2019.1.14 更新 | ブログ集客

ブログの書き方のコツ|資産型と世界観型の2つのブログ記事作成法

ブログの書き方のコツ|資産型と世界観型の2つのブログ記事作成法

どうも!ブランドクリエイターの中江です。

「ブログってどうやって書けばいいの?」「書き方のコツを知りたい!」という方は意外と多いんじゃないでしょうか?

ブログの成果は、本当に「書き方」で決まります。

僕自身、ブログの「書き方」をミスってしまったことによって、過去に全く成果に結びつかなかったことがありました。

デザインの受注を目的として、半年間で、300記事以上のブログを書き続けたのですが、そのブログの月間アクセス数は5000前後、一つも受注に結びつきませんでした。

これはダメだと思い、初めてちゃんと「書き方」を学び、これまでのやり方を変え、実践していくと、たった15記事で、約2万アクセスにまで伸びたのです。

しかも、それは一時的にアクセスではなく、安定したアクセス数です。

さらに記事を書けば書くほど、雪だるま式にブログのアクセス伸び、そこからデザインの受注や仕事の依頼がたくさん舞い込むようになりました。

そこで、今回は、そんなブログを作っていくための正しい「ブログの書き方」についてお話していきたいと思います。

では、早速始めていきましょう。

今ならメルマガ登録でWeb集客の動画講義を無料プレゼント中!

1.ブログの書き方とブログの種類

早速、ブログの書き方についてお話していきたいのですが、ブログの書き方というのは、ブログの種類によって変わります。

ブログというのは大きく分けて、

  • 資産型ブログ
  • 世界観ブログ

の2種類に分かれます。

1-1.資産型ブログの書き方の特徴

資産型ブログというのは、一言で言うならば、「ネット検索からの流入」を狙うブログのことです。

先ほど、15記事で2万アクセスに到達したと話しましたが、このアクセスのほとんどは「ネットの検索から」です。

世の中の人は、日々、自分の興味・関心にしたがって、スマホやパソコンを使いながら、毎日調べ物をしています。

例えば、ビジネスのコンセプトに悩んでいる人であれば、「ブランドコンセプト」というようなキーワードで検索しています。

検索結果は、この通りです。

「ブランドコンセプト」の検索結果

基本的には調べ物をしているときは、1ページ目の1番上のサイトからチェックしていくので、その流れで、アクセスしてきてくれると、これで1アクセスというわけです。

ここには、実際に僕のサイトの記事が1位に表示されているので、多くの人が見にきます。

統計でいうと、1位に表示されると、全体の約30%の人が見に来ると言われています。

例えば、仮に2万5000人の人が毎月この検索キーワードで調べていたら、毎月7500人が、この1記事を見に来るというわけです。

実際にこの記事は、毎月7000人以上の人が見にきています。

さらにいうと、ビジネスのコンセプトに悩んでいるという人は、ピンポイントで僕の見込み客の人たちなので、ビジネスに繋がる可能性も非常に高い人です。

また、なぜ、資産型というのかというと、アクセスが毎月安定するからです。

記事のテーマが「コンセプト」という普遍的なワードであれば、調べる人は必ず、毎月一定数います。

だから、この記事を書いたのは、2016年とかですが、今だにこの記事だけで、毎月7000人以上の見込み客の人と接点を持ち続けることができているのです。

僕のサイトには、こうした記事がたくさんあります。

ブログを書けば書くほど、毎月、安定した新規の接点が増えていきます。

そういう意味で、資産型ブログというんですね。

この資産型ブログだと、毎月、数万人、数十万人、100万人以上の安定的な接点を持つことは可能です。

ただし、この資産型ブログの書き方の特徴としては

  • SEOについての知識を習得しなければならない
  • 長文の記事を書かなければならない
  • WordPressを必要とする

ということがあります。

まず、最初に「SEOについての知識を習得しなければならない」について。

この「ネットの検索からアクセスを集める方法」を専門用語で「SEO対策」と言います。

だから、この資産型ブログの記事を書こうと思ったら、最低限のSEOの知識は、頭に入れておく必要があります。

ただ、闇雲に自分が書きたいことだけをなんとなく書いていても、成果につながらないのが資産型ブログの特徴です。

とはいっても、そこまで難しい知識ではありません。

昔は、覚えることはたくさんありましたが、年々その覚えるべき知識や情報量は減っていますし、どこを押さえておけばいいのかということは、後で詳しく解説します。

また、この資産型のブログを書こうと思うと、基本的には、長文の記事を書いていく必要があります。

文字数で言えば、5000~1万字程度は求められるのが普通です。

そうしないと、検索結果で、上位に表示されることすらありません。

というのも、この検索順位というのは、「どれだけ検索して来る人の”想い”に応える記事かどうか」で並び替えているからです。

検索順位を並び替えているのはGoogleです。

Googleが目指しているのは、地球上全ての人にGoogleという検索エンジンを使ってもらうことです。

仮に地球上の70億人の人が、Googleを利用してくれれば、Googleは70億人のコミュニティを持つようなものです。

そのコミュニティに所属する人数が多ければ多いほど、広告主にアプローチができ、企業に広告出稿をしてもらえるからです。

もし、10人しかGoogleを利用する人が地球上にいなければ、Googleで広告出稿をしたいという企業がいないのは想像できるでしょう。

では、地球上全ての人に利用してもらうためには、どうすればいいのか?

それは、Googleが地球上で最も、便利で、使いやすい検索エンジンになる必要があります。

自分が知りたいことが、パッと表示されるような検索エンジンですね。

検索して来る人は必ず何かしらの思いを抱えて検索してきます。

例えば「ブランドコンセプト 作り方」であれば、コンセプトの作り方に悩んでいて、その作り方を知りたい人でしょう。

もし、「ブランドコンセプト 作り方」で調べた時に、

コンセプトの作り方は、他のコンセプトを真似することです

というたった一文しか書かれていないブログ記事が1番上に表示されたら、どうなるでしょうか?

