2015年3月16日

ビジネスに繋がる面白いブログ記事の書き方のコツとは

どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回のテーマは「ビジネスに繋がる面白いブログの書き方」についてお話していきたいと思います。

ブログを更新しているという人は結構いると思いますが、でも実際にそのブログがビジネスに繋がっているのかというと、ほとんどの方がビジネスに繋がっていないと答えると思います。

でも、一方で、ブログをフル活用して、ブログだけで自分のビジネスの利益の大半をあげているという人も実際にいます。

例えば、お店をやっているのであれば、毎月予約でお客さんがいっぱいになっていたり、もし何か教材やサービスを販売している場合は、それが飛ぶように売れていったりという感じですね。

「ブログで本当にお客さんってくるのかなぁ?」と思っている人も多いかもしれませんが、断言できるのは、どんな業種業界であれ、どんなサービスを販売している場合であれ、必ずブログで集客はできるということです。

じゃあ、ビジネスに繋がるブログとビジネスに繋がらないブログの違いは一体何なのか?

それは恐らくほとんどの場合が「ブログの書き方」の違いです。ブログを上手くビジネスに活用して、長期的に上手くいっている人というのは、ブログの書き方がとても上手です。

ネット集客の本質は情報発信です。

ブログで発信しようが動画で発信しようが、この情報発信というものさえ極めてしまえば、自分が来て欲しいお客さんさんに何人でも来てもらうことが可能です。

今回は、そんなビジネスに繋がるブログの書き方をご紹介していきたいと思います。では、早速始めていきましょう!

1.ブログがビジネスに繋がるとは

では、まずは「ブログの書き方」をお伝えしていく前に、「ブログがビジネスに繋がるとは、どういうことなのか?」「どういう仕組みでブログがビジネスに繋がるのか?」ということをお話していきたいと思います。

まず、この話を理解することで、より確実にビジネスに繋がるブログを書けるようになります。

では、早速始めていきましょう。

1-1.情報発信から信頼を勝ち取る

インターネットから集客するというのは、ある意味で、情報発信で集客するというのと同じ意味です。

例えば、ダイエットサプリメントを販売していて、ブログからどういう仕組みで、お客さんが来るようになるのかというと、まず、ダイエットサプリメントの販売用のホームページを用意します。

で、その状態で、ブログやなどで、「痩せたい!」と思っている人たちに対して記事を書きます。例えば、「リバウンドせずに、無理なく痩せるための食生活」みたいな記事ですね。

「痩せたい!」と思っている人たちは、「痩せるために必要な情報」を日々インターネットの検索などを利用して、収集しています。そこにたまたま、面白そうな記事があって、ダイエットサプリメントを販売しているサイトのブログにたどり着きます。

その記事は、とても専門的に、わかりやすく書かれていて、役に立つ面白い記事でした。

ふと、その記事を読み終わった後に、そのサイト全体を見てみると、このサイトで販売しているダイエットサプリメントを実際に購入して、利用した人の体験談が載っていました。

このダイエットサプリメントを利用したA子さんは、今まで色んなダイエット法を試してきたけど、全く上手くいかず、一瞬上手くいきそうになったら、すぐにリバウンドしてというのを繰り返していました。

しかし、このダイエットサプリメントを試し始めてからというもの、みるみる体重が落ちていき、自分の理想のスタイルを手に入れることができました。ビフォーアフターの写真も載っていて、激変したことがよく分かります。

そしてこのサプリメントは、ただのサプリメントじゃないことがわかりました。

というのも、このダイエットサプリメントの販売者の方は、食生活や運動というものを重視していて、ダイエットサプリメントはあくまで補助的な役割で使うべきという考えを持っています。

なので、ダイエットサプリメントを提供するだけでなくて、日々の食生活や運動のサポートも購入者には提供しており、本当に健康的に痩せることができる方法を伝えたいという熱い想いを持っていました。

