していく方がよっぽど効果的です。今回、話したいのはそこですね。

まさに、効果が出る、メルマガ運営のテンプレートですね。最後には、運営方法だけでなく、メルマガの装飾のテンプレートもご紹介しようと思います。

では、早速始めていきましょう!

今ならメルマガ登録でWeb集客の動画講義を無料プレゼント中!

1.ブランドを構築するためのメルマガ概論

インターネットメディア(ブログ・SNS・メルマガ・広告)は、色んな種類のものがありますが、それぞれによって強みや特性が違います。

僕はインターネットメディアを、集客メディアとコミュニティーメディアという2つに分けて捉えています。

集客メディアとは、まだ自分のことを知らない人と接点を持つためのメディア(ブログ・SNS・広告)で、コミュニティーメディアは、接点を持った人とより関係性を深めていくためのメディア(メルマガ)です。

つまり、メルマガを強化していけば、ブログやSNSや広告から流入してきた人とより関係性を深めることができて、信頼を獲得できて、成約が生まれやすくなるんですね。

1-1.紙袋の青年

僕がメルマガを本格的に始めようと思ったのはある方との出会いからでした。

その当時の僕は、デザイナーとして活動を開始したばかりの大学生で、リアルで集客することにうんざりし(稼ぐためにクレームの多い仕事を安く受けまくっていたので)、ネットで集客する方法を模索していました。

そんな時に見つけたのが、とあるコンサルタントの方のブログでした。その人は、僕の3つ上で、当時は25 歳(今だと28歳かな?)で、大学院を中退して、起業した方でした。

そのブログを見てまず驚いたのが、プロフィール写真が紙袋なんです。笑

mig

そして、名前も本名ではなく、お菓子みたいな名前のペンネーム。でも、実績は本物で、インターネットから月収4000万円を稼いでいたみたいでした。

明らかに胡散臭く、内心では「ありえねー」と思いながら、メルマガに登録してみました。

1通目に届いたメルマガの衝撃は今でも覚えています。めちゃくちゃ面白く、めちゃくちゃ勉強になるメルマガでした。

今思うと、この時にメルマガの概念が僕の中で書き換わりました。その時は、この人以外のメルマガも多く取っていたんが、ほとんどが商品の宣伝、もしくは内容がめちゃくちゃつまらないメルマガでした。

だから、基本的に読みませんでした。

でも逆に、この人のメルマガは、「早くメルマガ来ないかなあ〜」と毎日が待ち遠しかったのを今でも覚えています。この人のプロフィール写真が紙袋だとか、ペンネームだとかどうでもよくなってました。笑

もちろん、メルマガなので、セールスはありますが、もうセールスの時までに信頼関係が構築されてしまっていたので、思わず、紹介された商品を買ってしまいました。

その時「あ、僕が目指すべき、ネット集客の方向性はこれだ!」と感じました。

1-1.USPからMSPの時代へ

ビジネスを学び出した人なら必ず出会う概念として「USP」(Unique Selling Proposition)というものがあります。

USPとは、簡単にいえば、「独自のウリ」のことで、商品でいうと、機能、コンセプト、デザインというような概念が当てはまります。

で、よく「ビジネスを始まるなら、USPを作りましょう!」ということが声高に叫ばれます。

というのも、今の時代は選択肢過剰の時代だからです。

カメラを選ぶにしても、無数に選択肢はありますし、デザイナーを選ぶにしても、無数に選択肢はありますし、カフェを選ぶにしても、無数に選択肢があります。

「他と同じ」であっては選ばれるわけはありませんし、同じように見えるのであれば、価格競争に巻き込まれていきます。だからこそ、「独自の強み」を作りましょうというわけです。

そりゃあ、そうだなと思う反面、USPを突き詰めるだけでは限界があるなとも思います。

というのも、「独自のウリ」(機能、コンセプト、デザイン)なんてものは、後出しジャンケンで、いくらでもパクることができるからです。

例えば、パスタ屋さんをやっていて、練りに練って研究して、作り上げためちゃくちゃ美味しいカルボナーラがあったとします。

最初は、評判を呼んで、お客さんも集まると思います。でも、その料理は、ライバル店の店員が忍び込んで、「あ〜なるほど、こういう味付けにすればいいのか」と、料理の秘密をパクることもできるかもしれません。

