2015年1月27日

アメブロの集客ツールで効果を出すための本当の使い方

Pocket

どうも!ブランドクリエイターの中江です!今回は「アメブロの集客ツールで効果を出すための本当の使い方」というテーマでお話していきたいと思います。

アメブロで集客していくための一つの手段として、ツールを活用していくという方法があります。

ツールを使えば、面倒な読者登録やメッセージやコメントなどを自動化することができるので、効率的に結果を出すことができると言われています。

でも、果たして本当にそうでしょうか?

僕は、ツールを使えば、アメブロで集客がうまくいくとは全然思いません。ツールというものは、使い方が重要です。

そこで、今回は、アメブロの集客ツールの正しい使い方をお話していきす。では、早速始めていきましょう!

1.アメブロの集客ツールを使うメリット

まず、正しい使い方に入る前に、ツールを使うメリットを確認しておきましょう。

1-1.作業時間の短縮

アメブロのツールは、代表的なもので言えば、アメーバキングやアメプレスというものがあります。

このツールを導入することで、読者登録やペタなどを自動化することができたり、最近では、アメブロとWordPressやその他のSNSと連携できるようになっています。

アメブロのツールを導入するメリットは、集客するための作業をある程度自動化することができるので、作業時間を短縮できるというメリットがあります。

1-2.より早く結果を出せる

作業時間をある程度、効率化して、短縮できれば、全て手動で集客するよりも、早い結果を出すことができます。

アメブロのペタは1日500人までできますが、それを全て手動ですると、4時間以上かかってしまうので、その辺はツールを頼ると便利なんですよね。

でも、問題なのはそのツールの使い方です。

2.のび太になると結果は出せない

アメブロのツールをうまく活用できていない人は、大抵の場合、「のび太」のような状態に陥っていると思います。

のび太って、毎回、ドラえもんから超便利な道具をもらうわけですが、たいていの場合、結果としてうまくいってないんですよね。笑

例えば、びょうどう爆弾という道具をもらった時の話があります。

のび太は、ドラえもんに「世の中不公平だ!なんで、僕はもっと力の強い人間に、賢い人間に生まれてこなかったんだぁ~」と泣きつきます。

そこで、登場するのがびょうどう爆弾です。笑

この道具は、簡単に言えば、人間や物などの全ての能力を同じにしてしまうという道具です。この場合は、全て、のび太の能力に全世界の人がなってしまいます。

例えば、これを使えば、ジャイアンにだって喧嘩では相打ちまで持っていけますし、先生ものび太のように怠け者になってしまうので、授業が昼寝になったりします。笑

のび太にとっては、これは一見幸せなことのように見えますが、実はこの道具を使いすぎて、落とし穴にハマるという典型的なパターンが待っているのです。笑

全ての人間を平等にしてしまったために、例えば、政治家ものび太並に堕落し、会議中に居眠りしまくったたり、買い物をしようとしても店主が計算ができないから、買えなかったり、ママが買い物に行ってもそれを忘れてきたり、と結構困ることが出てくるのです。笑

ツール(=道具)というのは、このように何かメリットがあれば、デメリットがあるのです。

だから、このメリットとデメリットを把握して、正しくツールを使わないと結果を出すことができないんですね。

3.ツールを正しく活用するための前提

では、アメブロの集客ツールを正しく活用するための前提とは、一体何か。それには、押さえておくべき前提が2つあります。

3-1.人間がいる

まず、最初は、「ツールの先には、人間がいる」ということを意識するという前提です。

ツールをうまく活用して、結果を出せないという人は、この前提が抜けています。

例えば、よくこんなコメント来ませんか?笑

訪問させていただきました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

とてもためになりました(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡


私のブログは、おいしい食事や、お得情報を紹介してます(。・ω・。)