というのも、この販売者の方は、当時のメディアで流行っていたあるダイエット法を妻が試したことによって亡くしてしまったからです。

なので、販売者の方は、もう二度とこういう事件を起こしてはいけないと、もう二度と大切な人を失ってほしくないという思いで、正しいダイエット法を伝えることを自分の使命として、ビジネスをしています。

熱い想いに打たれた、そのブログ記事を読んだ人は、ダイエットサプリメントの購入を決めました。

みたいな感じですね。ブログで集客が起こるまでの仕組みというのは。もちろん、この話は、今僕が勝手に作った、すべてフィクションですよ。笑

ダイエットサプリメントの購入に至った決め手は、情報発信です。

「専門的でわかりやすくて面白い記事」+「購入後の未来が見えるお客様の体験談」+「販売者の想い」+「商品の内容・価格」などです。

これらはすべて情報なのです。これをたまたまインターネットで見たからこそ、購入したのでした。

だからこそ、インターネットで集客したいという思いを持っているなら、ブログ記事を含めた情報発信に手を抜いてはいけないのです。

情報発信で信頼を勝ち取ることができれば、ビジネスに繋がるのです。インターネットでは情報がすべてです。そこに掲載されている情報で、すべてが判断されてしまいます。

1-2.人の心を動かすような記事を書く

ブログ記事というのは、あなたとあなたのことを全く知らない人を結びつけるための接点です。

先ほどのダイエットサプリメントでいうと、「ブログ記事 → 体験談 →セールスページ」という流れで購入に至りました。

つまり、ブログ記事というのは、集客の入り口なんですね。

この入り口がショボければ、何か商品を購入したり、お店に来店してくれたりということはあり得ません。

よく集客のコンサルタントの方で、「ブログは毎日、どんな記事でもいいから書けばいいんです。そうすれば、アクセスがだんだん増えていくから、売上が上がります。」なんてしたり顔で言っている人がいますが、僕はビジネスを長期的に捉えるなら、この意見に賛成できません。

確かにアメブロなどを使って、記事を毎日更新することだけを目標にして、コメント回り、メッセージ回り、記事の相互紹介などをすることで集客はできるかもしれません。

が、これは、はっきり言って、アメブロというシステムに依存した集客方法なのです。

もちろん、集客したいのなら、アメブロの機能は積極的に活用すべきですが、適当な情報発信をしているようなら、アメブロというシステムがなくなってしまえば、それでその人は集客できなくなります。

だって、ちゃんとした情報発信をすることを疎かにしていれば、ツケはやってきます。

ネット集客の本質を外さないでください。ネット集客の本質とは、情報発信なのです。ネットで集客したいのなら、人の心を動かす情報発信を心がけるべきです。

人の心を動かすことができれば、時代を超えて安定的に集客ができる仕組みをインターネット上で作ることができます。たとえ、インターネットというプラットフォームが変わったとしても、自分の情報発信力というのは普遍的(時代を超えて残っていくもの)なものです。

2.良いコンテンツしか積み重ならない

で、結局何が言いたいのかというと、自分が魂を込めて書いたコンテンツ(=ブログ記事)しか積み重ならないということです。

「ブログ記事は書けば書くほど、集客できるようになるから、ブログは資産なんだ」ということがよく言われますが、僕はそんなことないと思っています。

結局、何記事書いたかよりも、その記事にどういう姿勢で取り組み、何を書いたのかというのが重要なんです。

美容室のブログをやっているのに、「今日はこんなランチを食べました!美味しかったです!」みたいな記事を1000記事書いたところで全く集客に繋がらないのは誰でも想像できることです。