誰も、Googleを利用しないと思います。

だって、その一文を見たところで、あまりコンセプトの作り方については参考にならないからです。

それよりも、コンセプトの作り方についての事例がたくさん乗っていたり、専門的な知識を分かりやすく丁寧に解説されていて、本当にコンセプト作りに役に立つ記事の方が上に表示されるようになっています。

そうした方が、ユーザにとっては「Googleを使えば、自分が求めている情報が出て来る」となります。

だから、文章というのは、どんなテーマであっても、その検索して来る人の思いに応えるために、ある程度、長文になってしまうのです。

ただ、これまで長文のブログ記事を書いたことがないという人でも、長文の記事を書けるようになる方法もあるので、そこは安心してください。

あとで解説していくので。

そして、3つ目の書き方の特徴は「WordPressを使う必要がある」です。

WordPressというのは、ブログサービスの一つです。

WordPress

WordPressは、検索からアクセスを集めていくブログを作る時には、最適のブログサービスなのです。

それは、Googleの検索エンジン部門の担当者マットカッツ氏も、その効果を認めているほどです。

「ワードプレスを選ぶことは、非常に良い選択です。なぜなら、ワードプレスは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、SEO(サーチエンジン最適化)の手法の80%~90%に対応するように作られているからです。」

実際にどの分野でも、検索結果で上位に表示されているほぼ全てのサイトが、WordPressと言っても過言ではないほどです。

その他の無料ブログなどは、あまり上位に表示されていません(ライバルが少ないキーワードは別ですが)。

SEO対策というと、複雑な設定を求められますが、WordPressを使えば、それも非常に簡単になります。

ただし、WordPressを利用するには、サーバーやドメインの契約が必要なので、月額のランニングコストとしては1000円程度かかります。

もちろん、そうした諸々のことを差し引いたとしても、WordPressを利用する価値は十分あります。

資産型ブログは、ある程度、数十記事〜100記事ほど、記事を書いてしまえば、後は、そこまで多くの更新をせずとも、毎月、安定して、数万人〜数十万人以上の見込み客の人と接点を持つことができます。

そういうメディアは、この資産型ブログ以外はあり得ないですし、このモデルを目指したければ、そういうブログの書き方の特徴があるということは押さえておいてください。

1-2.世界観ブログの書き方の特徴

さて、続いては、世界観ブログについてですね。

これは、検索からの流入を踏まえて記事を書くというよりも、自分が発信したいテーマを自由に書くというスタイルになります。

世界観ブログは、特に文字数や検索キーワードは気にしません。

自分の価値観やキャラクターを発信し、少ない接点で人を巻き込んでいくというスタイルのブログです。

資産型ブログのアクセスの流入は「ネット検索から」でしたが、世界観ブログの方は、SNSからの流入です。

例えば、ブログ記事を更新したら、このようにFacebookなどに投稿し、自分のフォロワーに対して、見に来てもらったりするという感じですね。

また、アメブロなどでは、アメブロに登録しているユーザーとコメントやメッセージなどで交流して見に来てもらったりすることでアクセスの流入を狙うことができます。

その他にも、リアルで関係性を持った人に自分のブログを紹介して、見にきてくれる人の数を増やすという方法もあります。

ただ、この世界観ブログについては、そこまで検索からの流入は見込めないため、最初に人を集め続けるためには、見にくる人をファンにし、記事を更新し続ける必要があります。

どちらかというと、対面でのコミュニケーションが得意な人にはオススメですね。

人と関係性を築いていったり、深めていったりすることが得意な人は、ファンを作ることができやすいので。

ただ、資産型にはない、潜在的な爆発力はあります。

コンセプトやキャラクターで、一気に話題になってしまえば、資産型ではあり得ないくらいのアクセスを呼び込むことも可能です。

例えば、一時期、芸能人のモノマネメイクで話題になった、ざわちんのブログは、1日で815万アクセスを記録したこともあります。

ざわちん

いかに、ファンを増やすのかが、世界観ブログのテーマですね。

そのためには、SEOの知識というよりも、コンセプトやキャラクター力、ユニークな情報発信力が求められると言えるでしょう。

ただ、カリスマ性がなくても、人と人とのコミュニケーションを取って、繋がりを大切にする人は、ファンができていくので、初心者の人でも取り組みやすいかなとも思います。

長文のブログ記事を一定期間更新し続ける資産型ブログか、短い分の記事を更新頻度高く、キャラクターも載せて発信する、世界観ブログの、どちらが合うかは、やってみないとわかりません。

どちらでも、上手くいく道筋はあります。

自分に合う方を選ぶと良いと思います。

では、次に、実際にそれぞれの書き方について解説していきたいと思います。

2.資産型のブログ記事の書き方

では、まずは、資産型ブログの書き方についてお話していきたいと思います。

2-1.WordPressブログの導入と設定

先ほども言ったように、この資産型ブログではWordPressのが必須になるので、まだWordPressを使っていないという人は、以下の記事を読んで、WordPressを導入してください。

初心者でも簡単にWordPressをインストールする方法

「WordPressのインストールは難しそう」という人は多いんじゃないでしょうか。そこで今回は、WordPressのインストール作業を全て図付きで解説します。

 

また、WordPressの初期設定については、こちらの記事で解説しています。

WordPressの初期設定で絶対に設定すべき4つのこと

「WordPressを始めたけど、何を設定すればいいのか分からない…」という方のために今回は「WordPressの初期設定で絶対に設定すべき4つのこと」というテーマでお話しています。

また、SEO対策を行う上で、「All in One SEO Pack」という機能拡張ができるプラグインを導入する必要があるので、それはこの記事を見ながら導入して見てください。

All in One SEO Packの使い方(設定方法)をマスターしよう

All in One SEO PackはWordPressで集客するんだったら、必ず導入しておいた方がいいプラグインです。今回は、このプラグインの使い方を解説していきます。

 