じゃあ、そのパクったお店は、美味しいカルボナーラを作ることができるでしょう。じゃあ、そこのお店より価格を少しだけ安くすれば、お客さんもそっちに流れていくかもしれません。

コンセプトやデザインも同様ですね。後出しジャンケンでいくらでもパクれます。これがUSPの限界ですね。

じゃあ、一体、どうすればいいのか?時代は、USPからMSPを極めていく方向へと流れていってます。

MSPとは「Me Selling Proposition」のことで、USPに「Me」つまり、「自分」という概念が入ったものです。

一体、どういうことなのかというと、自分というキャラクター、理念や志、思い、歩んできたストーリーなどがこれに当てはまります。少し、分かりにくいと思うので、具体例を説明していきますね。

僕には、家の近所に、お気に入りのそばがき屋さん(そば粉を使った料理)があります。僕は蕎麦が好きで、近所には何軒か美味しいお蕎麦屋さんがあるんですが、どうしてもこのお店に行きます。

もちろん、このお店も料理はめちゃくちゃ美味しく、空間も素敵なんですが、僕は何よりもここの店主さんのことが好きだから通ってるんです。

店内はカウンターがメインになっていて、気軽に店主の人と喋ることができる空間になっていて、会話をしていると、その店主さんの人柄や、料理に対するこだわり、価値観や情熱などがよく分かります。

こういう理由で選んでもらうのって、ビジネスとしては最強ですよ。

だって、「自分」という存在は替えが効かない(=真似できない)からです。料理は真似できるかもしれません、店内の空間は真似できるかもしれません。でも、店主さんは真似できないんです。

だから、近所にいくら美味しいそばがき屋さんができたとしても、僕はこの店に通い続けるでしょう。これがブランドになるってことですね。

1-2.良質なお客さんだけを集める自動集客システム

で、話をメルマガに戻すと、メルマガを効果的に使えば、こういう状態を自動化して構築できるってことです。

つまり、読まれるメルマガを作っていくことで、自分の理念や価値観を伝えて、「この人・会社・お店だから商品を買いたい」という状態を作ることができます。

こういう状態になれば、機能や価格や実績などで比較されなくなります。もう、そんなもの関係なくなるんです。

実際に僕は、ブログを始めた頃、価格も納期も制作実績もサービス内容も提示していないのに、ホームページ制作の依頼がメルマガから入ってきました。

普通、あり得ないですよね?笑。制作実績や価格を提示していなければ、普通は買いようがないじゃないですか。でも、そんなことが起きるんです。

あの紙袋のコンサルタントの方は、こういう仕組みを既に、インターネット上で組み上げていたのでした。匿名で紙袋でも成約するんですから、あっぱれです。

僕にとっては替えのきかないブランドになっていました。

2.ビジネスに繋げるためのメルマガの運営方法とは

では、次にビジネスに繋げるためのメルマガの運営方法についてお話していきたいと思います。

2-1.なぜ、多くのメルマガはビジネスに繋がらないのか

先ほども言ったように、メルマガというのは、ちゃんと自分の情報発信を受け取ってもらって、理念・価値観に共感してもらった上で、成約に結びつけることに適した媒体です。

そして、成約(集客)が生まれる流れとしては、以下の3ステップを踏みます。

  1. 興味を持ってもらって、メルマガを読んでもらう
  2. 信頼してもらう(理念・価値観に共感してもらう)
  3. 商品・サービスの案内をする

そもそも、成約に結びつけるためには、当たり前ですが、信頼関係が構築できていなければ、何かセールスをしたとしても、商品が売れるわけがありません。

なぜ、多くのメルマガがビジネスに繋がらないのかというと、この信頼関係の構築というステップを完全に無視して、自分が売り込みたいように、心理的に煽りまくって、商品を宣伝してるからです。

メルマガに登録してくれる人というのは、あなたのことを何も知らないですし、興味本位で登録した場合が多いのです。そんな初対面みたいな状態なのに「商品買って買って!」と言っても、うざがられるだけです。

