2016年11月12日

ルーティーンとは|自分を変えたいならルーティーンワークを構築しよう

Pocket

どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回は「ルーティーンとは|自分を変えたいならルーティーンワークを構築しよう」というテーマで話していきたいと思います。

たぶん、このブログ記事を読んでくれている人の多くは、何か自分が達成したい目標があると思います。

そういった目標を達成するために一番重要なことは、その目標を達成するための手段(ノウハウ)を知ることと、その手段を実行に移す行動力(マインドセット)だと思います。

「ノウハウ」(目標を達成するための手段)と「マインドセット」(行動力)は両方必要で、どっちか片一方だけあっても、絶対にうまくいきません。

で、この中でも「ノウハウ」という部分は以外と簡単に手に入ります。自分が達成したいと考えている目標をもう既に実現している人に会いに行って、教えを請えばいいだけだからです。

これは特にインターネット内が普及した今となっては、特に難しいことではなくて、お金を払えば、基本的には解決することです。

で、一番問題なのは、「マインドセット」の部分です。自分が設定した目標を叶えることができないという人は、ここのマインドセットの部分が足りていません。

具体的に言うと、こういう人がどういうパターンに陥るのかというと、目標を立てたはいいけど、それに対して、行動しない。やる気のある日もあれば、やる気のない日もあって、やる気のない日は全く行動しない。

気がつくと、時間だけが経っていて、全然やれていない自分を責めて、もう一度、やろうとするけど、結局、中途半端にしか行動できなくて、また、自分を責めて…の繰り返しになります。

一方で、結果を出して上手くいく人のパターンというのは、ムラがありません。とにかく、毎日、一定量の行動を起こし続けます。

目標を立てて、今日も目標に一歩近づいた。そして、次の日も目標に一歩近づいた。また、次の日も目標に一歩近づいた。

これを継続的に続けることができるので、結果的に振り返ると、普通の人からするととんでもない行動量を起こしていて、それが自信に繋がり、自分自身の行動に対して、迷いがなくなり、どんどん進み続けることができます。

つまり、毎日、自分がどれだけ安定したパフォーマンスで、継続的に行動し続けることができるのかが、目標達成の鍵になります。

今日の本題である「ルーティーン」というのは、簡単に言えば、同じ時間、同じタイミングで、自分が決めた行動をすることなんですが、これは、この日々の安定したパフォーマンスに繋がります。

自分の中での「ルーティーン」を構築することで、「日々安定したパフォーマンスを発揮できる」成功体質の自分に生まれ変わることができます。

これはルーティーンを構築して、安定したパフォーマンスを発揮できるようになった人しかわからないんですが、モチベーションとかやる気とか気にならなくなります。どんな日であっても、ぶれずに行動できる自分になるんです。

今回は、そんなルーティーンについてお話していきたいと思います。では、早速始めていきましょう。

1.ルーティーンとは

まずは、具体的なルーティーンワークの構築についてお話するまえに、ルーティーンの意味や効果についてお話していきたいと思います。

1-1.ルーティーンの意味

まず、ルーティーンというのは、先ほど言ったように、同じ時間、同じタイミングで、自分が決めた行動をすることです。

例えば、僕には、毎朝4時半に起きて、5時30分まで、決まった回数・ペースで筋トレ、ランニングを行い、シャワーを浴びて、6時から2時間ブログを書き、9時まで1時間読書し、18時まで仕事をし、18時半に入浴し、今日の振り返りを行い、明日の計画を立てて、22時には就寝するというルーティーンがあります。

ざっくり言うと、こういうルーティーンなんですが、細かいところにもルールがあって、起床したら、すぐに音楽をかけたり、夜の入浴の際にその日の振り返りと、明日への計画を立てるなんてことまでやっています。

1-2.イチローのルーティーン

なぜ、自分のルーティーンを決めているのかというと、日々の安定したパフォーマンスを保つためです。

僕は、元々、継続するのが苦手で、何かを決意しても、3日と持ちませんでした。

決意しては、やらずに言い訳して、気持ちを新たに目標を立てて、決意してはやらずに言い訳して気持ちを新たに目標を立ててということを繰り返してきました。

だから、その当時の行動は中途半端で、その行動が何の成果にも結びつかず、ただただ時間が経っていくだけでした。

そんな時に見たのがメジャーリーガーのイチロー選手のドキュメンタリーでした。

イチロー選手といえば、日本でも7年連続首位打者、メジャーリーグでも、10年連続200本安打など、常に安定した成績を出し続ける野球選手です。40歳を超えても、肉体はほとんど衰えずに、安定した成績を継続的に残し続けているのが特長的な選手です。