2-2.SEOキーワード選定

そして、導入が終わったら、具体的なブログの書き方について解説していきます。

まず、ブログの書き方の最初のステップとしては、キーワード選定を行います。

キーワード選定というのは、この記事は何のキーワードで検索した時に、検索結果の上位に表示させるのかを決める作業のことです。

資産型のブログ記事の場合は、それぞれの記事に、どんな検索キーワードで上位表示させたいのかを決めていきます。

例えば、このブランディングについての記事であれば、「ブランディング」と調べた時に検索結果で上位表示させたいと決めた上で、ブログ記事を書いています。

ブランディングの検索結果

この作業を経ない限り、ネットの検索からアクセスを呼び込めることはありません。

このキーワード選定のポイントは

  • 集めたい人が調べていそうなキーワードを狙う
  • 複合キーワードを狙う
  • 検索需要があるものを狙う

の三つです。

1.集めたい人が調べていそうなキーワードを狙う

まず、最初の「集めたい人が調べていそうなキーワードを狙う」について。

まず、ブログ記事に設定するキーワードというのは、自分が集めたいと思っている人が調べていそうなキーワードを狙う必要があります。

もし、何か商品・サービスを販売しているのであれば、それを購入する可能性がある人が調べていそうなキーワードを狙うのが良いでしょう。

例えば、ホームページを販売しているのであれば、ホームページを購入する可能性がある人が調べていそうなキーワードを狙うということです。

その場合であれば、

  • ビジネスをこれから始めようと思っている人
  • もう既に何かビジネスを持っている人

の2つがざっくりとしたターゲットになります。

例えば、「ホームページ 集客」や「ブランディング 手法」というようなキーワードであれば、その二つのターゲットの人は調べているでしょう。

そういうキーワードを狙う必要があります。

これが例えば、「ダイエット 方法」というようなキーワードになってしまうと、そのキーワードを調べている人たちは、ダイエットに興味がある人で、ビジネスはしていない可能性が非常に高いです。

だとすれば、そういうキーワードで数万アクセス集めたところで、全く成果に繋がりません。

なので、ここはマッチさせる必要があるということですね。

2.複合キーワードを狙う

そして、次に「複合キーワードを狙う」について。

複合キーワードというのは、「ブランディング ○○」「ブランディング ○○ ××」というような2語以上のキーワードのことです。

要するに「ブランディング」というような単一のキーワードだけを狙わないようにするということです。

複合キーワードを狙うのは

  • 総合計でも単一キーワードよりもアクセス数が上回る
  • ライバルが少なく、上位表示されるのが早い

という2つのメリットがあるからです。

まず、重要なポイントは、複合キーワードで狙っても、単一キーワードでも上位表示される可能性があるということです。

例えば、最初に紹介した「ブランドコンセプト」についての記事ですが、これは単一のキーワードで上位表示されていますが、

「ブランドコンセプト」の検索結果

「ブランドコンセプト 例」で調べた時でも上位表示されています。

「ブランドコンセプト 例」の検索結果

仮に

  • 「ブランドコンセプト」で1位を獲得:月5000アクセス
  • 「ブランドコンセプト 例」で1位を獲得:月2000アクセス

とするのであれば、複合キーワードで狙った方が「5000アクセス+2000アクセス」になるので、単一キーワード「5000アクセス」よりも総合計で多いということにもなります。

また、単一キーワードだけで狙うと、非常にライバルが多いので、中々、最初はアクセスが集まりにくいというデメリットもあります。

アクセスが集まらなければ、検索結果で上位に表示させることは非常に難しいです。

なので、複合キーワードを狙いましょう。

複合キーワードを探すのであれば、「関連キーワード取得ツール」を使うのがオススメです。

関連キーワード取得ツール

使い方は非常に簡単です。

左上の「検索キーワード」に書かれたボックスに、何か単一のキーワードを入力すると、右の「全キーワードリスト」のところに複合キーワードの候補が出て来ます。

「ブランドコンセプト」の関連キーワード

まずは、このキーワードを全選択して、コピーしておいてください。

3.検索需要があるキーワードを狙う

そして、3つ目のポイントとしては、検索需要があるキーワードを狙うというのも非常に重要です。

キーワードには、多く調べられているキーワードもあれば、あまり調べられていないキーワードもあります。

例えば、「ダイエット 方法」というようなキーワードであれば、多くの人が調べていますが、「芋虫 育て方」というようなキーワードは、あまり誰も調べていません。

仮に「芋虫 育て方」で調べている人が毎月、日本中に10人しかいなければどうなるのかというと、このキーワードで検索順位が1位になったとしても、毎月、そのブログ記事に見に来る人は3人しかいません。

だから、事前にそのキーワードに検索需要があるのかどうかを調べておくのは非常に重要なのです。

その検索需要を調べるために使うのが、Googleキーワードプランナーです。

まだGoogleキーワードプランナーを利用したことがないという人は、以下の記事からまずは導入してみてください。

【2019年最新版】Googleキーワードプランナーの使い方!初心者でも丸わかり

今回は、 新しくなったGoogle Adwordsのサービス「キーワードプランナー」の使い方&操作方法 キーワードプランナーを使ったキーワード選定方法の基本的な手順 関連キーワ …

使い方は非常に簡単です。

Googleキーワードプランナーにログインしてもらって、まずは「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックしてください。

検索ボリュームと予測のデータを確認する

そして次に、先ほど、関連キーワード取得ツールでコピーしたキーワードを貼り付けます。

貼り付けたら「開始する」をクリックします。

検索ボリュームを確認する

そうすると、このようなページが出て来るので、上のタブの「過去の指標」をクリックしてください。

そして、月間平均検索ボリューム(検索需要)をクリックして、出力されたキーワードを検索需要順に並び替えます。

月間平均検索ボリューム

そして、この検索ボリュームを参考にしながら「ブランドコンセプト  ○○」という2語目のキーワードを選んでいきます。

  • 検索ボリュームが1000~1万以上(最低でも100~1000以上)かどうか
  • 自分が書きたいテーマとマッチしているかどうか

という2つの基準で2語目を選んでいきます。

例えば、「ブランドコンセプト 例」だと、100~1000なので、最低ラインの検索需要はクリアしていて、自分が書きたいテーマとマッチしているので、今回はOKということになります。