この前見つけたとあるブログは、7年間ほぼ毎日ブログを続けているのですが、全く集客に繋がっていないブログでした。

それは「今日は、こんなランチ食べました!」的な、ほぼ毎回の記事が店長のどうでもいいような日記だからです。苦笑

メジャーリーガーのイチロー選手は、メジャーリーグのシーズン最多安打記録を出した年のインタビューでこう語っています。

「結局は、細かいことを積み重ねることでしか、頂上には行けない。それ以外に方法はないということですね。」

この意味を間違えてはいけないのです。何でもかんでも行動することが、全て積み重なっていくわけではないのです。

自分自身が魂を込めて、行動するからこそ、それが積み重なり、大きな結果として返ってくるのです。

この場合であれば、魂を込めて本気で書いた記事を積み重ねていくことで、時代を超えて安定的に集客ができる仕組みを作ることができるのです。

2-1.簡単な記事を量産することは、誰でもできる

お客さんになってもらいたい人に「価値」を感じてもらえるような情報発信をすることを目指すべきです。その情報発信に「価値」を感じてもらえれば、信頼を獲得できて、結果的に売上が上がるからです。

じゃあ、「価値がある」情報発信とは何か?

それは、自分にしかできない情報発信をするということです。適当に書いた簡単な記事を量産することは、はっきり言って、誰にでもできます。

「誰にでもできる」 ことの価値は低いのです。

例えば、お金を一つの価値だとして、時給800円のアルバイトと年収100億円稼ぐ社長の稼ぎが、なぜ違うのかというと、それは、単純に社長の方の仕事が誰にでもできることじゃないからです。

だから、価値を持つのです。

一方で時給800円のアルバイトの仕事というのは、大抵の場合は大勢の人ができる仕事であるので、それだけ稼ぎが低いのです。だからこそ、自分にしかできない(価値がある)情報発信というのを長期的には目指すべきなのです。

2-2.シングルソースマルチユース

そうやって生み出された価値のある情報発信というのは、インターネット上で、媒体を変えて再利用することができます。

僕はよく集客の手法で「シングルソースマルチユース」というものをお勧めしています。

シングルソースマルチユースというのは、何かというと、一つのコンテンツ(=記事)を複数の媒体で再利用するということです。

例えば、WordPressというブログに記事を書きます。それをアメブロに転用し、Facebookに転用し、Twitterに転用し、Youtubeで動画として転用するということです。

ネットで新規のお客さんを集めてくるには、できるだけ多くの人と接点を持っておいた方が良いです。

ブログだけを見ている人、Facebookを頻繁に見ている人、Twitterをよく使う人、Youtubeをよく見る人。みんなそれぞれバラバラなんです。

だから、複数の媒体を使って、集客していく方が良いのです。

ただ、複数の媒体で集客をするからと言って、それぞれ全部バラバラのコンテンツを作るというのは、とても大変なのです。っていうか、そんなことをしていたら、1日終わってしまいます。笑

だから、一つのコンテンツを複数の媒体で多面展開するのが一番効率的で楽なのです。

ただ、しょーもないコンテンツしか生み出せなくて、それを多面展開するのであれば、はっきり言って、やめておいた方が良いと思います。

だって、しょーもないコンテンツがインターネット上で拡散していくんですから。苦笑

だから、最初のうちは、一つの媒体で情報発信力を磨いて、コンテンツに自信を持ててから、多面展開すると良いと思いますよ。

シングルソースマルチユースができるようになれば、集客はかなり効率的にうまくいきます。

3.面白いと思われるブログ記事の書き方

次に実際に「面白いと思われるブログ記事の書き方」についてお話していきたいと思います。

では、早速始めていきましょう!

3-1.興味性で接点を作る

まず、ブログ記事を書くときに、踏まえておきたい大前提があります。

それは「興味性で接点を作る」ということです。

大抵、ブログでうまく集客ができていないという人は、この部分ができていないように感じます。

「興味性で接点を作る」とはどういうことかというと、自分がお客さんにしたいと思っている人の興味があることをブログで書くという意味です。

例えば、先ほどのダイエットサプリメントを販売しているとするなら、お客さんにしたい人というのは、「リバウンドせずに痩せたい!」とか「健康的に痩せたい!」「お腹周りだけ痩せたい!」とか思っているはずです。