是非私のブログも見てくださいね(*>_<*)ノ」

これが自分のブログに来たと考えてみてください。笑

たぶん、誰もが、「お前、全く記事読んでないだろ!」とか、「うぜぇ~」と思うはずです。苦笑

だって、このコメントというのは、自分のブログに来てもらうことしか考えていないからです。自分のことしか考えていない。

こういうツールの使い方は、最悪ですね。

好かれる人というのは、まず自分から相手のことを思いやることができる人です。

コメントをするにしても、そのコメントは、必ず相手の記事を読んだ上で、褒めるべきところは褒めるということをしなくては、関係性なんて築けません。

上のようなコメントをすることで、関係性を向こうから拒絶されます。

メッセージも同じです。ある程度、はじめましての挨拶の型を作るのは良いですが、ちゃんと相手のブログやプロフィールを見た上で、コメントしてください。

ツールの先には人間がいるというのがポイントです。

3-2.奪うというマインドからの脱却

アメブロ集客は、他のアメブロユーザーとコミュニケーションをとり、濃密な関係性を構築する人が勝ちます。

だって、単純に、あなたのことを応援してくれる人が、100人いて、何か新しい商品などを販売した時に、その全員が自分のアメブロで応援する記事を書いてくれたら、そりゃあ、集客効果は凄いですよ。

だから、アメブロというのは、他の人と関係性を構築するという意識で取り組まないといけないんです。

じゃあ、関係性を構築するためには、どうすればいいのか?

それは、自分から与えるということです。

与えるというのは、相手の事を思い、相手が喜ぶことをしてあげるということです。

例えば、記事を熱心に書いている人がいれば、それを読んで心から思った熱い感想を書いてコメントしてあげるだけでも嬉しくなるものです。

そこから関係性というものは、始まります。

「自分のブログを集客したい!」「自分の売り上げをあげたい!」「効率的に集客したい!」という奪うだけの考え方から脱却する必要があります。

そして、自動化できるところは、自動化し、手動でやるべきことは手動でやることで、一番効率的で、効果的なツールの使い方ができるのです。

4.オススメのアメブロの集中ツールは?

では、次に僕がオススメするアメブロの集客ツールをお教えしたいと思います。

僕が圧倒的にオススメしているのは、アメーバキングというツールです。

僕もこのアメーバキングはずっと使っているのですが、かなりアメブロの集客作業を効率化できるツールですね。

ちゃんとしたやり方をやれば、読者数0人の状態から、100人以上にするのは約1週間くらいで簡単にできますし、読者登録やペタやいいねなどを自動化できるので、1日の作業時間も10分くらいで終わります。

これを全部手動でやってたら、5時間以上かかります。笑

4-1.アメーバキングでできること

アメーバキングでは、主に以下の事ができます。

  • 属性を絞った、読者登録、ペタ、いいねの自動化(予約機能あり)
  • 読者メンテナンスと除外リストの自動作成
  • アメブロのバックアップ
  • WordPressとの自動連携(SEOの重複コンテンツ防止)
  • 豊富なテンプレートによるカスタマイズ

まず、最初の「属性を絞った、読者登録、ペタ、いいねの自動化(予約機能あり)」なんですが、これは何ができるのかというと、読者登録、ペタ、いいねなどの自動化ができます。

読者登録やペタやいいねは、手動で一つずつやっていったら、めちゃくちゃ時間がかかりますが、アメーバキングを使えば、1クリックで自動でやってくれます。

それに、毎日、この時間でこの作業をしてくれということを予約できるので、かなり楽ですね。

もちろん、この読者登録やペタやいいねは、属性を絞ることができます。例えば、大阪に住んでいる人限定に読者登録してくれとか、プロフィールに「講師」というキーワードが入っている人だけ読者登録してくれとか、このブログの読者になっている人だけ読者登録してくれとか。

属性を絞って読者登録などをしてくれることで、かなり反応率も良いですね。

そして、アメーバキングを使えば、読者メンテナンスも自動でできます。

読者登録をすると、相手のブログに「この人が読者登録しました」という通知を送ることができ、これが集客につながるのですが、アメブロは自分が読者登録できる限界が1000人と決められています。

だからこそ、定期的にこの読者を整理していかないといけないんですね。例えば、もうアメブロを1年以上やっていない人の読者になっていてももったいないわけです。

アメーバキングの読者メンテナンス機能を使うと、こっちがブログの読者になったのに向こうは読者登録をしてくれていない人を自動で抽出し、その中でも「◯◯日以上更新がない人」などの条件を絞って、読者登録を自動で解除してくれる機能が備わっています。

そして、アメーバキングにはバックアップ機能が備わっています。

アメブロは基本的には商用利用が禁止になっています。店舗系のブログはあまり消されないんですが、他の業種の方は、いつ消されてもおかしくないので、必ずビジネスで利用する場合はバックアップを取っておく必要があるんですね。