一体なぜ、イチロー選手はこれほどまでに安定した成績を残すことができるのだろうと考えていた時に、見えてきたのが日々行っている準備でした。

ホームゲームの時は10時半に起床し、12時に食事(10年間はカレー)をとり、13時には家を出て、13時半に球場入り、マッサージ、ストレッチ、トレーニングを行ったのち16時半からのチーム練習に合流し、17時半にクラブハウスで軽い食事をとり、19時から試合。夕飯は帰宅後の23時半から、就寝は25時を超える。

その行動の一つ一つが一定のリズムで、自分のルールがあって、毎日継続させていました。

例えば、毎回、打席に立つ前に、一度、素振りを入れて、手首と足首を回し、屈伸をし、バットで左右の足を軽く叩き、投手の方向に向かってバットを立てるという独特の動作もその一つです。

これもイチロー選手は、毎打席、同じリズムで行っています。

1-3.ルーティーンの驚くべき効果

僕は、このイチロー選手の一連のルーティーンを見て、何かここに秘密があるんじゃないかと思って、自分の中で簡単なルーティーンを作ってみました。

最初、作ったものは、今やっているものよりもシンプルで、7時に起きて、1時間ブログを書くこと。その二つの行動だけでした。

普段は絶対に続かないんですが、毎日、継続することができて、それが自信に繋がりました。自信が出来てくると、毎日が楽しくなるので、自分の中のキャパシティー(行動できる量)も広がってくるので、更に改善と行動を加えるようになりました。

それが今の「毎朝4時半に起きて、5時30分まで、決まった回数・ペースで筋トレ、ランニングを行い、シャワーを浴びて、6時から2時間ブログを書き、9時まで1時間読書し、18時まで仕事をし、18時半に入浴し、今日の振り返りを行い、明日の計画を立てて、22時には就寝する」に繋がっています。

ルーティーンを決めると、自分が継続したいと思う行動を続けることができるようになるのはもちろんなんですが、何よりも、行動を続けることができている自分に自信を持てるようになり、どんどん毎日が楽しくなっていきます。

僕は、1日で行動できる量というのは、一人一人違うと思っています。目標に向かって、1日大量に行動できる人もいれば、1~2時間の人もいると思います。

でも、その1日の行動量というのは、今、少ないとしても、ルーティーンを継続していくことで、どんどん広げていくことができます。

1日に行動できる量が大きくなり、しかもそれを毎日継続して行えるなら、今の自分が1年後には大きく変わるのが目に見えて分かると思います。

ルーティーンを継続していくことで、どんどん行動できる、ぶれない自分ができてきます。

1-4.ルーティーンとは非意識を使うこと

僕は何かをやろうとする「意思の力」では、物事は継続させることができないと思っています。というか、僕がずっとそうだったんで。

何かをやろうとしても、行動が続かない。なぜ、行動が続かないのかということを考えてみると、それはやっぱりその行動自体が自分にとって新しくて、負荷があると感じるからです。

今の自分にギャップがあればあるほど、苦痛に感じます。例えば、僕の毎朝4時半に起床して、ランニングしてくださいなんて言われたら、普通の人は相当な負担に感じると思います。

でも、逆に人間には負担を感じないような行動もあります。それは、毎日繰り返し、行っている行動(特に意識もしないような)です。例えば、歯磨きをすることは苦痛に感じないはずです。

誰もが何気に継続できていることだと思います。歯磨きに慣れていない子供の時は歯磨きするのは大変に感じたと思いますが、何十年も継続していれば、当たり前のようにやれてしまいます。

自分の目標達成に繋がる行動をこの状態に持っていけば、呼吸するかのように大量に行動ができるというわけです。

ポイントなのは、僕の「毎朝4時半に起きて、5時30分まで、決まった回数・ペースで筋トレ、ランニングを行い、シャワーを浴びて、6時から2時間ブログを書き、9時まで1時間読書し、18時まで仕事をし、18時半に入浴し、今日の振り返りを行い、明日の計画を立てて、22時には就寝する」は、苦痛に感じておらず、むしろ楽しいということです。