その人たちは、「痩せる」ことに興味がある訳なので、それに関連する記事を書いていく必要があります。

だって、もし、「痩せたい!」と思っている人たちに対して、全く関係のない落語の話をしたとしても、ダイエットサプリメントが売れることはないからです。笑

まずは、興味を持ってもらうことが重要です。

例えば、単純に、痩せる方法でもいいと思いますし、実際にダイエットサプリメントを使った人の話をしても良いと思いますし、健康の話をしてもいいと思いますし、運動の話をしてもいいと思います。

だって、そういう話は、ターゲットとしている人たちは興味があるはずなので。

コピーライティングの世界では、よくお客さんが何かを購入するまでには、以下の3つの壁があると言われています。

  1. 読まない
  2. 信じない
  3. 行動しない

この壁を超えることで、お客さんというのは何か商品の購入をしたり、お店に来店してくれたりという購買活動をします。

まずは、読まれなければ、信用してもらえないですし、信用してもらえなければ、何か商品を購入するなんて行動は起こしてもらえないのです。

だからこそ、まずはブログ記事を読まれるということが重要です。

ポイントは、全員に読まれなくても良いということです。例えば、痩せていて健康的な生活を送っている人に対して、心に響く記事を書こうとしなくて良いということです。

だって、そんな人の心を動かしたところで、ビジネスには繋がらないですから。だからこそ、まずは「どんな人をお客さんにしたいのか?」というのを考えて、文章にしておくと良いと思います。

自分が情報発信する相手が明確になることで、より良い記事を書けることができると思います。

3-2.ブログの書き方

では、次に具体的なブログ記事の作成ステップについてお話していきたいと思います。ブログ記事の作成ステップは、以下の5つから成ります。

  1. テーマの決定
  2. 読者像の明確化
  3. 内容の構成-キーワード&目次
  4. タイトルの決定-SEO対策
  5. 文章化

では、一つずつ解説していきますね。まず、最初のステップの「テーマの決定」です。

「テーマの決定」とは何かというと「このブログ記事で何を書くのか」ということを決めるということです。

一つの記事では、一つのテーマを扱うというのが基本になります。というのも、一つの記事で色んなテーマを扱えば扱うほど、読み手が混乱するからです。

例えば、健康的な食事について話しているのに、急に運動の話や努力の継続の方法についてなどに話が飛んでしまっては、結局、何が言いたかったのかが読者に伝わらなくなるからです。

なので、基本は1記事1テーマだということを明確に決めておく必要があります。

わかりやすい記事の方が読者に伝わるので、ブログ記事を書く前に、最初にテーマを明確に決めておいた方が良いのです。

そして、次のステップとして、読者像の明確化というのをしておく必要があります。

読者像の明確化というのは「この記事は、誰に向けて書くのか?」ということを明確にしておくということですね。

ブログ記事というのは、お客さんになってもらいたい人の心に響く記事を書かないといけません。だからこそ、ちゃんとこの「誰に」というのを明確にしておく必要があります。

これを明確にしないと、せっかくお客さんになってもらいたい人が興味のある内容を書いたとしても、全く伝わらないということが起こります。

例えば、どういうことかというと、「英語を中学生に教える」ということをやっているとして、言語学者が使うような専門用語をめちゃくちゃ使って、授業する先生がいたらどうでしょうか?

確かに、すごい内容を話していたとしても、中学生には理解できないはずです。

情報発信というのは、独りよがりなものではないのです。ちゃんと、受け取る相手がいてこその情報発信なのです。だからこそ、情報発信を受け取る相手のことを考えないといけないのです。

ここを考えない情報発信というのは、ただの独り言です。独り言では、誰の心を動かすこともできません。

情報発信をするときは、ターゲットにした人の目線まで降りていって、情報発信をしていくと、心を動かす伝わる文章を書けるようになってきます。

そして、次の3つ目のステップとして、内容の構成について。

ブログ記事というのは、テーマを決めて、読者像を決めてすぐに文章を書き始めると、とっちらかった文章になってしまいます。

例えば、「カレーの作り方」という記事を書くにしても、話す内容というのは、食材の買い方、調理器具、下準備、美味しいカレールーの作り方、ご飯の炊き方など話すべき内容が沢山あります。