だって、勝手にアメブロを消されてしまっては、せっかく一生懸命書いた記事が全て水の泡ですからね。苦笑

アメーバキングを使えば、記事や画像なども1クリックで一括でバックアップできます。

そして、アメーバキングには、WordPressとの自動連携機能があります。

WordPressは基本的にはSEO対策でしか集客できなくて、短期的な集客には向いていないので、アメブロなどと組み合わせながら、集客していく必要があります。

アメーバキングのWordPressとの自動連携機能を使うと、WordPressに記事を投稿するとアメブロに反映させることができます。

これによってアメブロで短期的な集客、WordPressで長期的に安定した集客ができるようになります。

それにちゃんと、SEO対策の「重複コンテンツ対策」をしているので、SEOでペナルティーも受けることはないので、安心です。

そして、アメーバキングを購入すると、独自の豊富なアメブロのテンプレートを使うことができます。これでヘッダー画像をはめ込むだけで、グローバルナビ(メニュー)も付いたオリジナルのデザインを設定することができます。

※この機能は、2015.1.27時点の機能ですので、現在は変更されている場合があるので、詳しくはこちらからご確認ください。

4-2.アメーバキングの価格と購入について

では、次にアメーバキングの価格と購入についてお話していきます。

アメーバキングの価格は、月額2980円となっています。

アメブロ集客の1日5時間以上かかるこれだけ膨大な作業を10分にしてくれるツールが、1日約100円ぐらいで手に入るのはとても安いと思います。

手に入れたい方は、こちらからアメーバキングの詳細をご覧ください。

4-2-1.Macユーザーについて

アメーバキングは基本的にWindowsユーザー向けのツールとなっています。

アメーバキングをMacでも使うためには、MacでもWindowsを使えるようにするために、お名前.comのデスクトップクラウドを使う必要があります。

なので、Macユーザーの方でアメーバキングを使いたいという方は、一緒にこちらから、お名前.comデスクトップクラウドも一緒にご契約してください。

このデスクトップクラウドでアメーバキングしか利用しないなら、スタンダードの1GBで十分だと思います。スタンダードの1GBで、月額2400円です。

お名前.comのデスクトップクラウドの詳細はこちらからご覧ください。

まとめ

では、最後に少しまとめをしておきますね!

ツールというのは、使う人に依存するものです。

つまり、ダメな使い方をやっていれば、せっかく便利なものも活かし切れず、良い結果を生み出すことができません。

重要なのは「ツールの先には人間がいる」「奪うだけのマインドから脱却する」ということを意識してツールを使うということです。

これを意識してツールを使うことで、一番効率的で、効果的な集客というものが実現できるようになります。

では、今回は以上です!お疲れ様でした^^

数十時間の集客が学べる動画を無料プレゼント!

今まで僕が積み重ねてきたブランド構築とWeb集客のノウハウを数十時間収録した動画を無料でプレゼントしています。是非あなたのビジネスにお役立てください。

いつ削除するかわからないので、興味がある方は、今のうちにゲットしてくださいね


コミュニティ集客クラブの詳細を見る

hp-banner

SNSでもご購読できます

Pocket

The following two tabs change content below.
中江 翔吾
名前:中江翔吾。職業:デザイナー&Web集客コンサルタント。一流のデザイナーからグラフィックデザインを学び、フリーランスのデザイナーとして活動を開始。その後、インターネットマーケティングを学び、独自のネット集客の仕組みを構築。現在は、デザインとネットマーケティングの視点から「コミュニティ集客術」を提唱し、個人を始め中小規模のビジネスモデルを運営している人たちに集客の仕組み作りを提供している。
By 中江 翔吾 アメブロ集客 Share:

2 thoughts on “アメブロの集客ツールで効果を出すための本当の使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール
wp-side-pf

中江 翔吾 / Shogo Nakae
グラフィックデザイナー / Webデザイナー / コンサルタント
1991年3月生まれ。大阪府出身。

はじめまして!ブランドクリエイターの中江翔吾と申します。

「CREATE A BRAND」をコンセプトに、ブランド構築や集客を起こしていくためのデザイン制作(Web、グラフィック)とコンサルティングを提供しています。

このブログでは、Webマーケティングのことを基軸に、ブランド論やマインドセット、雑多なビジネスコラムなんかを配信していきます。

僕に興味を持っていただけた方は、TwitterやFacebookページをぜひフォローしてくださいね。

>>詳しいプロフィールはこちら<<

Twitter でフォロー