毎日やっていたら、歯磨きと一緒で、もうそれをやらずにはいられないような状態になります。

そういう状態になれば、継続できるのは当たり前です。

2.ルーティーンワークの構築法

では、次に具体的に、この状態に持っていくためのルーティーンワークの構築法についてお伝えしていきます。

2-1.ゴールからの逆算からルーティーンを考える

まず、ルーティーンワークを構築するときに押さえておきたいポイントは、自分が達成したいと考えている目標がなければ、ルーティーンは続かないということです。

これは簡単に想像できると思うんですが、何の目的もなく、毎朝、4時半に起きろなんて言われても無理です。

でも、それが例えば、「プロ野球選手になる」というような目標があれば、それを達成するための一つの努力として、継続的にその行動を続けることができます。

何でもいいです。これを達成すれば心からワクワクするような目標や夢は前提として持っておいてください。

そして、ルーティーンワークを構築するためには、その目標や夢を分解していく必要があります。つまり、何をやれば、その夢や目標に到達することができるのかということを具体的に考える必要があります。

どんな夢や目標もそうですが、ひとっ飛びにそれを叶えることは不可能です。

「プロ野球選手になる」というのはかなり大きな目標だと思いますが、この目標だって叶えるためには分解から始める必要があります。

例えば、まずは、どういうルートを辿れば、プロ野球選手になることができるのかを見ていくことから始めます。高卒で入るのか、大卒で入るのか、社会人で入るのか。それぞれどう違うのか。

高卒で入るんだったら、甲子園に出場して、活躍できるような選手にならないといけない。じゃあ、実際に高校からドラフトで選ばれるためには、どれくらいの成績を残して、どの年齢でどれくらいの能力が必要なのか。

そこから見て、今の自分に足りないものは何なのか。どんな練習が必要なのか。そこまで分解していって、初めて、「今」自分が何に力点を置いて、取り組むべきなのかが見えてきます。

ここの部分で、具体的に分解できないという人は、実際にもうすでに、自分が叶えたい目標を達成しているような人に直接話を聞いたり、何か接する機会を持った方がいいです。

人は、具体的にイメージできないものは、達成することができません。もう既に達成している人に話を聞けば、そのステップまで、ある程度、具体的にイメージできるようになります。

例えば、それで、今の自分が毎日やるべきことまで見えてきたら、それが自分のルーティーンワークのベースになります。

そのルーティーンワークのタスクをまず書き出しましょう。今の僕だったら、以下のようなものがルーティーンワークの土台になります。

  • 運動
  • ブログ記事の作成
  • 通信講座の作成
  • インプット(読書・映像)

まずは、アイディアレベルでいいので、毎日やった方がいいルーティーンワークを書き出しましょう。

2-2.ルーティーンを実行する1日の型を作る

そして、日々やるべきことまで、具体化できれば、まずは、1日の型を作ります。つまり、タイムスケジュールですね。

まず、実際に、今自分が送っている生活リズムを書き出してみるといいと思います。タイムスケジュールの基本は、「起床」→「ルーティーンワーク」→「明日のスケジュール計画」→「就寝」の流れになります。

毎日、何時に起床して、どのルーティーンワークを何時から何時までに行って、何時に明日のスケジュールを計画するのか、何時に就寝するのかをまずは、紙でもいいので書き出しましょう。

この記事を書いている日の僕の1日の基本形はこんな感じです。

  • 4:30:起床
  • ~5:20:運動
  • ~6:00:風呂
  • ~8:00:ブログ記事の作成
  • ~9:00:ブログ記事のリライト
  • ~10:30:通信講座
  • ~12:00:インプット(読書・映像)
  • ~19:00:フリー(仕事 or 好きなことをする)
  • ~20:00:夕食・風呂
  • ~20:30:明日の計画
  • 21:00:就寝

僕はいつも1日のスケジュールを立てるときには、『夢を絶対に実現させる60日間ワークブック』(原田隆史)のスケジュール表を使っています。かなり便利で使いやすいので、興味ある人は買ってみてください。

このスケジュールを作成するときのポイントは、最初から無理し過ぎないことです。無理すると、絶対に続かないので。これもルーティーンワークのポイントです。

最初はやれることは誰でも少ないはずです。

でも、ルーティーンを続けて、自分が決めたことをやり抜ける体質になることで、どんどん自分自身のレベルが上がっていくので、ある日、最初決めたルーティーンに物足りなくなる日がきます。