いかに信頼を積み上げられるのか。これがメルマガ運営の重要のポイントです。信頼関係さえ構築していれば、後は、誠実に商品の案内をすれば、成約は確実に生まれます。

ちゃんと信頼関係さえ構築していれば、セールスページで煽ったコピーライティングなんか使わずとも、売っていくことができます。

そして、信頼関係を構築するためには、まず、興味を持ってメルマガを読んでもらうというステップを踏む必要があります。

登録してもらった人に、メルマガを通じて発信されるあなたのメッセージを興味を持って読んでくれるからこそ、理念や価値観への共感が生まれて、信頼関係を構築でき、ブランドを築いていくことができるのです。

2-2.メルマガの開封率が悪い本当の理由

じゃあ、まずはメルマガをちゃんと開封してもらって、読んでもらうという必要があるんですが、多くの人はメルマガの開封率が悪いと悩んでいるわけです。

その開封率を上げるために、巷には色んなテクニックが出回っています。

例えば、「タイトルに心理的に煽るキーワードを入れて興味を掻き立てるタイトルを作りましょう」とか「配信時間は、この時間帯がいいですよ」とか。

でも、僕はこんなことをしても、長期的には意味がないと思っています。というのも、メルマガの開封率が悪いのは、単純にタイトルや配信時間の問題じゃないからです。

だって、メルマガの開封率が悪いのは、単純にそのメルマガがつまらないから(=読む価値がない)です。

色んな人のメルマガを取ってる人は思い出してもらいたいのですが、取ってるけど読まないメルマガってあると思います。

例えば、宣伝ばかりのメルマガや、内容が超つまらないメルマガ。こういったメルマガが、たとえ心理的に煽るようなタイトルを、毎回つけていたからといって読みたくなりますかね?という話です。

恐らく、最初は開封しても、2回目は今まで通り読まないと思います。

配信時間にしてもそうです。本当に面白くて、「読みたい!」と積極的に思えるメルマガなら、配信時間なんてあまり関係なくなります。

そういうメルマガを目指していくべきですね。

2-2.ターゲットの興味性にフォーカスする

じゃあ、メルマガの最初の壁として立ちはだかる、「興味を持って読んでもらう」というステップを踏むためには、どういうメルマガを書いていけばいいのかを話していきたいと思います。

メルマガの配信内容は超重要です。何でも書けばいいというわけではありません。

まず、メルマガの配信内容で重要なのは「ターゲットの興味性にフォーカスする」ということです。

恐らく、メルマガを配信するということは、最終的に案内したい商品・サービスがあると思います。そして、そういった商品・サービスには、ターゲットとしているお客さんがいると思います。

「メルマガは信頼関係を構築しないと、成約しませんよ」と言いましたが、ここで信頼関係を構築する相手は、自分のビジネスが理想とするお客さんです。

まずは、メルマガを配信する前に、この部分を明確にしておく必要があります。いわゆるターゲティングですね。(詳しくは『ターゲティング-明確にお客さんを決めて売上を上げる方法』を参照してください)

つまり、「こういう人にお客さんになってもらいたい」という人と信頼関係をできるようにすることを目的とします。

例えば、英語のオンラインスクールを開いているとして、メルマガを配信するのであれば、「経済的に余裕があり、明確な英語学習の目的を持ち、精神的に自立していて、学習意欲旺盛な人」をお客さんにしたいとします。

そう決めたんだったら、それ以外の人と信頼関係をする必要はありません。例えば、「何でもおんぶに抱っこの依存的な精神を持っていて、クレーマー体質で、英語を趣味でやりたい人」なんかそうですね。

情報発信というのは一定の方向性を持たせない限り、響くものにはなりません。全員に好かれて、信頼関係を構築することなんて不可能です。

逆に最初にこういう風にターゲットを決めておけば、自分が理想とするお客さんにメッセージを響かせることができて、そういう人たちだけがお客さんになってくれます。

そして、ターゲットを決めたら、後はその人たちが興味のある話題を配信していきましょう。

その人たちが、どんな話題に興味があって、どういう意図を持ってメルマガを読んでくれて、どんなメルマガだったら継続的に読んでくれるのかということをざっくりと考えてみるといいと思います。

重要なのは、視点をそういうターゲットとしている人の目線に降ろすことです。自分が発信したいことを発信するのではないんです。(特にメルマガに登録して、日が浅いときは)