なので、まずは文章を書き始める前に、目次を作って、文章で話すべき内容の流れを作っておくのがオススメです。

イメージで言うとこういう形で作ると良いですよ。

bu2

このようにあらかじめ、ブログ記事全体の話の流れを作っておくと、読者からすると今どの話をされていて、どのような流れで記事が進んでいくのかがわかりやすくなります。

これも読者への配慮ですね。読者のことを思って書いたブログ記事というのが、心に響く記事になるのです。

で、文章の流れをある程度決めたあとは、ブログ記事のタイトルを考えましょう。

ブログ記事のタイトルについては、「集客に効果的なSEOタイトルの付け方」で詳しく話しているので、まずはこちらの記事を読んで欲しいのですが、ブログ記事のタイトルの付け方で押さえるべきポイントは3つです。

  1. SEO対策を意識してタイトルを考える
  2. 読んでみたいと思えるようなタイトルを考える
  3. 文字数を28文字以内にする

この詳細については、「集客に効果的なSEOタイトルの付け方」で詳しく話しているので、まずはこちらをご覧ください。

で、テーマが決まり、読者像が決まり、文章の流れが決まり、タイトルが決まったら、ようやく書き始めるという段階に移って行きます。

読みやすいブログ記事というのは、3つの構成によって成り立っているので、そちらを意識すると良いでしょう。

  1. 書き出し
  2. 内容(=さっき決めた文章の流れ)
  3. まとめ(=内容の振り返り)

この手順に沿って、ブログ記事を組み立てていってください。

書き出しには、何を書くのかと言うと、挨拶と今回どんな記事を書こうと思っているのか、なぜこの記事を書こうと思ったのかなどを書いてみると良いと思います。

書き出しの目的は、本文を読んでもらうことなので、その目的が達成されるなら、どんな文章を書いても良いですよ。

内容というのは、さっき決めた文章の流れであるメインのコンテンツですね。これを文章で肉付けしていく。

そして、最後にブログ記事のまとめを入れてください。

人間というのは、忘れっぽい生き物です。文章を読めば読むほど最初の内容をどんどん忘れていきます。だからこそ、最後に分かりやすいまとめを入れてあげることによって、満足度がとても高まります。

満足度が高まれば、再びブログを読みに来てくれる可能性も高まり、ビジネスにも繋がりやすくなるので、ぜひまとめは入れてみてくださいね。

ブログ記事の作成ステップは以上になります。

3-3.面白いと思われるコンテンツの3条件

では、次に面白いと思われるコンテンツ(=ブログ記事)の3条件という話をしておきたいと思います。

ブログ記事というのは読まれなければ、信用されることもないですし、ビジネスに繋がるということもほとんどありません。

だからこそ、ブログ記事というのは、お客さんになって欲しい人に対して「面白い」と感じてもらう必要があります。

だって、日常生活で忙しいのに、面白くない記事にわざわざ時間をとって読むとは考えられないからです。

じゃあ、面白いブログ記事って、一体何なのか?

面白いブログ記事の3条件は、以下の3つの条件です。

  1. 論理的である
  2. 人間味がある
  3. ユニーク性がある

この3つの条件を満たしているブログ記事というのは、大抵の場合は面白いと思われる記事です。

まず、最初の「論理的である」という条件ですが、そもそもブログ記事が論理的じゃなかったら、文章を理解できません。論理的じゃないというのは、接続詞が崩壊しているということです。