そういう日が来たら、少しずつルーティーンワークを追加していけばいいんです。最初は、ルーティーンワークは一つでもいいと思います。まずは、一週間続けることです。

2-3.ルーティーンを本番と準備に分ける

そして、一度、自分の1日のタイムスケジュールを決めたら、それをまずは一週間実行してみましょう。

そうすると、実行できる部分もあれば、実行できなかった部分が出てくると思います。例えば、起床時間なんか典型的だと思います。

7時に起床しようと決めても、起きれないなんてことは最初の方では、多々あると思います。その結果を受けてやった方がいいのは、できない自分に落ち込むことではなくて、なぜできなかったのかを分析することです。

できなかったのは「意志が弱い」からではなくて、他にそれを達成することを邪魔している原因が必ずあります。

例えば、一週間のうち、起きれた日は、例えば、20分半身浴をして、12時までに寝ていて、起きれなかった日は、シャワーだけを浴びて、その後にテレビを見ながら夜中の1時まで夜更かししていたなんてことがわかると思います。

そうしたら、まず、テレビをつけながら寝るということは排除して、半身浴をすることを取り入れていきます。

ルーティーンワークというのは「本番」と「準備」の二つに分けることができます。例えば、この場合の「本番」というのは、「7時に起床する」という行為です。

そして、準備というのはこの「7時に起床する」という本番を達成する為に必要な行動です。ここも明確化していくことで、本番を達成することができる精度が格段に上がります。

ここでいう準備とは「テレビをつけながら寝るということは排除して、半身浴をすること」です。

例えば、僕であれば、「ブログを2時間書く」という本番があるんですが、これを達成する為にやっている準備としては「4時半に起床して、運動して、シャワーを浴びる」ということをやっています。

なぜ、この準備が決まったのかというと、集中できる時間を模索した時に夜中〜朝方が一番効果が高くて、朝起きてお気に入りの音楽をかけながら運動して、シャワーを浴びることで、頭が目覚めて、一番エネルギーの高い状態でブログを書くことができるからです。

なので、日々、実験しながら、達成できない日が来た時は「ラッキー」くらいに考えて、「なぜ、達成できなかったのか」を分析しながら、「本番」を達成していく為の「準備」を考えて、実行していきましょう。

2-4.ONとOFFのスイッチを決める

これは準備に関連しているんですが、1日のONとOFFのスイッチを決めると更にパフォーマンスが安定してきますね。

ONのスイッチというのは何かと言うと、寝起きから活動する状態に入るための行動のことです。これを自分の中で決めて、持っていると、かなり安定します。

寝起きのまま何か活動を行おうとしても、体が起きていないので、だるいままで、そういう状態で何かに取り組んでも、あまり良い結果は生まれないんですね。

イチロー選手は、球場に来るまで向かう時に音楽をかけて、試合前のストレッチなどを行う過程で、だんだん、「鈴木一朗」から「イチロー」になるという、ああいう感覚ですね。

重要なのは、集中力のスイッチっていうのは意図的に作れるようになるということです。

僕であれば、最初、このONのスイッチは、朝の起床後に音楽をかけて、筋トレに入って、ランニングしにいく中で入っていきます。

ここで一度、「音楽かけて筋トレ」→「音楽かけてランニング」→「集中力のスイッチが入る」という流れが生まれます。

これを1週間とか繰り返していくうちに、「音楽かけて筋トレ」→「音楽かけてランニング」→「集中力のスイッチが入る」の回路が強化されて、どんどん「起床後に音楽をかける」だけでスイッチが入るようになってきます。

今、僕は朝の一曲目に、スガシカオのProgressという曲をかけているんですが、僕はもうこの曲を朝にかけるだけで、その日の集中力のスイッチが入ります。

そして、忘れがちなんですが、OFFのスイッチも決めるようにしましょう。つまり、これをやったらもう活動をOFFするというスイッチですね。

これを決めないとどうなるのかというと、寝れなくなります。笑

ルーティーンワークを毎日やっていくと、毎日、過去の自分では信じられないような行動量と持続力が発揮できるので、楽しくて仕方がないんですが、逆に楽しすぎて寝れなくなって、少しずつリズムが狂ってきます。