ちなみに2語で検索需要が1000~1万以上あると、その記事が上位表示されたら、月間数千アクセス集まる記事になります。

そして、これで「ブランドコンセプト 例」という2語目のキーワードが決まったので、次は3語目のキーワードを選んでいきます。

次は再び、関連キーワード取得ツールに戻り、先ほど決めた「ブランドコンセプト 例」というキーワードを入力して、「取得開始」をクリックします。

そうすると、「全キーワードリスト」に3語目の候補が出てきます。

関連キーワード取得ツール

そうしたら、再び同じ要領で、3語目以降の月間平均検索ボリュームを出します。

3語目以降は、もちろん、検索ボリュームは多いに越したことはないですが、自分が書きたいテーマとマッチしているかどうか、で3語目以降を選定していってください。

今回は、「ブランドコンセプト」「ブランドコンセプト 例」で上位表示を狙いたかっただけで、何も「ブランドコンセプト 例 アパレル」というアパレルに限ったブランドコンセプトについての記事を書くつもりはなかったので、選びませんでした。

ブランドコンセプトの3語目キーワードの検索ボリューム

3語目以降は、ニッチすぎて、選んでしまうと、逆に2語目のキーワードが上げづらくなりそうという場合もあるので、その辺は臨機応変にキーワード選定してもらえればと思います。

2-3.検索ユーザー像の作成

そして、キーワード選定が終わったら次に、検索ユーザー像の作成という作業に移っていきます。

これはつまり、そのキーワードで検索して来る人は、どういう人かを考えるという作業ですね。

これを予め考えておくことで、検索して来る人がどういう想いを抱えて来るのかを捉えることができるので、読んでもらえる的確な記事を書けるようになります。

ポイントは、

  • 顕在的ニーズ:そのキーワードから表面的に知りたいこと
  • 潜在的ニーズ:そのキーワードの奥に潜む本当に知りたいこと

の二つのニーズを知ることです。

顕在的ニーズというのは、簡単に言えば、そのキーワードから類推できる、表面的に知りたいことです。

例えば、「ブランドコンセプト 例」であれば、ブランドコンセプトについての様々な事例が知りたいんだなということが分かると思います。

ただし、これはあくまでも表面的に知りたいことであって、本当に知りたいことは別にあると思います。

なぜ、そんなにブランドコンセプトの事例を知りたいのかを考えれば分かると思います。

恐らくそれは、自分自身がブランドコンセプト作りについて悩んでいて、それの参考に情報を集めているということが類推できると思います。

そこを捉えるのであれば、事例だけでなく、ブランドコンセプトの作り方のヒントになるような内容も盛り込むことで、より、検索して来る人たちの想いに応える記事を作ることができます。

具体的に、そのキーワードで調べて来る人たちが何を求めているのかがわからないという場合は、実際にそのキーワードで検索してみましょう。

「ダイエット 方法」の検索結果

上位10サイトをチェックしてみて、どういう内容が書かれれているのか、目を通しておくと、何となく、検索して来る人が何を求めているのかが分かると思います。

特にこの上位10サイトは、グーグルが現時点で、「一番、想いに応えている」と判断して並び替えしているので、参考になります。

2-4.ブログ記事タイトルの作成

そして、キーワード選定が終わったら、次にブログ記事のタイトルを作成していきましょう。

ブログ記事のタイトル作成のコツは、

  • SEOキーワードを入れる
  • 文字数を30文字程度に抑える
  • 読みたくなる要素を入れる

の3つがあります。

まず、SEOキーワードを入れるですが、これは先ほど選定したキーワードをタイトルの中に含めるということですね。

例えば、「ブランディングとは」というキーワードを選んだのであれば、

ブランディングとは何か?選ばれ続けるブランドを作る3つの方法

というようなタイトルにするということです。

自分が狙ったキーワードで上位表示させたいのであれば、この作業は絶対に必須です。

選定したキーワードをタイトルに含めなければ、上位表示は、ほぼ不可能になると思ってもらっても構いません。

なので、絶対にキーワードは入れるようにしましょう。

そして、次に文字数を30文字程度に抑えるということですが、これは、それ以上になり過ぎると、検索結果で表示した時にタイトルが切れてしまうからです。

「ダイエット 食事 簡単」の検索結果

タイトルが長すぎて、切れてしまうと途中で「…」と表示されてしまいます。

これは非常にもったいないことです。

というのも、検索結果のこの画面にたどり着いた人は、基本的にはタイトルでそのページを読むかどうか判断しています。

それ以外に判断基準がないからです。

そのタイトルが途中で切れてしまってしまうと、明らかにクリック率が下がってしまいます。

なので、30文字程度に抑えるようにしましょう。

そして、最後に「読みたくなる要素を入れる」ということですが、これも先ほどと同様の理由で、検索結果の画面から来るかどうかの判断基準はタイトルしかないからです。

だから、タイトルがより魅力的な方が、多くの人が見にきてくれるようになります。

たとえ、順位は自分よりも上の記事があったとしても、その上の記事よりも、クリック率を高めていくことは可能です。

例えば、単純に

ブランディングとは

という一言のタイトルよりも、

ブランディングとは何か?選ばれ続けるブランドを作る3つの方法

というようなタイトルの方がクリックはしたくなると思います。

こういうキャッチーな要素を入れて、記事タイトルを作成するということですね。

キャッチーな要素を含めた、記事タイトルの作り方については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ、ご覧ください。

絶対に読みたくなる!ブログ記事のタイトルの決め方

「集客に繋がるような良いブログ記事のタイトルが思いつかない…」という方のために、今回は「絶対に読みたくなる!ブログ記事のタイトルの付け方」をご紹介しています。

 

