2017年3月31日

集客力のあるホームページと集客力のないホームページの違いとは?

どうも!ブランドクリエイターの中江です。今回は「集客力のあるホームページと集客力のないホームページの違いとは?」というテーマでお話していきたいと思います。

さて、今回のテーマはホームページですね。

僕は、デザイナーとして、ホームページはこれまで何サイトも作ってきましたし、今でも毎月何件もお問い合わせをいただきます。

このページをご覧の方は、「ホームページをこれから初めて作ろう」と思っている人や「もうホームページを作ったけど、なかなか上手くいっていない」という人だと思います。

ちょっと今回の記事は、「ホームページ制作のリテラシーを高めてもらいたい」という思いがあって、書こうと思っています。

というのも、「ホームページ制作」って結構、ブラックボックスになっていて、「プロに任せたはずなのに集客できない…」「こんなはずじゃなかったのに…」「騙された…」と思うことが結構あるからです。

悪質な業者に捕まったら、せっかく高い料金を払ったのにも関わらず、フタを開けてみたらどうしようもないホームページが出来上がってしまうことも多々あります。

だから、頼む前には、ある程度、頼む側も知識を持っておく方がいいのです。今回の記事では、良い業者と、そうじゃない業者の見分け方もお伝えします。

これを知っているか知らないかで、ホームページを作ってもらって、自分のビジネスに繋げられるかどうかが決まるといっても、過言じゃありません。

今回の記事では、「集客力のないホームページの特徴」と「集客力のあるホームページの特徴」を紹介しながら、ホームページ制作についてのリテラシーを高めてもらうことを目的に記事を書いていきたいと思います。

では、早速、始めていきましょう!

1.集客力のないホームページの特徴とは

では、まずは集客力のないホームページの特徴についてお話していきたいと思います。

今回紹介する特徴を持ったホームページ制作はなるべく頼まないように気をつけましょう。

1-1.格安ホームページは集客できない

まず、最初の集客力のないホームページの特徴ですが、それが格安ホームページと呼ばれているものです。

「ホームページ 格安」とかで調べれば、いっぱい出て来ると思います。

価格帯でいうと、5万円〜とか、最近では制作費が0円で、月々数千円のランニングコストだけで持てちゃうホームページの事ですね。

「これだけ安くでホームページ持てるの!」って思うかもしれませんが、安いのには安いなりの理由があります。基本的には安かろう、悪かろうです。

まず、例外なく、集客できません。

考えてみてください。ホームページ制作が5万円ですよ?制作業者って、どうやって利益儲かるんですか?

答えは、簡単で、あらかじめ用意されたデザインのテンプレートに、お客さんからもらった写真素材や文章素材をそのままはめ込んで終わりです。

作業としては数時間でできてしまいます。

もちろん、文章素材や写真素材はお客さんからもらったものをそのままはめ込むだけなので、集客のこともほぼ考えられていないですし、集客できるわけなんてありません。

まぁ、格安ホームページ作っている会社の制作実績見ればわかると思います。集客なんてできるわけがない。

ホームページというのは、基本的には、写真素材と文章素材によって成り立っています(動画もありますが)。

だから、その写真素材と文章素材をいかに効果的なものにするのか、というのが重要なわけです。それを素人のお客さんに丸投げでは、上手くいかないのは目に見えています。

ホームページというのは、ある程度、ちゃんと作ろうと思えば、30〜50万円が必要。マーケティングのことも考えて、がっちりやろうと思えば、50〜100万円くらいはするもんです。

制作を頼む基準として、30万円以上というのを一つの目安にするといいと思います。

もちろん、30万円以上のホームページでも、「写真素材や文章素材は自分たちで用意してください。私たちはそれをはめ込みますので」という業者には頼まないほうがいいですね。

1-2.自分で更新できないホームページは集客できない

また、これは格安ホームページにも多いんですが、「自分で気軽に更新できないホームページ」というのも最悪ですね。

ホームページで集客するっていうのは、無料でやるんだったら、ホームページ内でブログ記事を書いて、インターネットの検索からアクセスを集めていくというSEO対策という方法しかない訳です。

僕のこのホームページというのは、ブログ記事を更新して、SEO対策で見込み客の人たちを集客しています。

例えば、「ブランディングの本当の意味とは|ブランディングの手法と成功事例」という記事なんかは、この1記事だけで、毎月3000人の見込み客の人たちが見てくれています。

これは何故なのかというと、「ブランディング」「ブランディング 手法」「ブランディングとは」「ブランディング 意味」といったようなキーワードで検索してもらった時に、上位に表示されているからです。

