2019.2.4 更新 | WordPressプラグイン

WordPressのリダイレクト方法|特定ページを別のURLに自動転送する

WordPressのリダイレクト方法|特定ページを別のURLに自動転送する

どうも!ブランドクリエイターの中江です。

今回は「WordPressのリダイレクト方法|特定ページを別のURLに自動転送する」というテーマでお話していきたいと思います。

  • 特定の記事のURLを変更したい
  • ブログを別ドメインに引っ越ししたい
  • 古いページにアクセスした時に新しいページに自動転送したい

という時に必要になるのが「リダイレクト」です。

例えば、ブログを引っ越したとします。

このリダイレクト設定をしないと、引っ越し前のブログのページにアクセスした人は「このページは存在していません」ということがただ表示されるだけになってしまいアクセスを取りこぼしてしまいます。 

ここでリダイレクト設定をすると、旧ブログのページにアクセスしたとしても、自動でそれに対応するページに飛ばすことができるようになります。

リダイレクト

また、SEO(検索からの集客)のことを考えるなら、リダイレクトの中でも、「301リダイレクト」という方法をやることをオススメします。

というのも、「301リダイレクト」だと、旧ページからのグーグルの評価を引き継ぐことができるからです。

基本的にURLが変わってしまったら、そのページの検索における評価というのはリセットされます。

評価がリセットされてしまったら、検索順位での評価もリセットされるという状況になります。

だから、リダイレクト設定をする必要があるんですね。

なので、今回は、「WordPressのリダイレクト方法」というテーマでお話していきたいと思います。

方法は、二つ紹介するので、ぜひ、どちらかを試してみてください。

今ならメルマガ登録でWeb集客の動画講義を無料プレゼント中!

1.WordPressのプラグインを使ってリダイレクト設定をする

まず、最初の方法は、WordPessのプラグイン「Redirection」を使った方法です。

1-1.リダイレクトプラグイン「Redirection」のインストール

まずは、WordPressのリダイレクトプラグイン「Redirection」をインストールしていきましょう。

WordPressの管理画面にログインし、「プラグイン」→「新規追加」をクリックしてください。

Redirectionインストール

そうすると、このような画面になるので、、右上の検索ボックスに「Redirection」と入力し、「今すぐインストール」をクリックしてください。

そうすると「有効化」というボタンが表示されるので、こちらをクリックします。

Redirectionの有効化

このように「プラグインを有効化しました」という表示が出ればOKです。

Redirectionの有効化完了

1-2.Redirectionの設定

「Redirection」をインストールしたら、「ツール」から「Redirection」へとアクセスしてください。

そうすると、このような画面になるので「Start Setup」をクリックしてください。

Redirectionのスタートアップ画面

そうすると、このような画面になるので「Continue Setup」をクリックします。

Redirectionの設定画面

そして、次にこの画面になれば、「REST API」設定画面に移るので、「Finish SetUP」をクリックします。

REST APIの設定

1-3.Redirectionを使ってリダイレクトさせる

「Finish Setup」が終わると、このような画面が表示されるので、

  • ソースURL:リダイレクトさせたいURL
  • ターゲットURL:リダイレクト先のURL

をそれぞれ入力して、「転送ルールを追加」をクリックします。

Redirectionを使ったリダイレクト設定画面

そうすると、「転送ルール」のところにリダイレクト先のURLが表示されると思います。

リダイレクト完了

これでリダイレクト設定は完了です。

2.FTPを使ったWordPressのリダイレクト方法

Redirectionを使ったリダイレクト方法で十分、WordPressのリダイレクトは出来るんですが、テンプレートの相性などによっては、機能しない場合があります。

なので、続いては、プラグインを使わずにリダイレクトをさせる方法についてお話していきたいと思います。

2-1.FTPソフトを導入する

プラグインを使わずにWordPressでリダイレクトさせるためには、FTPソフトというものを自分のパソコンにダウンロードして、使えるような状態にする必要があります。

なので、FTPソフトを導入していない人は、以下の記事を読んで、FTPソフトを導入してみてください。

【FileZillaの使い方】WordPressでFTPソフトを使おう

「FTPソフトとは何?」というところから「WordPressでFTPソフトを使うメリット」「FileZillaの使い方」まで詳しく解説します。初心者の方向け。

2-2.FTPソフトを使って、WordPressのリダイレクト設定をする

FTPソフトの導入ができたら、まずは、接続していきます。

左上のアイコンをクリックして、自分のサイトを選択し、「接続」というボタンをクリックします。

FTPソフトを接続する

接続ができたら、右側からリダイレクト設定をしたいサイトのURLをダブルクリックします。

FilleZillaでサイト選択

クリックしたら、まずは「.htaccess」というファイルを探します。

大抵の場合は「wp-config.php」などと同じ階層にあります。

「.htaccess」を見つけたら、右クリックをして、「表示/編集」をクリックします。

.htaccessの編集

そうすると、テキストファイルが開くので、

# BEGIN WordPress

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

# END WordPress

という箇所を見つけます。

そして、「# END WordPress」の下に、

redirect 301 /aaa(リダイレクト元) http://new-content/bbb(リダイレクト先)

と入力します。

記述のポイントは、リダイレクト元のURLは「/」以下だけで良いです。

例えば、「https://nakaeshogo.com/aaa」というURLがリダイレクト元であれば、「/aaa」と入力してください。

また、リダイレクト先はURLの頭から「https://nakaeshogo.com/abc」と入力してください。

入力が終わったら、閉じて、ちゃんとリダイレクト設定ができているか確認しましょう。

では、今回は以上になります。

お疲れ様でした!

14日間無料メール&動画講座

ブランドを構築するためのWeb集客術

MAIL MAGAZINE

「集客を安定させたい…」
「価格競争に巻き込まれない強固なブランドを作りたい…」 と悩んでいませんか?

この無料講座では、実際に僕自身やクライアント様が取り組み

・ブログ1記事だけで毎月見込み客を7000人以上集め続けた方法
・相場より高い値段でも、全国から仕事の受注が入り、依頼を3ヶ月待ちにした方法
・理念や価値観に共感した良質なお客さんだけを集めた方法

など、インターネットを活用したブランディングや集客の方法を動画とメールを使ってお伝えしていきます。

登録は無料なので、ぜひ、興味がある方は、詳細ページをご覧ください。

無料メール講座の詳細を見る

カテゴリーからブログ記事を探す

SEARCH BY CATEGORY

最新の記事情報が取得できます