2-5.ブログ記事構成の作成

そして、タイトルが終わったら、次はブログの記事構成の作成に移ります。

記事構成というのは、いわゆるブログ記事の見出しのことです。

目次

資産型ブログの場合は、すぐに本文の作成に取り組むのではなくて、予め、このような記事構成を事前に作成しておく必要があります。

というのも予め構成を作成しておくことで、本当に、検索して来る人の意図や思いに余すことなく応える記事が書けるからです。

どうしても、フリースタイルで自由に記事を書いていってしまうと、このことを書くの忘れたということになってしまいがちです。

記事構成の作成方法は、簡単です。

自分が一番、検索順位を上げたい、1語 or 2語のキーワードで実際に検索してみて、上位10サイトをチェックします。

それぞれの記事内容をしっかり読む必要はないですが、目次や見出しをチェックして、実際に書くかどうかは置いておいて、それを抜き出した上で、構成を考えるのがオススメです。

これは実際に「経営理念とは」という記事を書く際に、最初に書き出したアイディアレベルの記事構成です。

「経営理念とは」の構成

上位10サイトを見たときに、出て来たのがこの見出しでした。

被っている部分も多々あると思います。

そして、これをベースに、実際に書く記事構成を組み立てます。

基本的に資産型のブログ記事の構成というのは、

  • 書き出し
  • 本論
  • 結論

の三部構成になっているので、それも念頭に入れながら、構成を作成しましょう。

そしてできたのが、この記事構成でした。

目次

記事構成を作る際のポイントは、できるだけ深掘りしていくことですね。

例えば、「良い経営理念の条件」という見出しを入れようと思ったのであれば、条件って具体的には何だろうということも予め構成を作る段階で決めておくんですね。

もちろん、記事を書きながら、発想が出て来るということもあるので、ざっくりとで構いませんが、予め決めておくと、筆がスラスラと進むので、ぜひ、書き出しておきましょう。

この手順で記事構成は作成していってください。

2-6.ブログ記事執筆

そして、記事構成を書いたら、後は、その構成に基づき、記事を書いていくだけです。

記事執筆のポイントは、分かりやすい文章を心がけるという事です。

分かりやすい文章を書くには

  • 検索ユーザーのことを想像し、使う言葉を意識すること
  • 抽象と具体を繰り返していくこと

の2点を意識するのが重要です。

まず、検索ユーザーのことを想像し、使う言葉を意識することについて。

ブログを初めて書く場合、この視点が欠如している事が非常に多いです。

例えば、「WordPress 始め方」というキーワードをもし狙っているとします。

恐らくこのキーワードで検索してくる人は、WordPressをまだ使った事がなくて、これから始めたいと思っている人だと思います。

この場合なら、あまり難しいWordPressの専門用語を乱発し過ぎても、意味が通じない事が想定できたりします。

ブログの文章では、この「意味がよくわからない」という自体は絶対に避けたいのです。

「意味がよくわからない」という文章は、読み手のエネルギーを奪います。

読み手はある一定数のエネルギーを奪われると、ページを閉じたくなります。

なので、その自体は避けたいんですね。

その最低限のルールが、相手を想定した上で、言葉を使うということです。

また、分かりやすい文章を書くには「抽象」→「具体」を意識する必要があります。

分かりやすい文章というのは、全てその構成でできています。

例えば、それは、こういう文章です。

SEOとは、一般的には「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジンの最適化」という意味です。

ただ、この説明だと難しいので、簡単に言えば「ネットの検索から集客する方法」だと考えてもらえればOKです。

パソコンやスマートフォンが登場してから、人は自分の興味・関心にしたがって、インターネットで調べものをするようになりました。

例えば、「恋人が欲しいから、痩せて綺麗になりたい…」と思っている女性がいるとします。

そういう女性は、GoogleやYahoo!の検索エンジンを使って「ダイエット 方法」というようなワードで調べたりしています。

ダイエット方法についての検索結果

そうすると、だーっといろんなサイトの記事やページが表示されます。

こうやってダイエットで悩んでいて、実際にこのキーワードを調べている人はたくさんいます。

仮に毎月、10万人の人が調べているとしましょうか。

要は、毎月、10万人の人がこの検索結果の画面を見ているわけです。

そして、もし、自分の所有しているサイトが、この検索結果の一番上の「【保存版】ダイエット方法まとめ…」の位置に表示されていればどうでしょうか?

大量にアクセスが流れ込んで来るのは理解できると思います。

そして、もし、このページがパーソナルトレーニングジムのサイトだったらどうでしょうか?

ダイエットで悩んでいる人が数万人、そのパーソナルトレーニングジムのサイトにやって来るのです。

そのジムは集客できない訳がありませんよね。

見込み客の人が検索していそうなキーワードを狙って、ページを作成し、ネットの検索から集客する。

これが簡単に言えば、SEOによる集客です。

この文章は基本的には、中学生でも理解できるように書いています。

まず、「抽象」の部分ですが、これは

SEOとは、一般的には「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジンの最適化」という意味です。

の文章です。

「抽象」部分というのは、Zipファイルのように、少ない言葉の中に、大量の情報や意味が込められていると捉えてもらうと良いでしょう。

だから、その言葉の背景を知っていなければ、その文章は理解できません。

基本的に「読み手のエネルギーを奪う文章」というのは、この「抽象」部分だけで展開されていく文章のことです。

例えば、

ラプラスの悪魔(ラプラスのあくま、英:Laplace’s demon)とは、主に近世・近代の物理学分野で、因果律に基づいて未来の決定性を論じる時に仮想された超越的存在の概念。「ある時点において作用している全ての力学的・物理的な状態を完全に把握・解析する能力を持つがゆえに、宇宙の全運動(未来を含む)までも確定的に知りえる」という超人間的知性のこと。