メルマガで何を書いていくべきか、詳しく知りたい人いう人は『反応率と売上を劇的に上げるメルマガの書き方』も併せてご覧ください。

2-3.与えて与えて与えまくる

「えっ、でも、興味のありそうな話題を書いてるんだけど、反応が悪い」という人もいると思います。

それは、単純に書いてるメルマガのコンテンツのレベルが低いからだと思います。いくら興味ある話題をメルマガで書いていたとしても、その書いている内容がしょうもなければ、続いて読んでくれるわけがありません。

例えば、ダイエットサプリメントを最終的に案内したいとして、そこで配信される内容が「今日は腕立て伏せを10回やりましょう。毎日の継続が重要ですよ!(終わり)」というだけの内容だったら、読む気しないじゃないですか。笑

まぁ、この辺が、ブログとメルマガの違いでもあります。

ブログであれば、ある程度、検索キーワードを意識して、それなりの記事を書けば、アクセスはある程度集まります。SNSのフォロワーが多ければなおさらです。

でも、メルマガは違います。結構、残酷です。「読む価値がない」と判断されてしまえば、もう読んでくれません。

だからこそ、情報発信のレベルを上げて、濃厚なメルマガ記事を書いていく力を付けていく必要があります

どうやって、情報発信のレベルを上げていけばいいのかということは、『ユニークな情報発信力を手にいれるためにやるべき3つのこと』という記事で書いているので、そちらをご覧ください。

また、文章が苦手な人は、動画や音声を配布するというのも一つの手です。

よくメルマガを登録する際のプレゼントとして、動画や音声をプレゼントするというパターンがあるんですが、それは、非常に有効です。

というのも、動画や音声であれば、あなたの人間性や雰囲気や、実力などが如実に伝わるので、響く人には一気に関係性を構築することができるからです。

逆に、合わないと感じた人はすぐにメルマガを解除してくれるので、とても便利ですね。

とにかく、成約を生み出したいのであれば、ターゲットの人が価値を感じてくれる情報発信をしていきましょう。与えて与えて、与えまくっていれば、自然と信頼関係は構築でき、案内をするだけで成約は生まれます。

2-4.ステップメールによる自動化

そして、メルマガをやるなら、ステップメールの機能もぜひ使っていきましょう。

ステップメールとは、簡単に言えば、いつどのタイミングで、誰が登録しても、自分が設定したシナリオ順にメールが配信されるというシステムです。

メルマガを定期配信だけしか利用していない人がいますが、非常にもったいない。

あらかじめ自分で、ブランドを構築できるシナリオを組んでおけば、自動化して、信頼関係を構築してくれて、セールスまでやってくれちゃいます。

何人メルマガに登録してもらおうが、メルマガを書く労力は変わらないので、便利ですよね。

ステップメールは、僕がオススメしているエキスパートメールというメルマガの配信スタンドでも利用できるので、ステップメールの機能がないというひとは、ぜひ使ってみてくださいね。

ステップメールについて詳しく知りたい人は「ステップメールとは?売上に繋がるステップメールの書き方」を参考にしてみてください。

3.メルマガのデザイン(装飾)テンプレート

では、最後にメルマガをのデザインテンプレートをご紹介していきたいと思います。これはメルマガのデザインを整えるために使える素材を紹介するという項目です。

テクニック的なことですが、メルマガもデザインにこだわっていくことで、個性を出していくことが可能です。

3-1.メルマガのデザイン構成とは

まず、メルマガの構成について見ていきたいと思います。メルマガの構成とは、基本的には以下の3つの項目で成り立っています。

  1. ヘッダー:見開きで表示される部分(タイトル)
  2. 本文:メルマガ記事の本編
  3. フッター:記事の最後(連絡先、サイト・SNSへの誘導など)

まず、ヘッダーですが、ここには装飾を使ってタイトルをいれておくといいですね。タイトルを記事の冒頭に入れることで、こういうテーマで話すということを意識付けすることができます。

例えば、僕のメルマガの第1回目のヘッダーは、このようにしています。

■□■―――――――――――――――――――――――――

コミュニティ集客クラブ

メール講座第1回 ビジネスの本当の意味とは

―――――――――――――――――――――――――■□■

実際に入れてみると分かるんですが、何も入れずに、そのまま本題に入るよりは、雰囲気が大分変わりますね。

そして、本文では、挨拶と今日のテーマを最初に書いた上で、本題に入っていくといいでしょう。本文のデザインで、意識したほうがいいのは、改行の仕方です。

改行を小刻みに入れていくと、読みやすくなり人間性を感じてもらえ、改行をあまりせずに長めの文章を書いていくというスタイルをとれば、論理的になります。

この改行の仕方は、どんな人を集めたいのかによります。例えば、「正しい理性的な判断ができる人」「論理的思考力が備わった人」に来てもらいたいんだったら、改行は長めでもいいと思います。