例えば、こんな文章は論理的ではないです。苦笑

「私はお腹が空きました。そして走り出したくなりました。しかし、バラエティ番組を見たかったのです。なので、カレー屋さんに行きました。」

この文章は、なぜ意味が不明なのかと言うと、接続詞が崩壊しているからです。

例えば、この文章の接続詞を変えると意味が理解できるようになります。

「私はお腹が空いたので、カレー屋さんに行きました。ちょうどカレーを食べ終わる頃に見たかったバラエティ番組が始まりそうだったので、走り出したくなりました。」

だったら、意味がわかるわけです。

論理的というのは、言い換えると「文章を読んでみて、読み手に意味が伝わるか」ということですね。まずは、これを意識する。じゃないとブログ記事は読まれませんから。

で、次の条件というのは、「人間味がある」ということです。

論理的な文章であっても、その文章に人間味がなければ、機械のように感じられてしまって、あんまり読む気が無くなります。

例えば、哲学書なんか読んだことありますかね?哲学書というのはかなり論理的に書かれていますが、あの文章には人間味を感じないので、ほとんどの人は読む気がしないと思います。

なので、言葉遣いや話す内容に自分のエピソードを入れたりと、自分の人間味が伝わる文章を書くというのも面白いブログ記事を書く条件になります。

そして、3つ目の条件というのは「ユニーク性がある」というものです。ユニーク性というのは、簡単に言えば、「他にはない」ということです。

ブログというのは、同じジャンルで情報発信している人というのが山のようにいます。ブログは無料で手軽に誰でも始められるわけですから、ライバルは沢山いるわけですね。

で、そんな中で、誰もがもう既に語っているような、「あ〜そんなことは、他のブログでも言ってるよね〜」と思われた瞬間に、いくら論理的で、人間味があっても、それは面白い記事ではなくなります。

なので、ブログ記事を書く際には、このユニーク性というのも意識して書く必要があります。

4.ブログ記事のレベルを上げる方法

では、最後に自分のブログ記事のレベルの上げ方についてお話ししていきたいと思います。

ブログ記事というのは、最初から何度もお話しているように、集客の入り口となるものなので、ここのレベルが上がれば上がるほど、ビジネスに繋がるブログに育てることができます。

ただし、ブログ記事というのは、今言った手順で書こうと思っても、最初のうちはあまり思うような高いレベルのことは、書けないのがほとんどです。

じゃあ、どうやってレベルを上げていけばいいのか?

4-1.インプットとアウトプットの循環

その答えは「インプットとアウトプットの循環」を起こすということに尽きます。

どういうことなのかというと、ブログ記事を書くという行為はアウトプットで、そのアウトプットというのは、自分の今まで経験してきたこと、つまりインプットしてきたことからしか生まれないということです。

だから、インプットのレベルが低いままだと、中身の空っぽの記事しか書けないということです。

インプットというのは、色んな方法があります。

読書というのも一つの方法ですし、誰かと話すというのも一つのインプットの方法ですし、アニメをいるというのも一つの方法ですし、何かを体験するというのも一つの方法ですし、どこかに出かけるというのもインプットの一つの方法です。

インプットとアウトプットというのは、同時に行うことで更に効果が高まります。なので、何かをインプットしたらそれでブログ記事を書いてみるというアウトプットをしていくことで、どんどんブログ記事の質というのは高まってきます。

そして、インプットの質を高めるために、一番僕がオススメしているのは読書です。

何のためにインプットすればいいのかというと、「理想世界にお客さんを導いていくために必要なこと」をインプットして、それをブログ記事にすれば良いのです。

例えば、「健康的な食事と運動によって、理想の体型と自信を手に入れてもらうこと」が理想世界だとするならば、そウいう状態にお客さんを導いていくために、必要なことを日々学んでいくということですね。

健康のことを学んでもいいだろうし、運動のことを更に深く学んでもいいと思います。

専門分野をある程度極めたなら、専門分野以外のジャンルもインプットすると良いですよ。

だって、例えば、ビジネスのことしか知らないコンサルタントの人よりも、マンガやアニメも、流行っているドラマのことや、芸術のこと、スポーツのことなど何でも知っている人の方が面白い話ができるからです。

インプットとアウトプットの循環を生み出していく。これがブログ記事をレベルアップさせるために必要です。ぜひ、インプットとアウトプットを日常の習慣に組み込んでみてください。