人間は活動時には交感神経(活動する)が優位になって、休息時には副交感神経(休む)が優位になります。

だから、理想は活動する時には交感神経を優位にさせて、睡眠など活動を休息させる時は副交感神経を優位にさせるのがいいんですね。

楽しすぎて、眠れない状態になるというのは、布団に入っていても、ずっと交感神経が優位になっていいるからです。

なので、OFFのスイッチも決めるようにしましょう。僕のOFFのスイッチは、毎日、半身浴20分入ることと、明日の計画を立てることです。

もうそれ以降は、仕事関係のことは何もせずに、リラックスする状態を作ってから、布団に入るようにします。

これもONのスイッチの時と同じで、繰り返すことで、半身浴に入るだけで、自然と体が寝る準備に入ってくれるようになります。

ルーティーンワークの作り方は基本的には以上になります。あとは、どんどん、実行していきながら、その時の自分と相談しながら、随時変えていくことですね。

ぜひ、今回の記事を参考にしながら、自分のルーティーンワークを構築してみてください。

まとめ

では、最後に今日のまとめをしておきます。

何か目標を達成することにおいて、ノウハウ(情報や知識)だけでは無理で、マインドセット(行動力)も必要で、日々、どれだけ行動できるのかということが鍵になります。

「ルーティーン」というのは、同じ時間、同じタイミングで、自分が決めた行動をすることで、これは、日々の安定したパフォーマンスに繋がります。

ルーティーンを決めて実行すると、自分が継続したいと思う行動を呼吸するかのように、無理なく続けることができるようになるのはもちろんなんですが、何よりも、行動を続けることができている自分に自信を持てるようになり、どんどん毎日が楽しくなっていきます。

ルーティーンワークを構築するためには、自分の中で大きな目標が必要です。そして、その大きな目標を分解して、達成するためにやるべき行動を明確にして、毎日、自分がやるべき行動まで落とし込みます。

これをまずは書き出してみましょう。

毎日やるべき行動が決まれば、実際に1日の基本形を「起床」→「ルーティーンワーク」→「明日のスケジュール計画」→「就寝」の流れに基づいて、作成していきます。

それができれば、実際に1週間実行していきます。その中で、達成できたものと達成できなかったものが生まれてきます。

その中で、毎日、達成できなかったものについては「準備」が足りていないことになるので、「なぜ、達成できなかったのか」を分析した上で、「本番」を達成できる環境を模索していきましょう。

あとは、自分を活動状態に切り替えるONのスイッチと、休息状態に切り替えるOFFのスイッチを持つようにしましょう。この二つがあることで、集中力のスイッチの切り替えができるようになります。

ぜひ、今回の記事を実行に移してみてくださいね。では、今回は以上になります。お疲れさまでした!

数十時間の集客が学べる動画を無料プレゼント!

今まで僕が積み重ねてきたブランド構築とWeb集客のノウハウを数十時間収録した動画を無料でプレゼントしています。是非あなたのビジネスにお役立てください。

いつ削除するかわからないので、興味がある方は、今のうちにゲットしてくださいね


コミュニティ集客クラブの詳細を見る

hp-banner

SNSでもご購読できます

Pocket

The following two tabs change content below.
中江 翔吾
名前:中江翔吾。職業:デザイナー&Web集客コンサルタント。一流のデザイナーからグラフィックデザインを学び、フリーランスのデザイナーとして活動を開始。その後、インターネットマーケティングを学び、独自のネット集客の仕組みを構築。現在は、デザインとネットマーケティングの視点から「コミュニティ集客術」を提唱し、個人を始め中小規模のビジネスモデルを運営している人たちに集客の仕組み作りを提供している。
By 中江 翔吾 マインドセット Share:

One thought on “ルーティーンとは|自分を変えたいならルーティーンワークを構築しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール
wp-side-pf

中江 翔吾 / Shogo Nakae
グラフィックデザイナー / Webデザイナー / コンサルタント
1991年3月生まれ。大阪府出身。

はじめまして!ブランドクリエイターの中江翔吾と申します。

「CREATE A BRAND」をコンセプトに、ブランド構築や集客を起こしていくためのデザイン制作(Web、グラフィック)とコンサルティングを提供しています。

このブログでは、Webマーケティングのことを基軸に、ブランド論やマインドセット、雑多なビジネスコラムなんかを配信していきます。

僕に興味を持っていただけた方は、TwitterやFacebookページをぜひフォローしてくださいね。

>>詳しいプロフィールはこちら<<

Twitter でフォロー