「ブランディング」っていうようなキーワードは、ビジネスをやっている人たちが毎月何万人も調べているので、検索結果の上位に表示されると、アクセスが集まるんですね。

この集客方法については「SEO対策とは-SEO対策の基本を理解しよう」をご覧いただきたいんですが、基本的にはホームページで集客するためには、ブログ記事を更新する必要があるということだけ覚えていればOKです。

だから、「自分でブログ記事を更新を簡単にできるのかどうか」というのは、制作を依頼する際に確認しておいてください。

いちいち追加料金を払って、業者に記事の文章を送って、ブログ記事を更新するというのは、コストも非常にかさみますし、ダメですね。

後で、詳しく話しますが、このSEO対策をやっていくためには、WordPressというシステムを使ってホームページは作ってもらう方がいいです。

1-3.契約を解除すると、手放さないといけないホームページは集客できない

で、続いてなんですが、これは悪質なホームページ制作業者の見分け方ですが、契約解除をすると、サイトを手放さないといけないような契約を結ぼうとしてくる業者には頼まない方がいいです。

ホームページ制作って、制作費だけじゃなくて、「保守管理」っていう名目で、月々に1~3万円とかがかかってきます。

もちろん、これはサイトのデザインが崩れた時などに対応してくれたりするので、支払う必要があるんですが、注意したいのはこの保守管理の契約を切った時に、サイトがどうなるのかっていうことです。

大体のホームページ制作業者は、この保守管理を年間契約で結ぼうとします。

何故かっていうと、この契約結んでおけば、1年間は安定したキャッシュフローが生まれるからです。

で、別にこれはそれに見合うサービスを提供するなら、それはそれでOKです。

ですが、中には契約更新の時に「もし、契約解除するんだったら、このサイトは閉鎖します」なんてことを言ってくる業者もいてます。

これは、さらに年間契約を結ばせるためです。

やり方が悪質っていうのもあるんですが、こういうマインドセット(考え方)を持った会社に制作を依頼しても、ビジネスなんて上手くいきません。

だって、こんな制作業者に頼みたくないでしょう?ビジネスセンスがないと言わざるを得ません。

ホームページが完成して、年間契約の更新になったら、後出しジャンケンかのように言われる可能性もあるので、最初に聞いておきましょう。

できれば、月々のランニングコストは、年間契約ではなく、月々の契約にした方がいいですね。

僕が提供しているホームページ制作はそうしてます。

つまり、「この月々のサポートに価値がないと判断してもらったら、翌月からやめれますよ」ってしてるんですね。

で、制作が完了した時点で、制作物の所有権は、お客さんにあげてしまってます。

じゃあ、サポートが悪ければ、すぐに離れることができるので、こういう業者がオススメですね。

1-4.Webマーケティングの観点から設計できていないホームページは集客できない

そして、続いて4つ目のポイントですが、「Webマーケティングの観点から設計できていないホームページ」は集客ができません。

これは非常にポイントなんですが、「デザインが美しい」=「ホームページで集客できる」ということにはなりません。

それはシンプルな話で、さっき言ったように、ホームページで集客していくためには、自分のサイトにアクセスを集めてこないといけない訳ですが、それは広告を使わないのであれば、基本的にはネット検索からになります。

ここにデザインの要素は、基本的には介在しません。

「どうやって、ホームページにアクセスを流していくのか?」という観点が必要な訳です。

ホームページというのは制作して、そのまま放置しておけば、お客さんが勝手に集まるということはないんですね。

さっき言ったように、制作完了後に、ブログ記事を更新したりという運用の仕方が大事なんですね。

だから、まず、確認しましょう。

「ホームページ完成後は、どうやって集客につなげていけばいいんですか?」と。

こうやって尋ねてみて、答えられないとか、「自分で頑張ってください」とか具体的なプランが何もないというのであれば、それは集客できるホームページにはならない可能性が非常に高いです。

まずは、この4つのポイントを意識して、業者選びするだけでも、相当、優秀なホームページ制作業者さんに出会えると思います。

2.集客力のあるホームページの特徴とは

では、続いては集客力のあるホームページの特徴について書いていきたいと思います。

2-1.WordPressでホームページを作ると集客ができる

まず、一つ目もポイントが「WordPress」というシステムを使って、ホームページを作ってもらうことです。

WordPressについては「WordPressとは-メリット・デメリット総まとめ」で詳しく話しているので、ぜひこちらの記事を読んでもらいたいんですが、WordPressを使ってサイト制作をすると以下の2つのメリットがあります。

