HOME > Webマーケティング > SEO対策 > WordPressのパーマリンクの設定方法|SEOに有利なおすすめのパーマリンクも紹介

2018.10.25 更新 | SEO対策

WordPressのパーマリンクの設定方法|SEOに有利なおすすめのパーマリンクも紹介

WordPressのパーマリンクの設定方法|SEOに有利なおすすめのパーマリンクも紹介

この記事を書いた人

中江 翔吾

職業:デザイナー、コンサルタント。専門分野:ブランディング、Webマーケティング、グラフィックデザイン。一流のデザイナーからグラフィックデザインを学び、独立。その後、ブログとメルマガを活用し、安定した集客の仕組みを構築。相場よりも高い値段設定でも、仕事の依頼が常に半年待ちに。現在は「CREATE A BRAND」をコンセプトに、デザインとマーケティングの力を使って、個人・企業の規模を問わずに、ブランド構築のサポートを提供し、これまで累計数百社以上の相談に乗る。ブログのアクセス数は200万を超える。

どうも!ブランドクリエイターの中江です。

「WordPressのパーマリンクの設定方法を知りたい…」「どんなパーマリンクを設定すれば良いんだろう?」という方は多いんじゃないでしょうか?

パーマリンクというのは、簡単に言えば、各WebページのURLの一部のことです。

例えば、このページのURLは「https://nakaeshogo.com/permalink/ ‎」ですが、パーマリンクは「permalink/」ですね。

このパーマリンクは、WordPressを開設して、初期設定の段階で必ず設定しておくべき重要な項目です。

忘れていると、後で、かなり面倒なことにもなりかねないです。

ちなみに、WordPressのデフォルトで設定されているパーマリンクは変更した方が良いです。

その理由も含めて、今回の記事では

  • WordPressのオススメのパーマリンク
  • WordPressのパーマリンクの設定方法

について解説していきたいと思います。

では、早速始めていきましょう!

今ならメルマガ登録でWeb集客の動画講義を無料プレゼント中!

1.パーマリンクとは?

では、まずは、具体的なWordPressでのパーマリンクの設定方法に入る前に、パーマリンクとは何かについて解説していきたいと思います。

1-1.パーマリンクの意味

まず、パーマリンクの意味ですが、これは先ほども言ったように、

各Webページで設定される個別のURLの一部(トップドメイン以下)のことです。

例えば、「https://nakaeshogo.com/branding/」というWebページがあったら、「branding/」の部分がパーマリンクになります。

1-2.おすすめのパーマリンクについて

パーマリンクは、WordPressの初期設定の状態だと、

http://トップレベルドメイン/?p=記事番号

となっていますが、これはあまり理想的な形ではありません。

というのも、そのURLのことを見ただけで、ページ内容が分からないからです。

以下、Googleのパーマリンクに関する見解です。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

パーマリンクは、できるだけシンプルにし、かつページ内容が理解できるようにするべきなんですね。

URLを見るだけで内容が理解できるシンプルなものは、クリック率も上がりますし、Googleのクローラーにとっても非常に親切なものになります。

一般的には、以下の2つがおすすめのパーマリンクと言われています。

  • http://トップレベルドメイン/カテゴリー名/記事タイトル
  • http://トップレベルドメイン/記事タイトル

「http://トップレベルドメイン/カテゴリー名/記事タイトル」というのは、例えば「https://nakaeshogo.com/wordpress/permalink/ ‎」というようなパーマリンクですね。

そして、「http://トップレベルドメイン/記事タイトル」というのは、例えば「https://nakaeshogo.com/permalink/ ‎」というようなパーマリンクのことです。

どちらを使えば良いかですが、僕は下の「http://トップレベルドメイン/記事タイトル」をおすすめしています。

というのも「http://トップレベルドメイン/カテゴリー名/記事タイトル」だと、サイトの運営上、記事のカテゴリーを変更するときに、URLまで変わってしまうからです。

途中でURLが変わってしまうと

  • SEOの評価がリセットされる
  • SNSでのシェア回数がリセットされる
  • リダイレクト設定する必要がある

ということも起きてしまいます。

また、同じ理由で、サイトの運営途中でURLを変更することはあまり良くないので、できるだけ、運営開始の最初にパーマリンクの設定は済ませておきましょう。

なので、そうした影響がない「http://トップレベルドメイン/カテゴリー名/記事タイトル」を使った方が良いんですね。

そして、この「/記事タイトル」の注意点ですが、これは日本語ではなくて、英語です。

パーマリンクを日本語にしてしまうと、インターネットだと複雑な記号を割り当てられてしまいます。

例えば、「https://nakaeshogo.com/パーマリンク」は、SNSなどにシェアするときなどには、「https://nakaeshogo.com/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF」に変換されて、シェアされてしまいます。

これだと何のページかも判断できませんし、Webページを解析するGoogleのクローラー自体も何のページか分かりづらいので、微妙なんですね。

なので、そのページは簡潔に英語で表現するようにしましょう。

英語が思いつかない場合は、ページ内容を表すキーワードを考えて、「○○  英語」と検索すると良いですよ。

例えば、「お餅 英語」という風に検索すると、

「お餅 英語」の検索結果

このように簡潔な英語を提示してくれます。

その他の検索結果も英語の表現の仕方など参考にできるページが出てくると思うので、そこからチョイスします。

2.WordPressのパーマリンクの設定方法

では、続いてはWordPressのパーマリンクの設定方法について解説します。

まずは、WordPressの管理画面にログインして「設定」→「パーマリンク設定」と移ります。

パーマリンク設定

そうすると、この「パーマリンク設定」の画面にくると思います。

ここで「投稿名」にチェックを入れます。

投稿名を選択

これでパーマリンクの変更は完了になります。

たった、これだけの設定でできるので、ぜひ、やり方を覚えておいてくださいね。

では、今回は以上になります!お疲れ様でした!

[CTA]

[FB]

                       

全5回の無料Web集客講座

ブランドを構築するためのWeb集客術

「集客を安定させたい…」
「価格競争に巻き込まれない強固なブランドを作りたい…」 と悩んでいませんか?

この無料講座では、実際に僕自身やクライアント様が取り組み

・ブログ1記事だけで毎月見込み客を7000人以上集め続けた方法
・相場より高い値段でも、全国から仕事の受注が入り、依頼を3ヶ月待ちにした方法
・理念や価値観に共感した良質なお客さんだけを集めた方法

など、ネットを活用したブランディングや集客の方法を動画とメルマガを使ってお伝えしていきます。

登録は無料なので、ぜひ、興味がある方は、詳細ページをご覧ください。

                   

無料で講座を受け取る

カテゴリーからブログ記事を探す

SEARCH BY CATEGORY

最新の記事情報が取得できます
【ブランドを構築するためのWeb集客術】
「集客と価格競争の悩みから解放される」全3回のWEBセミナーが無料で届きます