4-2.一歩ずつ前に

ブログ記事というのは、日々インプットやアウトプットの努力をしながら、少しずつ成長していくものです。悩みながら、伝えようと苦しみながら、書いた記事というのは、必ず誰かの心に響く記事になっているはずです。

最初のうちは、自分が毎回納得出来る記事を書けるまで、妥協しないというのも一つの手です。最初から妥協しているうちは、今後も絶対にビジネスに繋がる面白いブログというのは書けないので。

本気でブログ記事と向き合うたびに、少しずつ成長していきます。一記事一記事、書けば書くほど、成長し、それが集客のための資産になります。

まず、ブログで集客をしたいと本気で考えているのであれば、この状態を目指すと良いと思います。それであれば、少ない記事数でも集客というのは可能になります。

まとめ

では、最後にまとめをしておきたいと思います!

ブログをビジネスに繋がるブログにするためには、お客さんにしたい人に「面白い!」と感じてもらうためのブログを書く必要があります。

というのも、まずブログ記事が集客の入り口となるからです。だからこそ、ブログ記事は一記事一記事こだわって、書く必要があります。

面白いブログを書くためには、読者の興味性を意識しながら、事前にテーマ、読者像、内容、タイトルなどを明確にした上で、文章を書き始め、論理的で、人間味があって、ユニーク性を意識して、記事を書く必要があります。

とは言っても、ブログ記事のレベルというのは1日で一気に上がるものではありません。

日々のインプットとアウトプットの循環から生まれます。良質なブログ記事というのは、良質なインプットからしか生まれません。

ここを日々意識して、一記事一記事妥協せずに書いていくことこそが、短期的にも長期的にもビジネスに繋がるブログを作っていくコツになります。

では、今回は以上になります!お疲れ様でした^^

数十時間の集客が学べる動画を無料プレゼント!

今まで僕が積み重ねてきたブランド構築とWeb集客のノウハウを数十時間収録した動画を無料でプレゼントしています。是非あなたのビジネスにお役立てください。

いつ削除するかわからないので、興味がある方は、今のうちにゲットしてくださいね


コミュニティ集客クラブの詳細を見る

hp-banner

SNSでもご購読できます

The following two tabs change content below.
中江 翔吾
名前:中江翔吾。職業:ブランドクリエイター(デザイナー&コンサルタント)一流のデザイナーからグラフィックデザインを学び、フリーランスのデザイナーとして活動を開始。その後、インターネットマーケティングの力を活用し、安定した集客の仕組みと、ブランドを構築。営業は全くせずに仕事の依頼が常に2~3ヶ月待ち。現在は「CREATE A BRAND」をコンセプトに、デザインとマーケティングの力を使って、個人・企業の規模を問わずに、ブランド構築のサポートを提供している。
By 中江 翔吾 ブログ集客 Share:

8 thoughts on “ビジネスに繋がる面白いブログ記事の書き方のコツとは

  1. uni より:

    HPのレベルを上げたいと探していた所で、こちらにたどり着きました。
    愛のある記事でとっても参考になりました!ありがとうございました^^

    1. 中江 翔吾 中江 翔吾 より:

      uniさん、はじめまして^^

      僕の記事が参考になってよかったです!ホームページのレベルアップ頑張ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール
wp-side-pf

中江 翔吾 / Shogo Nakae
グラフィックデザイナー / Webデザイナー / コンサルタント
1991年3月生まれ。大阪府出身。

はじめまして!ブランドクリエイターの中江翔吾と申します。

「CREATE A BRAND」をコンセプトに、ブランド構築や集客を起こしていくためのデザイン制作(Web、グラフィック)とコンサルティングを提供しています。

このブログでは、Webマーケティングのことを基軸に、ブランド論やマインドセット、雑多なビジネスコラムなんかを配信していきます。

僕に興味を持っていただけた方は、TwitterやFacebookページをぜひフォローしてくださいね。

>>詳しいプロフィールはこちら<<

Twitter でフォロー