というような文章が永遠続くというブログ記事のことです。

読んでいる最中に「?」が自分の中に浮かび続けます。

これだと、しまいには閉じられてしまいます。

だから、重要なのは、その情報が圧縮されたZipファイルを展開するように、「抽象」を「具体」に噛み砕いて行くことです。

「検索エンジンの最適化とは具体的にどういうことなのか」を展開したのが、それに続く文章です。

そこには、言い換えや、具体的な事例なども含めた上で、「SEO」について何も知らない人でも、理解できるように情報を展開しています。

だから、どんどんブログ記事として読み進めてくれるのです。

意識すべきなのは、「エネルギーを与える」ブログ記事です。

読み進めて行く上で、新しい気づきや、新しい発見、新しい学び、新しい感動が、そのブログ記事の中であると、エネルギーをもらえます。

そうすると、記事の最後まで読んでくれるようになるので、結果として、それが検索順位の上昇にも繋がります。

2-7.ブログ記事の装飾

また、ブログ記事の装飾も非常に重要です。

これもブログ記事の読みやすさに繋がります。

デザイン的にも美しいブログ記事は、読み手に与えるストレスを軽減できます。

美しく、見やすいブログ記事を作るためには、

  • 見出しを整える
  • 画像を一定のサイズ、適度なリズムで配置する
  • 強調文字を使う

の3点を抑えると良いでしょう。

1.ブログ記事の見出しを整える

まず、見出しを整えるということについて。

見出しというのは、ブログ記事構成で作成した、この部分のことですね。

見出し

この見出しは、文章の節目になるので、ここのデザインを整えるだけでも、読みやすく、メリハリがある文章という印象を与えることができます。

WordPressの見出しについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ご覧ください。

WordPressの見出しデザインを自由にカスタマイズする方法

「WordPressでオリジナルの見出しデザインを作りたい!」と思っていませんか?今回は、誰でも簡単に「WordPressの見出しデザインを自由にカスタマイズする方法」をお伝えします。

 

2.ブログ記事の文中で画像を使う

また、文中で画像を使うのも重要です。

文字だけのブログというのは非常に読みづらいです。

長文になればなるほどそうですね。

というのも、文字だけというのは、リズムが一定過ぎるので、飽きてくるからです。

途中途中で、画像や見出しなどのアクセントを入れると、たとえ長文の記事だとしても、下まで読んでくれるようになります。

また、文中に画像を入れる際には、必ず、縦横比率やサイズなど、できるだけ一定にするのがオススメです。

全ての画像のサイズが、バラバラだと美しくありません。

美しくないというのは、人間にとって非常にストレスなんですね。

なので、面倒臭がらずに揃えるようにしましょう。

画像サイトとして有名なのは、以下のサイトですね。

全て、無料で、クレジット表記なしで使えるので、オススメです。

Pixabay · 魅力的なフリー画像

使用無料の画像やビデオがみつかる最良の場所。 商用利用無料 ✓ 帰属表示は必要ありません ✓

 

ぱくたそ-フリー素材

ぱくたそは、「使って楽しい!見て楽しい」をキャッチコピーに20653枚のフリー素材を無料で配布しています。会員登録なしでダウンロード可能、高品質/高解像度の写真です。

 

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

無料写真素材を提供する「写真AC」のフリー写真素材は、個人、商用を問わず無料でお使いいただけます。クレジット表記やリンクは一切不要です。Web、DTP、動画などの写真素材としてお使いください。

 

おしゃれなフリー写真素材 | GIRLY DROP(ガーリードロップ)

GIRLY DROP(ガーリードロップ)は、眺めるだけで、キュンとする♡女の子による女の子な無料(フリー)写真画像サイトです。通称「がりどろ」または「ガリドロ」☆商用利用可能で会員登録やクレジットは不要!写真はオシャレな加工済みです♫

 

O-DAN (オーダン)- 無料写真素材・フリーフォト検索

高品質な無料写真素材・フリーフォトを40以上の有名ストックフォトサイトから日本語で横断検索できるサービス「O-DAN(オーダン)」

 

Gratisography – Free High-Resolution Photos

Hundreds of free high-resolution pictures you can use on your personal and commercial projects, free of copyright restrictions. New photos added every week!

 

 3.強調文字を使い、メリハリをつける

また、強調文字を使うのも非常に重要です。

強調文字というのは、文中で強調したい時に、文字の色や太さを変えたりしている文字のことです。

僕のブログであれば、

15記事で2万アクセスに到達したと話しましたが、このアクセスのほとんどは「ネットの検索から」です。

15記事で2万アクセスに到達したと話しましたが、このアクセスのほとんどは「ネットの検索から」です。

15記事で2万アクセスに到達したと話しましたが、このアクセスのほとんどは「ネットの検索から」です。

の3種類を使っています。

これを使うか使わないかで、文章の読みやすさというのは、変わってきます。

文章を見比べてみれば、一発でわかります。

強調文字を使わなかったら、こうなります。

SEOとは、一般的には「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジンの最適化」という意味です。

ただ、この説明だと難しいので、簡単に言えば「ネットの検索から集客する方法」だと考えてもらえればOKです。

主にこの集客方法というのは、ホームページやブログといったWebサイトを通じて行われます。

パソコンやスマートフォンが登場してから、人は自分の興味・関心にしたがって、インターネットで調べものをするようになりました。

例えば、「恋人が欲しいから、痩せて綺麗になりたい…」と思っている女性がいるとします。

そういう女性は、GoogleやYahoo!の検索エンジンを使って「ダイエット 方法」というようなワードで調べたりしています。

使ったらこうなります。

SEOとは、一般的には「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジンの最適化」という意味です。

ただ、この説明だと難しいので、簡単に言えば「ネットの検索から集客する方法」だと考えてもらえればOKです。

主にこの集客方法というのは、ホームページやブログといったWebサイトを通じて行われます。

パソコンやスマートフォンが登場してから、人は自分の興味・関心にしたがって、インターネットで調べものをするようになりました。

例えば、「恋人が欲しいから、痩せて綺麗になりたい…」と思っている女性がいるとします。 

そういう女性は、GoogleやYahoo!の検索エンジンを使って「ダイエット 方法」というようなワードで調べたりしています。

明らかに後者の方が読みやすいと思います。

また、記事の装飾においては、使うカラーも重要になってきます。

あまりに強調文字のカラーが多過ぎると、統一感がなくなって読みにくいですが、この3種類は、一番普遍的に使える組み合わせなので、カラーに迷うという人は、この組み合わせを使ってください。