  • 自分でページや記事を簡単に増やすことができる
  • SEO対策を意識したブログ記事を書くことができるのでサイトが資産化する

まず、WordPressでホームページを制作してもらえば、何よりも、自分でページや記事を簡単に増やすことができます。

先ほども言ったようにホームページというのは、完成してからが勝負なんです。いかに情報発信をしていくかが重要です。

だからホームページで集客したいんだったら、前提として「自分で簡単に更新できる仕組み」がないと難しんですね。

WordPressは特にブログ記事を書くことにに関しては、慣れてしまえば、本当に簡単です。

操作の難しさとしても、その辺の無料ブログなんかと変わらないレベルだと思ってます。変なプログラミングの知識とかいらないですからね。

操作画面もこんなシンプルです。

普通に文字を打てば、その文字がブログ記事に反映されるというイメージですね。

なので、ホームページ制作を依頼する際には、まず「WordPressで制作してくれますか?」と尋ねてみましょう。

そして、ホームページ完成後は、自分で自由にブログの記事更新ができて、かつ他のページも編集できるように設定してもらう方がいいですね。

そして、更にいうと、WordPressは、SEO対策と呼ばれる、インターネット検索からアクセスを集めていくことが非常にやりやすいシステムとなっています。

普通、SEO対策を素人の人がやろうと思ったら、色々と設定が面倒くさいんですが、WordPressは「All in One SEO Pack」という無料のツールを導入するだけで、設定が非常に簡単になります。

2-2.マーケティングの観点に基づいたディレクションがあるホームページは集客ができる

ホームページで集客をしたいんだったら、アクセスを集めることも重要なんですが、集まったアクセスをいかに「成約」という形に結びつけていくのかという観点も重要です。

いわゆるマーケティングの観点ですね。

例えば、毎月、1万人がサイトに足を運んでくれても、1人からしかお問い合わせがこないのか、それとも20人からお問い合わせが来るのかでは、全く結果が違うわけです。

では、ホームページにおいて、この違いを生むのは何なのかというと、「いかにターゲットの人たちにとって効果的なページを作るのか?」ということになります。

そのページの構成要素は、「文章素材」と「写真・画像素材」になります。

だから、ここの部分をちゃんと「集客」という観点から「どんな文章素材、どんな写真・画像素材を準備すればいいのか?」ということを具体的に指示できる人に頼むのが良いでしょう、

最初にお話ししたように、ここをお客さんに丸投げのホームページとか論外です。笑

だって、ここのクオリティーによって、ホームページの良し悪しというのが決まるんですから。

素人のお客さんにもらった素材をそのままはめ込むだけでは、良いホームページはできないということですね。

更に言えば、「なぜ、そういう文章素材を用意した方がいいのか?」「なぜ、こういう写真・画像素材を使った方がいいのか?」ということも論理的に説明してくれる人がいいですね。

感覚だけでデザインしているのではなく、そういった論理をしっかり説明できる制作業者さんは、本当に優秀な制作業者さんだと思ってもらって大丈夫です。

2-3.完成後の運用プランが明確なホームページは集客ができる

ホームページ集客の肝は、やっぱりホームページが完成した後に「何をするか」です。

最初は放置していても、お客さんは基本的にやってきません。

まずは、こちらから情報発信をして、その情報発信が、SEO対策によって資産化していくと、初めて「放置していても集客ができる」という状態が生まれます。

僕のこのサイトだってそうです。今月、何も情報発信しなくても、新しいお客さんがやってきて、売上は上がります。

こういう状態をホームページ完成後に作っていくためには、完成後に「どうやってお客さんを集めてくるのか?」という明確なプランが必要です。

インターネットの集客方法は色々ありますが、ホームページだけを集客するということに限っては、方法としては世の中に以下の3つしか存在しません。

  • SEO対策(ブログ)
  • SNS(Facebook、Twitterなど)
  • 広告(PPC広告、Facebook広告など)

どれを中心にやっていけばいいのかということは、そのビジネスによると思いますが、まずはこの集客方法から具体的な提案をもらいたいところですね。

また、これは良いホームページ制作業者を見抜くポイントになりますが、「完成後にも、情報発信のサポートがあるかどうか」ですね。

これは単純な、サイトの保守管理と行ったメンテナンス作業や、デザインの修正作業や、操作方法についてのサポートではないです。

例えば、ブログでの効果的な情報発信の仕方や、メルマガでの情報発信の仕方や、広告の出し方などのサポートがあると、尚良いですね。

でも、そうなってしまうと、ほぼ「コンサルティング」になってしまい、料金がかさむと思うので、予算がそれほどないというのであれば、Web集客に繋がる情報発信の仕方を学べる環境に入りましょう。