そして、最後にフッターですが、ここでは、連絡先や、自分の誘導したいページ(問い合わせ、サービスページ、SNSアカウント)へのリンクを貼っておくといいでしょう。

こんな感じですね。

=======================================================
【発行者】中江翔吾(ブランドクリエイター)

ホームページ:『ブランドクリエイター 中江翔吾-公式サイト』
⇒ http://nakaeshogo.com/ (WordPress)

アメーバブログ:『コミュニティ集客術』
⇒ http://ameblo.jp/design-for-marketing (アメブロ)

Facebook個人ページ
⇒ https://www.facebook.com/shogo.nakae

Twitterアカウント

⇒ https://twitter.com/shogo_creator

ご意見・ご質問・お問い合わせはこちらまで
⇒ https://ssl.form-mailer.jp/fms/c4adf079417671
=======================================================

3-2.メルマガのデザイン素材サイト

では、最後にメルマガのデザイン素材を提供しているサイトをいくつか紹介したいと思います。

今まで見てきたとおり、メルマガのデザイン要素は、テキストベースで、罫線だったり記号だったりの組み合わせです。

ただ、自分でこういった組み合わせを考えるのは面倒臭いと思うので、もう既にデザインを考えてくれているサイトを紹介します(コピペして、自分のメルマガに貼り付けましょう)。

ぜひ、自分のメルマガ運営に生かしてくださいね。

まとめ

では、最後に今日のまとめをしておきたいと思います。

メルマガというメディアは正しく運営していけば、情報発信をちゃんと受け取ってくれ、信頼関係を構築し、成約を生み出していくことができます。

メルマガであまり成果をあげれていない人は、タイトルのつけ方や配信時間や装飾といったテクニック的なことを改善していくよりも、メルマガの運営方法を見直す必要があります。

メルマガで成約を生み出していくためには、まずは、興味を持って読んでもらい、そして信頼関係を構築するというステップを踏まなければなりません。

そのためには、まず自分が情報発信を届けたい相手(=自分のビジネスが理想とするお客さん)を決めた上で、本当にそういった人たちが「読む価値がある」というコンテンツ(興味性にフォーカス)を配信していく必要があります。

成約を生み出すためのメルマガ運営での重要なポイントは「与えて与えて与えまくる」というマインドセットです。

価値のあるものを与え続けると、勝手に信頼関係は構築できて、商品を案内すれば売れるという状態を生み出すことができます。

また、ステップメールという機能を活用することで、この関係性構築から、セールスまでの流れを自動化させることができるので、これも利用していきましょう。

そして、メルマガの運営方法を理解したら、メルマガのデザインのテンプレート(=型)を整えておくといいでしょう。

メルマガの構成は、ヘッター、本文、フッターの3つで成り立っているので、そこで、紹介したサイトを参考にしながら、罫線と記号を組み合わせて、デザインを作ってから、配信していきましょう。

では、今回は以上になります!お疲れ様でした^^

無料のWeb集客動画講座
毎月10万人の見込み客が集まる自動集客システムの作り方


「安定した集客の仕組みを作りたい」「インターネット集客の方法を体系的に学びたい」「価格競争に巻き込まれないブランドを構築したい」と悩んでいませんか?

この無料のWeb集客講座は、僕自身が実際にWeb集客に取り組み
  • ブログ1記事だけで毎月見込み客を7000人以上集めた方法
  • メルマガを活用して価格競争に巻き込まれなくなり、良質なお客さんだけを集めた方法
  • 全国から仕事の受注が入り、仕事の依頼を3ヶ月待ちにした方法
など、本当に効果のあった、Web集客とブランド構築のノウハウを動画コンテンツにして解説しています。