強調文字を入れるポイントは、最低でも、1スクロールに一回くらい入れられると良いですね。

2-8.ブログ記事のSEO設定

そして、装飾も含めて、記事を書き上げたら、あとは、ブログ記事のSEO設定をしていきます。

このステップは「ネット検索から集客する」ブログ記事を書くのであれば、絶対に外せないので、必ず、設定するようにしてください。

これは前半部分で紹介した、「All in One SEO Pack」というプラグインを使って設定していくので、以下の記事を見ながら設定していってください。

All in One SEO Packの使い方(設定方法)をマスターしよう

All in One SEO PackはWordPressで集客するんだったら、必ず導入しておいた方がいいプラグインです。今回は、このプラグインの使い方を解説していきます。

 

2-9.ブログ記事の公開とSNSでの拡散

そして、All in One SEO PackでのSEOの設定が終わったら、記事を公開して、公開した記事を自分のSNSなどで拡散するようにしましょう。

検索順位を上昇させるために重要になるのは、初速です。

基本的に検索順位というのは、ブログ記事に読者に読みにきてもらって、その人たちがどういう動きをするのかという結果が、Googleにフィードバックされて、検索順位が決まります。

だから、まずは、ブログ記事に多くの人が読みに来てもらう必要があります。

特に、自分のSNSでは記事の更新通知などは、できるだけした方が良いでしょう。

というのも、その人たちは、自分に何かしらの興味があって、繋がっているわけなので、熟読してくれる可能性が高いです。

熟読してくれる人が多ければ多いほど、検索順位は上がります。

ブログで上手くいっている人ほど、他のメディアとの連携も上手です。

そこから、上手く、アクセスを誘導して、熟読してもらい、検索順位を上げています。

そうしないと、その記事に集まるフィードバックが遅すぎて、検索順位が上がるのが、半年後や、1年後になってしまう可能性さえあります。

3.世界観型のブログ記事の書き方

では、次に世界観ブログの書き方についてお話していきたいと思います。

世界観ブログとは言ってますが、これは資産型ブログにも応用できるので、資産型ブログを作りたいという人も、ぜひ、最後までご覧ください。

3-1.世界観の構築

まず、世界観ブログでやるべきことというのは、世界観の構築です。

世界観というのは、どういう人間が、どういう想いで、何のために、どんな発信をしているのかという、コンセプトとキャラクターのことです。

この世界観を一言で集約したものが、ブログタイトルになったりします。

自分が有名人でない限り、世界観型ブログは、資産型ブログに比べて、新しく持てる接点というのは少なくなります。

せいぜい、毎日更新していって、1日100~300アクセスくらいなものです。

検索からの流入を見込めないので、基本的には、リアルでやSNSを使って、泥臭く、人間関係を作り、コミュニケーションをして行き、少ない接点で、濃い繋がりを作っていくというモデルになります。

資産型とは逆のスタイルですね。

資産型は、大量にアクセスが集まって来ますが、その分、一人一人との関係性というのは希薄です。

世界観型の300アクセスと、資産型の300アクセスは、そもそも質が違います。

世界観型の方が、見にきている人たちとの関係性は濃いということですね。

そして、濃い関係性を作る際に絶対に必要になるのが、世界観な訳です。

自分は、どういう人間で、どういう想いで、何のために、どんな発信をしているのか、これが明確になけば、人と繋がることができません。

例えば、プロフィールもない、何のブログなのかもわからない、こんなブログがあったとしても、誰も繋がろうとは思わないわけです。

特に少ない接点で、関係性を作るとなると尚更です。

世界観の作り方は、非常に簡単です。

まずは、

  • 誰に発信したいのか
  • 何を発信したいのか
  • その人たちにどうなってもらいたいのか

という3点の方向性を明確にしていきます。

これをぼんやりとでも良いので言語化していきます。

例えば、

  • 映画・ドラマ・アニメ好きの人に
  • 映画・ドラマ・アニメの解説を
  • 映画・ドラマ・アニメをただ娯楽として消費するのではなく、人生の学びとして昇華してもらいたい

という方向性が出て来たとします。

そして、次は、これを表現として、よりシャープにします。

「これを一言で表現するなら、何になるのか?」を考えてみます。

そのためには、まずは、定めた方向性から、連想ゲームのように、思いつくまま、キーワードを洗い出していきます。

映画、ドラマ、アニメ、エンタメ、娯楽、ストーリー、神話、日常の学び、繋ぐ…

一人で考えるよりも、複数人で考える方が、よりエネルギーの込もった世界観になると思います。

そこで出て来たキーワードを掛け合わせてみます。

例えば、「エンタメ」×「ブリッジ」というキーワードが出て来たとします。

ブリッジとは架け橋、繋ぐという意味です。

非日常(娯楽)と日常(学び)を繋ぐ、自分と作品を繋ぐ。

そこには色んな意味を込めることができます。

じゃあ、それをそのまま、ブログタイトルにすれば良いのです。

例えば、今回の場合であれば、「エンタメブリッジ」というのをブログタイトルにするということですね。

こうして、エンタメ(映画・ドラマ・アニメ)を日常の学びに変えられる、そんなサイトなんだなということが明確になったりします。

じゃあ、映画やドラマやアニメ好きの人や、そうしたエンタメ作品をどう見れば良いのかわからないという人は、熱心に記事を読んでくれるようになります。

世界観の構築とは、一言でいうならば、「このブログは、こういう人に関係がある」という、いわば自分と相手との関係性を明確にする、作業でもあるわけです。

ここからしか繋がり(関係性)というのは始まらないので、まずは、ブログを書き始める前に、ここを定義してみてください。

また、自分のプロフィールを準備することも、より世界観を表現するために有効な手段なので、ぜひ、まだ作っていないという人は、以下の記事を読んで、プロフィールページも準備していってくださいね。