僕が運営している月額5000円のオンラインスクールも「Web集客に繋がる情報発信の仕方」について、動画講義やFacebookグループを活用して、お伝えしています。

今、こういうオンラインコミュニティは増えて行ってるので、自分が学びたいと感じた人の元で、学ぶのがいいでしょう。

制作業者さんが、そういうホームページ完成後の運用プランを構築できないのであれば、自分でそこの戦略は練るといいと思います。

2-4.差別化のポイントがあるホームページは集客できる

また、これはさらにより上級のホームページ制作になりますが、「お客様に選んでもらえる理由」まで明確にしてくれるような制作業者があれば、それが最上級です。

ホームページっていうのは、インターネット上に作るいわば分身な訳ですが、分身の元になる会社がぼやけていたら、いくらSEO対策や広告でアクセスを集めようが、なかなか効果が低いということになり得ます。

今の時代というのは、どんな業種業界であれ、同じような価格の同じような内容の商品・サービスが溢れているわけです。

つまり、明確な違いがわかり、「お客さんに選ばれる理由」がなければ、価格競争に巻き込まれていく時代なんです。

だからこそ、ホームページ制作をするときも、他の競合と比較しても、十分に選ばれるようなサイトにしていく必要があるわけですね。

まぁ、でもこの辺は、本当にコンサルティングができるようにならないと無理な領域ですが、制作業者さんがこういうこともできれば最高ですね。

コンセプト作りだったり。

この辺のことについては「差別化の意味とは|差別化戦略の方法と具体例を一挙紹介」で詳しく話しているので、ぜひご覧ください。

まとめ

では、最後に今回のまとめをしておきたいと思います。

集客力のあるホームページを作るには、まず、最初に避けるべき方向性としては「格安ホームページ」を頼むことです。

このホームページは安かろう、悪かろうです。そこに頼むくらいだったら、自作した方がマシという感じですね。

そして、ホームページは「WordPress」というシステムを使って、制作してもらいましょう。WordPressでホームページを制作するメリットは以下の通りです。

  • 自分で自由に記事やページを編集できる
  • SEO対策が非常にやりやすい

ホームページ集客というのは、制作が完成した後が勝負です。

つまり、完成して、いかに情報発信をして人を巻き込んでいくのかというのがポイントになります。

できるなら、ここのマーケティング戦略は、教えてもらうようにするか、自分から学びに行きましょう。

また、マーケティングの観点からホームページ制作を組み立てられるなら、組み立てた方がいいです。

特に「差別化の意味とは|差別化戦略の方法と具体例を一挙紹介」で詳しく話しているような「差別化のポイント」を意識してホームページ制作ができれば、最高ですね。

では、今回は以上になります!

お疲れ様でした^^

数十時間の集客が学べる動画を無料プレゼント!

今まで僕が積み重ねてきたブランド構築とWeb集客のノウハウを数十時間収録した動画を無料でプレゼントしています。是非あなたのビジネスにお役立てください。

いつ削除するかわからないので、興味がある方は、今のうちにゲットしてくださいね


コミュニティ集客クラブの詳細を見る

hp-banner

SNSでもご購読できます

The following two tabs change content below.
中江 翔吾
名前:中江翔吾。職業:ブランドクリエイター(デザイナー&コンサルタント)一流のデザイナーからグラフィックデザインを学び、フリーランスのデザイナーとして活動を開始。その後、インターネットマーケティングの力を活用し、安定した集客の仕組みと、ブランドを構築。営業は全くせずに仕事の依頼が常に2~3ヶ月待ち。現在は「CREATE A BRAND」をコンセプトに、デザインとマーケティングの力を使って、個人・企業の規模を問わずに、ブランド構築のサポートを提供している。
By 中江 翔吾 ホームページ集客 Share:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール
wp-side-pf

中江 翔吾 / Shogo Nakae
グラフィックデザイナー / Webデザイナー / コンサルタント
1991年3月生まれ。大阪府出身。

はじめまして!ブランドクリエイターの中江翔吾と申します。

「CREATE A BRAND」をコンセプトに、ブランド構築や集客を起こしていくためのデザイン制作(Web、グラフィック)とコンサルティングを提供しています。

このブログでは、Webマーケティングのことを基軸に、ブランド論やマインドセット、雑多なビジネスコラムなんかを配信していきます。

僕に興味を持っていただけた方は、TwitterやFacebookページをぜひフォローしてくださいね。

>>詳しいプロフィールはこちら<<

Twitter でフォロー