通信講座の登録はとても簡単。以下のボタンをクリックして、メールマガジンの登録を進めてください。

そうすると、すぐに1つ目の動画があなたのメールアドレスに届けられます。

ぜひ、この通信講座をあなたのビジネスにお役立てください。

コミュニティ集客クラブの詳細を見る

hp-banner

SNSでもご購読できます

The following two tabs change content below.
中江 翔吾
名前:中江翔吾。職業:ブランドクリエイター(デザイナー&コンサルタント)一流のデザイナーからグラフィックデザインを学び、フリーランスのデザイナーとして活動を開始。その後、インターネットマーケティングの力を活用し、安定した集客の仕組みと、ブランドを構築。営業は全くせずに仕事の依頼が常に2~3ヶ月待ち。現在は「CREATE A BRAND」をコンセプトに、デザインとマーケティングの力を使って、個人・企業の規模を問わずに、ブランド構築のサポートを提供している。
By 中江 翔吾 メルマガ集客 Share:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール
wp-side-pf

中江 翔吾 / Shogo Nakae
グラフィックデザイナー / Webデザイナー / コンサルタント
1991年3月生まれ。大阪府出身。

はじめまして!ブランドクリエイターの中江翔吾と申します。

「CREATE A BRAND」をコンセプトに、ブランド構築や集客を起こしていくためのデザイン制作(Web、グラフィック)とコンサルティングを提供しています。

このブログでは、Webマーケティングのことを基軸に、ブランド論やマインドセット、雑多なビジネスコラムなんかを配信していきます。

僕に興味を持っていただけた方は、TwitterやFacebookページをぜひフォローしてくださいね。

>>詳しいプロフィールはこちら<<

Twitter でフォロー
最近の投稿
本物の集客力とは?集客力アップの秘訣と方法を総まとめ
本物の集客力とは?集客力アップの秘訣と方法を総まとめ
WordPressのフッターの編集方法の基本を覚えよう
WordPressのフッターの編集方法の基本を覚えよう
WebコンテンツとはWebコンテンツ作成の3ステップ
WebコンテンツとはWebコンテンツ作成の3ステップ
自分のやりたいことが見つからない時の対処法を日本神話から解説
自分のやりたいことが見つからない時の対処法を日本神話から解説
WordPressのグローバルメニューを設定する方法
WordPressのグローバルメニューを設定する方法
起業するには?起業で失敗しないための3つの方法
起業するには?起業で失敗しないための3つの方法
オウンドメディアのデザイン戦略|オウンドメディアの参考サイトも総まとめ
オウンドメディアのデザイン戦略|オウンドメディアの参考サイトも総まとめ
ブルーオーシャン戦略とは|ブルーオーシャン戦略の事例と実践法を解説
ブルーオーシャン戦略とは|ブルーオーシャン戦略の事例と実践法を解説
モチベーションをアップさせる方法|高いレベルの行動を継続するには?
モチベーションをアップさせる方法|高いレベルの行動を継続するには?
ステップメールとは?売上に繋がるステップメールの書き方
ステップメールとは?売上に繋がるステップメールの書き方
人気記事ランキング
一瞬で人を惹き付けるブランドコンセプトの作り方と例
一瞬で人を惹き付けるブランドコンセプトの作り方と例
差別化の意味とは|差別化戦略の方法と具体例を一挙紹介
差別化の意味とは|差別化戦略の方法と具体例を一挙紹介
ダイレクトレスポンスマーケティング|DRMの方法と事例
ダイレクトレスポンスマーケティング|DRMの方法と事例
SEO対策とは-SEO対策の基本を理解しよう
SEO対策とは-SEO対策の基本を理解しよう
WordPressの見出しデザインを自由にカスタマイズする方法
WordPressの見出しデザインを自由にカスタマイズする方法
ブランディングの本当の意味とは|ブランディングの手法と成功事例
ブランディングの本当の意味とは|ブランディングの手法と成功事例
SEO対策に効果的なサイト・ブログタイトルの付け方
SEO対策に効果的なサイト・ブログタイトルの付け方
ビジネスに繋がる面白いブログ記事の書き方のコツとは
ビジネスに繋がる面白いブログ記事の書き方のコツとは
ステップメールとは?売上に繋がるステップメールの書き方
ステップメールとは?売上に繋がるステップメールの書き方
ターゲティングとは|明確にお客さんを決めて売上を上げる方法
ターゲティングとは|明確にお客さんを決めて売上を上げる方法