プロフィールの書き方|ビジネス用のブログプロフィールの書き方

今回は、「集客に繋がる!ブログのプロフィールの書き方」というテーマでお話ししていきたいと思います。ブログのプロフィールの書き方に悩んでいる人はぜひご覧ください。

 

ちなみに店舗であれば、店舗名と業種名はブログタイトルに含める必要があるので、ぜひ、こちらの記事でもブログタイトルの付け方は見ておいてください。

サイトタイトルの付け方のコツとは?SEO対策にも効果がある方法

「集客に効果的なサイトやブログのタイトルはどうすればいいんだろう?」と悩んでいませんか。今回は、集客に効果的なサイトとブログタイトルの付け方をお伝えしています。

3-2.世界観型のブログ記事の書き方

資産型ブログは、WordPressがいいと言いましたが、世界観型ブログは、必ずしもWordPressである必要はありません。

むしろ、検索の流入を狙わないので、アメブロやはてなブログなど、他のブログユーザーと交流できるような機能を持ったブログを使った方が良いですね。

また、一つの世界観ブログだけで交流を完結させるというよりも、FacebookやTwitterなど、複数のメディアに跨って、交流と発信をしていくというイメージです。

頻繁に更新し、それぞれのメディアで露出を増やし、徐々に関係性を深めて、オファーに繋げていくという感じですね。

書いていくブログ記事のネタとしては、資産型だと検索キーワードに縛られますが、世界観型は自由です。

重要なのは、そのブログ記事を通じて、より深い関係性が築けるかどうかです。

そのブログ記事をきっかけに、メルマガに登録してもらったり、商品・サービスに申し込んでもらったり、お問い合わせをもらったり、することができるかという視点で見ると良いですね。

例えば、あまりにもどうでもいい日常(今日の自分が作った晩御飯はこれでしたなど)では、より深い関係性は作れません。

おすすめなのは

  • お役立ち
  • リアルタイム
  • お客様の声

の3つですね。

お役立ちというのは、自分が発信したいと思っている人たちのお役に立てるような記事のことです。

例えば、料理教室をやっているとして、食や料理について知りたいと思っている人に発信したいのであれば、その人たちにとってお役立ちできるようなブログ記事を書いていくということです。

最近、挑戦した料理の作り方を書いてみるのでもいいでしょうし、料理に対する向き合い方について書いてもいいでしょう。

次のリアルタイムというのは、今の自分の現在の活動状況などですね。

例えば、こういう素晴らしい野菜を育てている農家さんのところに仕入れに行ったなどのリアルタイム報告のようなものですね。

このリアルタイムの報告がブログ記事としてあると、活動している感じがすごく伝わってくるので、これも頻繁に更新しておくと、それだけで人が集まってきます。

また、お客様の声を紹介するのも非常に有効です。

例えば、自分が料理教室を開いたのなら、そこに参加してくれた人たちの声を掲載するのです。

そうすると、この料理教室に入れば、どういう変化が自分にも起こるのかということが想像できるようになるので、ブログ記事から先へのハードルが非常に下がるのです。

なので、この3つを意識しながら、定期的に更新していくようにしましょう。

世界観型ブログは、更新が止まると、どんどん循環しなくなるので、そこは意識してみてください。

ブログ記事タイトルについては、資産型ブログの考え方も使えます(あまりにもビッグなキーワードでの上位表示は無理ですが)。

4.ブログ記事の書き方のまとめ

では、最後に今回のまとめをしておきたいと思います。

まず、ブログには、

  • 資産型ブログ
  • 世界観型ブログ

の2種類があるという話をしました。

資産型ブログの方は、ネットの検索からアクセスを集めていくというブログです。

書き方としては、

  • キーワード選定
  • タイトルの作成
  • 記事構成の作成
  • 記事の執筆
  • 記事の装飾
  • SEOの設定
  • 記事の公開とSNSでの拡散

の9ステップがあります。

検索から集めていくのであれば、SEO対策を意識したこの書き方が必要になるので、ぜひ覚えておいてください。

そして、世界観型ブログの場合は

  • 世界観の構築:コンセプト、キャラクター
  • 定期的な更新:お役立ち、リアルタイム、お客様の声

この2つを意識して、ブログを書いていく必要があります。

世界観型ブログの場合は、資産型に比べると、より1アクセスを大切にし、リアルとSNSを組み合わせながら、密にコミュニケーションを取り、関係性を深めていくやり方になります。

その人との繋がりを作るために必要なのが、世界観です。

なので、世界観型ブログに取り組む人は、ぜひ、まずは、今回お伝えした、世界観の構築から始めてみてください。

では、今回は以上になります!お疲れ様でした!

                       

全5回の無料Web集客講座

ブランドを構築するためのWeb集客術

「集客を安定させたい…」
「価格競争に巻き込まれない強固なブランドを作りたい…」 と悩んでいませんか?

この無料講座では、実際に僕自身やクライアント様が取り組み

・ブログ1記事だけで毎月見込み客を7000人以上集め続けた方法
・相場より高い値段でも、全国から仕事の受注が入り、依頼を3ヶ月待ちにした方法
・理念や価値観に共感した良質なお客さんだけを集めた方法

など、ネットを活用したブランディングや集客の方法を動画とメルマガを使ってお伝えしていきます。

登録は無料なので、ぜひ、興味がある方は、詳細ページをご覧ください。

                   

無料で講座を受け取る

カテゴリーからブログ記事を探す

SEARCH BY CATEGORY

最新の記事情報が取得できます
【ブランドを構築するためのWeb集客術】
「集客と価格競争の悩みから解放される」全5回のWEBセミナーが無料で届きます